見出し画像

和菓子、食べたい。 前編。

こんにちは、はやぼーです。

いやぁ、この本はすごく食欲をそそられる!美味しい和菓子食べたい!!

ってことで、今回は、毎月ごとのおすすめ和菓子の紹介。

和菓子の話書いてたら、長ーくなっちゃってるから前編と後編に分けて。今日は前編。

1月の和菓子。

1月の和菓子といったら、浅草の定番、人形焼。 

画像1

今年の年始に、浅草に行った。

何をした訳でもないけど、ただ浅草に言って帰ってきた。

せっかくなら人形焼食べればよかったなぁ。

いろんな形があるのが醍醐味になってきている気がする。たぬき、太鼓、七福神。最近ではキャラクターものもあるのかな。

もし今年の年の初めに行く機会があったら、絶対これだけは買おうと決めている。


2月の和菓子。

2月の和菓子は、節分豆。

画像2

これは、和菓子というのだろうか。ただの豆じゃないか。

でも、一応調理はしてる。炒るだけだけど。

この絶妙な具合に炒ってあるのが、節分豆をばくばく食べさせられる要因。ほどよい香ばしさで、豆自体も小さいし、もう手が止まらない。

あっという間に、自分の年齢をゆうに超えている。

今年は年の数分にしておこうと思ったのになぁ。と、毎年思う節分。来年はどうなるんだろう。


3月の和菓子。

3月といえば、ひな祭り。

けど男子にとってはなんの縁もない祭りで、お人形さんのCMをみると、ひな祭りの時期かぁと思い出す。

そんな3月の和菓子は、草餅。

画像3

この写真の草餅なんて、絶対美味いに決まってる。

でもやっぱり、草餅は手作りしたい。ヨモギの葉をちぎってきて、上新粉を捏ねた餅に混ぜる。そして茹でる。

食べる時には、餡子をつけたりするのが美味い。きな粉より餡子派。あんこのあの甘さが、草餅の香りとマッチする。とっても美味しい。自分で作った草餅だと尚美味しい。

この緑色は春の訪れを感じさせる良い色だとも思う。早く春にならないかなぁ……。


4月の和菓子。

4月の和菓子は、すあま。

画像4

親戚の幼稚園で、毎年入園式とか卒園式とかがあるから、よく貰う。

甘すぎるわけでもなく、しょっぱくもなく。甘すぎないのに微妙な味にならないところが、すあまのすごい所。

この甘さならいくら食べても飽きないような気がする。

紅白の2つだけじゃあまだまだ食べ足りない。4つ入りのすあまとかって、ないのかな。あったらそれ食べてみたいなぁ。

お祝いごとの際は、たまには「すあま」もいいんじゃないかと思う。


5月の和菓子。

5月に限らず、何時でもスーパーに置いている。

お寺の茶屋とかにも、よく売ってる。

あの甘ーーい匂いがすごく好き。口に入れたら、もうほっぺた垂れる。

5月の和菓子は、みたらし団子。

画像5

こいつがめちゃくちゃうまい。

こいつに関しては、4つでも全然食い足りない。なんなら、4本分たべたいくらい。ファミリーパックを独り占めしたい。

和菓子の甘さが大好きな人なら、きっと共感してくれるはず。

あの甘さこそ、至高。いつ食べても美味い。

究極のみたらし団子はどこにあるんだろう。探し出してみたいなあ。


6月の和菓子。

6月の和菓子は、まだ食べたことがないお菓子。

でも絶対美味しいと確信している。

6月の和菓子は、葛饅頭

画像6

福井県では、こんな感じで水の中に保存してあるらしい。

この透明感。夏が近づくこの6月に、透明感のある和菓子を食べられたらいくら暑くても、涼しい気分になれそう。

福井県の小浜の名物らしい。

京都旅行のつぎは、福井だ。福井でこれを食べるほかない。絶対うまい。早く食べたい……!!


食べたい和菓子、前編まとめ。

この本読んでると、早く食べたい!という気持ちが抑えられなくなる。このあいだはついに、栗きんとんを食べてしまった。

すんごく美味しくて、感動した。和菓子の甘味はやっぱりすごい。変な外国製のお菓子にはない、純粋な甘さみたいなものを感じる。

日本の旬の和菓子、これから毎月食べよう。

後編も、美味しい和菓子たくさん紹介します。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
3
高校2年生。ミニマリスト。吹奏楽部員です。横浜緑ヶ丘。めざせ、note1000記事!

こちらでもピックアップされています

高校生ミニマリストの雑記
高校生ミニマリストの雑記
  • 6本

ぼくの心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きなぐった日記のようなエッセイのような。まぁ読みたい人だけ読んでください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。