見出し画像

ブルーパドル:2022年の仕事まとめ

ブルーパドルが2022年に作ったもの、6年目の仕事まとめです。ボドゲホテル、約束のよなよなエール、0歳ボドゲなど「インサイトから考える企画」がうまくハマり、ヒット打率の高い一年となりました。

またACCではゴールド・シルバーなど4つ受賞したり、グッドデザイン賞・キッズデザイン賞・セイバーアワード(アジア)など、いろいろ受賞的なことも多かった1年でした。


1:ボードゲームホテル

一晩中遊べるボドゲホテルが2022年6月、大阪なんばにOPEN。全91室の大きなホテル。こちらの戦略立案・企画・コンテンツ・デザイン・PRをしました。130種のボドゲを設置するだけでなく、ホテル宿泊ならでの専用ゲームをつくったり、隠し部屋をつくったり、人狼マダミス専用部屋をつくったり。

リリース時も3.8万いいね、1万いいねの投稿が連発し、うまく拡散し話題もつくれました。そして一瞬の花火では終わらずそれから半年間、たくさんの人が泊まって楽しんでいる声をSNSで観測できています。インバウンドが戻る前から日本人で集客できたのも大きいし、これから海外客が増えることで、集客もさらに増やしつつ、日本のボドゲを海外層に知ってもらう役割も果たせればと思っています。

MIMARUホテルさんは、もともとインバウンド向けの大人数専用のホテルを展開しており、その構造からボドゲホテルとの相性がばっちりでした。企画はかんたんでも、実現は容易ではなく、この2つを組み合わすことができて、本当によかったなと思います。


2:約束のよなよなエール

ヤッホーブルーイングさんとつくった10年後と20年後に発売されるビール「約束のよなよなエール」という企画。

「大きくなったら一緒に飲も?」 とこどもと話すような会話を、実際にタイムカプセルに入れて、未来の飲み約束ができる企画。リリースして3時間ほどで、予定していたタイムカプセル缶の申し込みが終わる反響に。

申し込んでタイムカプセルを保管してくれている方達の家には、ずっと「よなよなエール」が大切に10年20年飾られるという、面白いブランド接着にもなった企画です。ヤッホーさんとは初めてお仕事しましたが、毎回のmtgも明るく、ずっとすごく楽しい現場でした。

実際に僕も2032年に長男、2042年に次男とよなよなエール飲めること楽しみです。


3:「0歳ボドゲ」「1〜6歳ボドゲ」

子供が小さい時は、ゆっくり家族ボドゲできないので逆に、赤ちゃんや子どもが「いるときだけ」遊べるボドゲを作りました。自社コンテンツとして発売しました。

15秒後の赤ちゃんを予想するゲーム
1-6歳はもう少し高度なゲームに
amazonおもちゃ全体ランキングで1位2位を獲得
かわいいイラストは中山信一くん


4:日本でまだなかった「キャラもの医療ケア服」

あると助かるこども服「アルトタスカル」より。実はまだ、医療ケアが必要な子の服には「キャラクターもの」がありませんでした。 ふつうに、その選択肢がないっておかしくない?ということで、ハローキティ、ドラえもんのバリアフリー服が実現しました。

ツイッターで2.2万いいねの反響。この分野でもアルトタスカルは2023年もいろいろ展開していきたいなと思いました。


5:学べる教習車

仮免練習。誰しも最初はみんな、ドキドキしながら公道を走ったはず。教習車は、そんな安全運転の初心を思い出す「リマインダー」かもしれません。

そこで自動車学校の教えを思い出してもらうため、5種類の「学べる教習車」をつくりました。

イラストレーターわかるさん
滋賀県警から、表彰状をいただくことに!


6:年に一度しか買えない出雲そば「神在月」

年に一度しか買えない希少な出雲そば「神在月」。(日本三大蕎麦の1つ) 3段の丸い器・割子につゆをかけ、もみじおろしなどの薬味で食べる珍しい蕎麦。フルセットは90個で限定発売しました。


7:Carbon Pay

パナソニックFLFから、CO2削減プロジェクトを支援するカーボンペイ構想を発表しました。自分のカーボンフットプリント量を、アプリや家電でわかるようにする企画。今の生活だと排出量オーバーする人がほとんど。なのでせめて、その分だけでも、お金で支援できる仕組みを考えました。

これはまだコンセプトモデルでしかないですが、こういうグリーンについて啓蒙するだけでなく、実際のアクションが「生活の中で無理なくできる」ものを実現していきたいと考えてます。そのためには、Panasonicさんのような大きな企業で実現できるのが一番効果はあると思いますが、その実現にはいろんな課題をクリアしないといけません。


8:角煮パックマン

長崎の岩崎本舗さんから、「形が似ている」という理由だけで、パックマンデザインの長崎角煮まんじゅうを発売。


9:投票はあなたの声|VOICE PROJECTサイト

各界の著名人たちが、投票を呼びかける動画が2021年話題になりました。こちらの企画制作は関根光才さんたちによるものですが、これの2022年版として、ブルーパドルではサイト制作を担当。26人の出演者の動画フルバージョン、ソロバージョンがまとまって観れます。

サイトでは投票のしやすさをアップするために
●誰に投票するかの参考リンク集
●投票日カレンダーに登録ボタン
●自分の選挙区の立候補者リンクなども加えました。


2023年の仕事 「インサイトを突く」

2022年に実感したことはターゲットの「ニーズ・インサイト」を突いた企画をつくり、そのターゲットにPRの技術をつかって届けられたら、ちゃんとヒットできるということです。それは広告・PRでも、商品づくりそのものでも同様です。

2023年の仕事は、これを踏まえて「インサイト」を捉えた仕事をもっと作っていきたいと思います。くわしくはこちらをご覧ください。
https://blue-puddle.com/

1:お店・展示
2:商品企画
3:こどもコンテンツ
4:コーポレートサイト・WEB
5:企業のマーケ・PR

海外SNSハック

また新しい挑戦としては、海外向けの作品をつくって、海外SNSをどう攻略して広げるかハック。あと海外メディアとのつながりをつくっていこうと考えてます。ブルーパドルが海外進出するというよりは、自分たちが作ったものを喜んでくれる可能性が、あと79億人いると考えると、そっちにもシェアしていきたいなという気持ちです。(Netflixではじめてのおつかいがヒットしたように)

台湾の夜市ゲーセンの熱量、すごかったです


また、過去の仕事まとめはこちらになります。

1年目の仕事まとめ
2年目の仕事まとめ
3年目の仕事まとめ
4年目の仕事まとめ
●5年目の仕事まとめ

それでは2023年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!