画像1

ヴィヴァルディ『春~四季より』Spring-La Primavera-

四線倶楽部-室内楽-
00:00 | 00:30

※試聴版。オリジナル版(03:30)は購入後に視聴可能。

四線倶楽部の“室内楽”、四線で奏でるクラシックの名曲第三弾は、ヴィヴァルディの「四季」より『春』。
この曲は《和声と創意への試み》の中の第1集として書かれた、後期バロック音楽を代表する作品の一つ。各章に付された十四行詩(ソネット)を謂れに情景的なタイトルが後に名付けられ、四季折々を描写した“標題音楽”として世界的に人気のある楽曲です。
今回この名高きヴァイオリン協奏曲の中から最も有名な「協奏曲第1番第1楽章(RV.269)ホ長調アレグロ」を、沖縄三線由来の新たな楽器“四線”を中心に、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽三重奏にコントラバス、更にハワイのウクレレを加え、ユニークかつ斬新なアンサンブルで再現。洋の東西を跨ぎ織り成す“四弦楽器”の軽やかな響きが、春風吹く季節の風景を彩ります。

The 3rd tune of "Yonshin Club -The Chamber Music-" is "Spring -La Primavera-".
This musical composition is the piece of "Il cimento dell'armonia e dell'inventione" by Antonio Vivaldi. This concerto is the most famous work of the latter baroque period in Italy.
The original title of this piece is "Concerto No.1 in E major op.8-1,RV.269 mvt.1 allegro" and now, we play it by Okinawan-Japanese new music instrument "Yonshin" and accompany the melody part with Hawaiian ukulele, the classical string trio (violin, viola and cello) and contrabass.

ソネット詩カード付。添付イメージをダウンロードすると画像にてご覧頂けます。
(※-noteアプリ-では画像解像度が落ちますので、お手持ちのブラウザでのイメージ保存をお勧め致します。)

- 四線倶楽部webサイト -
http://www.s-music.org/4shin/

(P)2016 Sakurai Music Factory Ltd.,P

ヴィヴァルディ『春~四季より』Spring-La Primavera-

櫻井音楽工房-SakuraiMusic-

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

http://www.s-music.jpn.org/ 都内で音楽制作しております!駅発車メロディーや音楽レーベル、CDマスタリング等もやってます♪

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。