見出し画像

【ゆかしきもの】「いかり肩の人は和服が似合わない」は嘘!肩を美しく見せる浴衣姿のポイント

こんばんは。着物コーディネーターさとです。

先日こんなご相談を受けました。
「私はいかり肩なので、和服が似合わないって言われるんです」

な、なんだって!?けしからん!!

と個人的には思ったのですが、
(寸胴な人は着物が似合う、等を他人に向かって言うのは
立派な体型ディスだと思っています)
確かに「肩の形をキレイに見せる」着付けには、
ちょっとコツが必要です。

現代人は、肩の形が綺麗な角になっている人も多いですよね。
肩の角度って骨格で100%決まるので、
食文化の欧米化や遺伝、色々な要素が関係しています。
肩の形はその人の個性!という事です。

今日は肩が角型の方を想定して、
肩が美しく見える着付けの記事を書いてみます。

着物のトルソーってすごく肩がなだらかなので、
今日は少し補正して、
現代人の骨格に寄せて着付けをします。


肩のラインを水平に近くしてみました。
ちょっと左右差があってすみません・・・

ちなみに、肩の角度は水平に近い方が「標準」とされているっぽいので、
本来こういう肩の形の人が多数派なんじゃないのかなぁ、
と私は思います。

①角型の肩が目立ってしまう着付け

何も気にせずに着付けをすると
こんな形になってしまいがちです。



肩の垂直さが結構目立ちますよね。

これ、実は図形の問題なんです。





この続きをみるには

この続き: 1,238文字 / 画像11枚

【ゆかしきもの】「いかり肩の人は和服が似合わない」は嘘!肩を美しく見せる浴衣姿のポイント

さと*着物コーディネーター

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、資料を購入したり、取材に行く際の交通費の足しにさせていただいたり、 より良い記事を書くために使わせていただきます。 サポートいただいた方にはお礼のメッセージをお送りしております♪

ありがとうございます♪
5
大正浪漫とメリケンサック。着物コーディネーターさとです。着物をファッションにするために、着物を分析・再思考・再定義するnote。 コラムやエッセイ、実用的な着付けやコーディネートのレクチャー記事などを書いています。 最近は中国ネタも多めです。

こちらでもピックアップされています

ゆかしきもの【着物についてのレクチャー記事集】
ゆかしきもの【着物についてのレクチャー記事集】
  • 29本

コーディネートなどについてのレクチャー記事集。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。