無題のプレゼンテーション__2_

研究職に就かなかった博士課程修了者がどうやって10年間社会の荒波を生きてきたか

タイトルの通りのことを書いていきます。
博士課程の進学に迷っている人、在籍中だが将来が不安な人に、こういう人生を過ごすのか、という一例が届けられれば幸いです。
当時の専攻は大雑把に言えばコンピュータサイエンスです。
現在は主にiPhoneアプリの開発で職を得ており、専業主婦の妻とペットのモルモット4匹と都内のマンションで暮らしています。

学力について

私は勉強が嫌いでテレビゲームばかりしていました。
おかげで中学高校のテストでは平均点を取れる教科が1〜2つしかなくあとは平均点の半分以下のいわゆる赤点し取れませんでした。

なのでスポーツ漫画でよくある主人公たちが赤点でこのままでは試合に出れないエピソードの点数を見ても「自分より良いやん」と思ってたぐらい。
私も1、2年の夏・春休みでは補修を受けないと進級できませんでした。 

当時の実力テストの結果がこちら
スクリーンショット 2020-01-12 0.21.06


当然、高校の卒業も怪しく、入れる大学などなく、大学は関西で名の知れた理系の最底偏差値(42ぐらい)の大学に1浪して数学のみの受験で入りました。ちなみに大学院修士もそこの大学でした。

大学院の博士課程では転校をして、偏差値62の公立の大学に行くことになりました。本来、転校するにしてもそれまでの研究実績などで受験は免除になるのですが、それもできず工学と英語の2教科の試験を受けました。
でも社会に出てからの社内TOEIC模試も最後に受けた時は300点を切っていました。

このように基礎学力は圧倒的に一般的な博士課程進学者より足りていなかったと思われます。

進学した経緯について

まず研究が面白かったことが最大の理由でした。
全員でやることが違う。結果がどうなるか世界で誰も知らない。
すでに存在する正解に合わせるわけではなく自分で考えた方法が唯一の正解になる。
勉強とは明らかに違う魅力がありました。

次に、博士課程に進学した人はどういう人生を送るんだろうという興味本位もありました。でも身近で進学した人がいない。じゃあ自分で試せばいい。

それぐらいが進学した主な理由でした。
(あとは就活がめんどくさすぎて就職したくなかった

研究職に就きたいという願望は元から少なかったのかもしれません。

博士課程在籍中に気付いたこと、していたことについて

指導していただいた先生のおかげもあって3年で博士号は取れました。

しかし、正月も大学に行き研究する程度にはやっていましたが、私の研究中の楽しさのピークは他の人の論文を読んでその閃きに感激した時であり、自分で新しい理論を生み出すところではないため、これは研究者には向いてないなと自覚していました。

そのため、博士在籍中の時から、このまま研究に関わりたいという想いもありながらもやっていける気もしないと感じていたので、大学で学ばないけど世間で需要のあるソフトウェア開発の勉強をしたり、趣味的なゲームプログラムをやってみたり、楽しみながら実用的な勉強もやってました。

就職や転職について

この続きをみるには

この続き: 2,355文字

研究職に就かなかった博士課程修了者がどうやって10年間社会の荒波を生きてきたか

sakiyamaK

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
画像処理の工学博士/画像処理ソフトやアルゴリズム開発/iOSエンジニア/Flutterの可能性に感激しまくる日々/とくに何もないけどgithub http://github.com/sakiyamaK
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。