ペンギンの人生記録No.02

汐ペン

2022.02.10  **

仕事始める前にあるであろう地獄

仕事場についてすぐ仕事に入る職場もあるかと思います。ただ一般的にその前にあると思う。そう、朝礼というものが。
昨日の実績報告をして、今日はもっと上を目指そうとか、新たな情報来ました等昨日おやすみしてる人に把握させる為にあるものだと思う。

ペンギンの職場も朝礼があります。
ただこの朝礼がそれがもう本当…地獄です。あまり深く内容を話すのは職場把握されるだの社内情報の漏洩を疑われるので内容は勿論話さないけど例え話を混じえてどんな朝礼か報告する。
この時間が有意義な時間なのか是非とも見定めて貰いたい。

朝礼開始時

まず始まる時には勿論朝の挨拶。進行をするのは仕事場の責任者。ペンギンの倍のお歳を生きているので凄い先輩ですね(当たり前)。
昨日の実績を数値で話されます。どんな出来事があっても結局は数字がすべてという話を聞くが、確かに一理あると思っている。
だがしかし、この責任者数値言わないんですよ。
この人が!数字が全てと言ったのに!!

「大体前週と同じくらいかな~」
(えっと、前週どれくらいだ???)

「下がってはいるんだ。何してたの?」
(待て待てだからどのくらい下がったの?!)

記録をお読みの方、まだこれ開始数分での出来事です。この先の朝礼内容予想出来るかもしれないけど少し優しい目で見て欲しい。
話を戻すと、下がっていた場合勿論叱られるし上がっていたらもっと実績上げてねと言う感じです。
そう、褒められない!世の中褒められて育つ人多いのに褒めやしない。
いざ凄いと言われる時は煽りかと言わんばかりの言い方なので嬉しくない(ペンギンがひねくれてる性格なのもあるかもしれないが)
この時間でネチネチ姑の様に言う時間が10分、15分程続きます。
要約したら「実績上げろ」で終わる内容を。
この責任者才能あるんじゃないかな。
無駄話を作る才能。

さて、一通り話したら仕事場に行ける…
そんな簡単な朝礼じゃないんですよ。地獄はまだまだ続きます。

本人も認める耳にタコが出来る話

復唱して相手に伝えると、その内容を人間は嫌でも覚えると思います。
ペンギンも容量悪いので完璧と言えるまで何回も確認で聞くし同じ質問してると思います(一応自分の思ってる事、これで正しいか伝えた上で)

この責任者も要は自分の伝えたい事を何度も言って覚えてもらおう魂胆なのかもしれません。…好意的に捉えると。
事実周りの他の職場の人は覚えてます。それはもう飽きる程言われたら覚えさせられる。 
この責任者の怖い所が、知らないと思って毎日1から話すんですよ。
そして話し終えたあと、毎回言うセリフが

「また言ってるよって、耳にタコができるよって思ってるだろうけど言わないとやってくれないからさ」

責任者が伝えている事は確かに参考になる内容です。それを活かしていけば実績も上がるだろうと思いますが、取引先の調子、気分等によっては不可能だと思うんです。だって相手は他人だし、中身が見える訳でもないから。
好意的に捉えたら、責任者の上の上司から早く実績を上げろと怒られて焦っているのかもしれません。まあそれはそれで上の者として大変だと思いましょう。
悪意的に捉えるとそのイライラを従業員にぶつけてるようにしか思えないのです。
ちなみにペンギンは表向き前者で思ってはいますが後者が本心です。
何より同じつまらない会話をされるとイライラする…。朝からどんな拷問だ???

そんな会話を15、20分行いまして累計30分掛けてお話してくださります。
遅番の朝礼30分後にあるのに凄いですよね。
この責任者、約1時間以上ずっと同じことを語るんですよ。凄い、色んな意味で。

余談として

責任者も1人だけではないので、他の責任者が朝礼をすることがあります。
その人の場合、実績、引き継ぎをスラスラ告げて終わるので15分で終わります。何だこの違い…

ここまでの報告書を読んで気を悪くしてしまったら申し訳ありません。
ほぼ毎日受ける私にとっての地獄を記録しておこうと思い書きました。
もっと朝礼が長いところもあるかもしれませんね。
長いのはもう仕方ないと思ってるんですよ。倍の歳生きてる方は話すの好きなイメージなので。

ただ、立って聞くのがきついからせめて座らせてくれ(¯―¯٥)
 

今日は雪が酷いと言われていたので、寒暖差で頭とくしゃみ止まらないペンギンなので薬と早番並みの時間のバスに乗ったので無事座りながらバス乗れました。帰りが地獄だなぁ…。皆さんも出勤、帰りはお気をつけて。滑りやすい所はペンギン歩きを意識してくださいませ。
あ、自分はペンギンなのでペンギン歩きは得意です。転けないとは言ってないですが。

それでは、また気が向いた時に記録します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!