岸本聡子

オランダ、アムステルダムの政策研究NGO トランスナショナル研究所(TNI)の研究員。2001年にオランダに移住、現在ベルギー在。新自由主義に対抗する公共政策研究するPublic Alternatives プロジェクト担当。趣味はジョギング、料理、空手のトレーニング(沖縄剛柔流)

イギリスの完全水道民営化って成功例なの?

この記事は2014年に労働組合に依頼されて書きました。数年たった今英国の水道民営化事情のアップデートをしていて、この記事がオンライン上にないことに気が付きました。す...

150年の民営化を解消し、公営水道の再構築するニース(フランス)

この原稿は筆者が編集した「Our Public Water Future」(2015年4月)のフランス語版の一章であるOlivier Petitjean 氏による「Nice: building a public water company afte...

ベルリン:水道サービス再公営化とその後の挑戦

ドイツの首都ベルリン市は1999年に結んだドイツ最大の官民パートナーシップ契約を2013年11月に解消した。株の買い戻しを市議会で決定し、水道は100%公営に戻ったので...

学校ストライキ!中高生たちが起こす反気候変動の地殻変動

雪が残る1月24日木曜日、気温は1度のベルギー首都ブリュッセルの中心部を中高生が埋め尽くした。気候変動問題のための学校ストライキ(School Strike for Climate)は1月10...

シングルズウィークエンド

半年に一回、私はベルギー、ワロン地方(フランス語圏)アルデンヌの小さな村にやってくる。この田園地帯の農園ホステルを借り切って、友達のペトラが開催するシングルズウ...

リバプールの2人の天使たち

9月23日、ワールドトランスフォームドフェスティバル(TWT)へ参加するために、イギリス北西部の街リバプールにやってきた。低予算な私の勤務先からの出張はたいてい一人だ...