インテントデータセールス研究所

リモート環境下で効果が出る最新のBtoB営業ノウハウ×BtoBマーケティングノウハウや、海外で効果が出ているセールステック情報を発信します。 運営元  https://sales-marker.jp/

インテントデータセールス研究所

リモート環境下で効果が出る最新のBtoB営業ノウハウ×BtoBマーケティングノウハウや、海外で効果が出ているセールステック情報を発信します。 運営元  https://sales-marker.jp/

    最近の記事

    インテントデータを活用したコンバージョン率の高い広告戦略とは?

    B2B事業者の90%がまず検索エンジンにアクセスし、購買活動を開始していることをご存知でしょうか。さらに、全体の68%が会社の広告に注目し、そのうちの37%がポジティブな影響を受けています。 上記のような事実があるにも関わらず、適当に広告を打ってしまうとBtoB事業者の意図を理解できずに、予算と機会をムダにすることになります。そして予算と機会をムダにしないために活用したいのがインテントデータです。インテントデータは、広告戦略を変える力を持っています。 実際に専門家に広告戦

    スキ
    1
      • インテントデータを活用できていないチームの最大の理由とは?4つにわけて解説

        近年、インテントデータは以前よりもさらに普及が進んでいます。 Ascend2とIntentsifyの調査によると、B2Bマーケターの82%がすでにインテントデータを利用している、もしくはその利用計画を展開しています(TOPO調査によると、2020年は62%、2019年は48%に達しています)。 多くのマーケティングおよびセールスチームが様々なインテントデータ・ソースに投資するのは当然ですが、効果的な導入方法、得られたインサイトの解釈、そしてインサイトを行動に移す方法を知ら

        • インテントデータ入門!トピックとキーワードについて解説

          B2B組織の間で、インテントデータはますます重要なツールとなってきています。最近のTOPOの調査によると、62%の企業がひとつ以上のインテントデータソリューションを利用しており、2020年9月と比べると2018年から121%、2019年には29%と毎年増加しています。 もちろん、インテントデータの種類はひとつだけではありません。購入する前に広い視点でターゲットの情報を収集し、分析することが大切です。そのようにすることでより特定の購買層に焦点を絞った、専門的な情報を取得できま

          スキ
          3
          • インテントデータを使用してABMを実行する効果的な5つの方法

            インテントデータを活用したアカウントベースドマーケティング(ABM)は、現在、BtoB企業の間で重要度の高いツールになっています。 マーケティングチームやセールスチームは、どの企業が自分たちの製品やサービスを調査しているかを示すインテントデータに基づいて、ターゲットに優先順位をつけます。 このような方法で企業の優先順位をつけることは、企業リストに基づいて行うことよりも、はるかに効果的です。行動分析データを使うことで、ABM戦略に期待出来る正確さ、効率性、効果があります。

            スキ
            3

            インテントデータを使えば営業のリソースが節約できる?

            一部のマーケティングチームが非効率的に運営されている場合、それは他のチームの生産性に悪影響を及ぼします。 これは特にB2B企業に当てはまります。マーケティング、セールス、カスタマーサクセスチームは複雑な営業サイクルを通じて見込み客を成約へ導くうえで各々独自の役割を果たします。 チームの非効率性がマーケティングの取り組みを弱体化させている場合、新しい取引を成立させ、新しい顧客を獲得することに多くの時間を費やす必要が発生します。同様に、契約の際に製品と顧客の適合性の低さで無理

            スキ
            5

            社長こそ営業すべき!トップセールスの重要性やアポ取りの流れなどを解説

            営業と言えば"営業マン専門の仕事"と考える人が多いかもしれません。しかし、営業は社長も率先して行うべきです。社長が自ら営業に動くことで、企業にさまざまなプラスの影響を見込めます。 しかし、どのようにアポを取れば良いか、どのように商談に臨めば良いのかなど、具体的になにをすれば良いかわからないという方もいるかと思います。 そのような人達のために今回は、社長が営業を行う重要性やメリット、アポ取りの流れなどを解説します。この記事を読めば、アポイントの成功率が上がります。 社長が

            スキ
            9

            インテントデータを利用してアポ率12倍以上達成 効率的な営業活動の方法

            仕事においてただやみくもに営業活動を行っていては効率が悪く、成果も期待できません。 インテントデータは、企業を相手にして営業活動を行う際に非常に有効なデータで日に日に重要なデータとして重宝されています。 ここでは、セールスシグナルを利用した効率的な営業ノウハウをご紹介します。 アポ率が大幅にあがるインテントデータとは インテントデータとは、顧客としての企業がどのようなものに対して興味を持っているのかということを特定するためのデータです。インテントデータは企業がどんな目的で

            スキ
            10

            ZOOMでBtoBのウェビナーを開催する方法

            インターネット技術の進化により、従来オフラインでやっていたセミナーをネット上で簡単にウェビナーとして開催できるようになりました。 ウェビナーとは、ウェブセミナーの略でネット上で開催するセミナーのことを指します。例えばZOOMのようなクラウドサービスを利用して、一般企業が他の企業向けのウェビナーを開催することも可能です。 しかし、オフラインとは違いどのように開催すれば良いかわからないということもあるかと思います。 そこで今回は、ZOOMでBtoBのウェビナーを開催する方法

            スキ
            5

            ABMのメリットとデメリットについて

            昨今、BtoBマーケティングの領域では、ABM(Account Based Marketing)に注目が集まっています。 ABMがターゲットにするのは企業(アカウント)で、個人(リード)を対象にしたマーケティングの対極に位置付けらます。期待度の高い企業をターゲット・アカウントにすることで、アカウントからの売上の最大化を図るものです。 記事ではABMのメリットやデメリットを解説し、併せてABMのおすすめツールを紹介します。 ABMの特徴 ABMとは、ターゲットにアカウントベ

            スキ
            5

            1万5,000社に導入 最新営業支援システムを提供するズームインフォを解説

            グーグルやアマゾンといった、世界的に有名な企業で用いられている営業支援ツールとして、ズームインフォが注目されています。 利益を追求する企業の営業部門にとって、効率よく利益をもたらすための機能が備わっている点が、大きな特徴です。 ここでは、ズームインフォの特徴について説明するとともに、利用するとどのようなメリットがあるのかに関しても、紹介していきます。 米国内で優良株に指定されている会社が提供 ズームインフォは、ズームインフォ・テクノロジーズという、マーケティングソフトウェ

            スキ
            10