音楽

音楽


3歳からピアノをやってきたけれど、就職で上京してからめっきり触れる機会が減った。

正確には大学3年くらいから、徐々に。

代わりと言うのも少し違うけれど、仕事を始めて暫くしてからボイトレを始めて、そのあとギターも習い始めた。

どっちも身軽に始められるからってのが理由だったんだよね。

ピアノは流石に持てない。残念ながら。

思い返すと幼い頃からずっと生の音に触れさせて貰いながら生活してきた気がする。

嫌々通っていた時期があるとはいえ、親に感謝している。

吹奏楽とか、ピアニストさんの演奏会に連れて行ってもらったっけ。

小さい頃は大体途中で寝ちゃってたけど、今思うととんでもないよね。

気持ち良くて寝ちゃうんだよね、贅沢者め。

入口はクラシックだったけれど、高校でたまたま弦楽の授業を選択出来て、ヴィオラに触れてまた別の角度からハマった。

ついでに色んなジャンルを聴くようになって、まあ気付いたら立派なバンギャとなりなんやかんや落ち着いて今に至るわけです(多分)。


音楽は何度触れても大好きだ。

同じ一曲でもその時の背景や感情の入り方で全く印象が変わるから。

その度に恋をする。

あの時聴いた一曲が最強に好きだって思う時もあれば、同じ一曲でも主人公が変わることに興味を持って好きだと思うこともある。

だから特にライブは大好き。


緊張感と高揚感、肌で感じる色んな感情。

それらがたまらなく好きだ。

時には私の代わりに泣いてくれる曲もあるし、一緒に笑ってくれる曲もある。

だから正直、ライブに行けないのはとんでもなくフラストレーションがたまる。

別に暴れたい訳じゃない。

何なら暴れるのは痛いし、根性無しだから苦手だし。人の波って怖いの、知ってる?笑

だからライブに行く理由は、至ってシンプル。

生の音を聴きたいだけ。

叶うなら一緒に楽しめたらとも思うけれども。


今は難しいけれど、声を出さなくても生の音に触れさせてくれて、全てがダメになったわけじゃないと思わせてくれる。

今日行ったシドのライブはそんな時間だった。

もどかしさがないわけじゃないけれど、それ以上に楽しい。

音楽は楽しい。

ステージの共有は、楽しい。

必要ないと言う人もきっといるけれど、私にとっては必要不可欠なもののひとつが、間違いなく音楽なんだろうなと思う。

もっと言うなら、生の音楽が。


だからきっと今日は、音楽とあの素敵なバンドマンたちに恋をし直した日。

出来ないを数えるのではなく、出来るを数えることを思い出せた大切な日。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
シド、ディズニー、お酒が大好き。言葉に触れる時間を大切にしていたい。