豆苗

Mの法則を使って競馬予想をしています

豆苗

Mの法則を使って競馬予想をしています

    最近の記事

    2022 関屋記念 回顧

    【評価】 ◎ダノンザキッド ◯ウインカーネリアン 1着:ウインカーネリアン SM   OP〜G3 【個体】安定した駆動と体力を活かして力強い先行競馬が出来るのが強み。どちらかと言えばパワー寄りだが、一定のスピードも兼ね備えているので、単純な能力負けや自身の体力破綻さえなければ常にどっしりと安定したパフォーマンスを出せる。S主導ながらも破綻を起こしにくい構造で安定感>爆発力というタイプの先行馬。 (1400〜1800)(パワー質)(先行への位置取りショック) 【回顧】重賞挑

    スキ
    4
      • 2022 関屋記念 予想

        【個別分析】 ①イルーシヴパンサー MS G3 【個体】爆発的なSっぽいパフォーマンスを見せてくる差し馬ではなく安定感の方に寄っているタイプ。東京新聞杯を好リズムで勝ち切っているが、基本的に自身で強さを見せて勝ち切るというより常に安定して能力なりの走りをするイメージ。アップ適性がある訳でもなく、ダウンで楽を感じて安易に跳ねるようなタイプでもない。ハードルを上げた状態で見るなら貧相な差し馬、ハードルを下げれば安定感のある差し馬という評価になる。 (1600〜2000)(上

        スキ
        3
        • 2022 エルムS 回顧

          【評価】 ◎アイオライト ◯ロードレガリス 1着:フルデプスリーダー MCS G3 【個体】良質な精神力補完のあるまとまり系、もしくはセカンドクラスのSC系で、馬群や格上げの場面を苦にしないように精神力はしっかりと持っているタイプ。G1まではイメージ出来ないがOP〜G3でちょこちょこ良い穴を開けそうな質の馬。体力が豊富なタイプではない。 (1400〜1700)(内〜中枠)(アップでの紐穴) 【短評】立場的に格上のオメガレインボーとの叩き合いを制する好内容。初OPでも対応出

          スキ
          1
          • 2022 エルムS 予想

            【個別分析】 ①ロードエクレール SL   OP 【個体】脚質から来るイメージ通りSが表に出ているタイプだが重厚な質の馬ではない。一時的なエネルギーの充実期にドドドっと連続で好走して、体力と気力が切れると分かりやすく不振期に入っていく不安定なタイプ。 (1700〜1900)(連チャン⇆不振) 【短評】好調期ではあるのだが、にも関わらず近2走に連対が無いのはあまり良くない。リズムは悪くないが連チャンと呼べるほどの荒々しさはなく、疲労とストレスを中途半端に抱えているという

            スキ
            2
            • 2022 中京記念 回顧

              【評価】 ◎ベレヌス ◯ファルコニア ▲コルテジア ☆アーデントリー 1着:ベレヌス SL OP〜G3 (個体)豊富な体力をSで駆動させているタイプで、精神力は薄い。ギアチェンジ能力も感じられないので平坦な小回りコースでクルッと回って惰性で逃げ残す形がベスト。坂コースを他馬より力強く駆け上がるほどパワフルでもない。揉まれたり他馬からの圧を受けると脆いタイプなので能力レベル的には恐らくG3が上限。 (短評)不振期を抜けて上昇して来たリズム、舞台、展開と全てが噛み合っての今回の

              スキ
              2
              • 2022 中京記念 予想

                【個別分析】 ①ベステンダンク LS   OP 2走前の洛陽Sで外枠から逃げられていないように挙動がかなり重くなっていてズブい。前走は道悪+単騎の楽逃げで大きく恵まれての4着で、内容的には特に評価していない。高齢馬の休み明けで逃げに期待を持ちたくなるが、良馬場でベレヌス等に絡まれながらの持続質戦ではもう戦えないと見ている。 ②ミスニューヨーク LS G3 牝馬にしては体力が豊富で、一瞬のキレではなく大味な体力差しの形で弱い相手や体力面で劣る牝馬を相手に飲み込んでいくタ

                スキ
                3
                • 2022 函館記念 回顧

                  【評価】 ◎スカーフェイス 1着:ハヤヤッコ SL   OP〜G3 重い体力と力強いSの駆動でスケール感がある。日経賞は前が楽に走れる緩いレースだったので上がり最速での差し届かずは許容可能。Sっぽく道悪に反応しているがピンパー系には振れていないので重さが仇にならない条件で差しに展開が向くようなら今後もそこそこ走れそう。 2着:マイネルウィルトス LS   G3 道悪の利を大きく得ての内容。このメンバー相手だとタフな体力舞台への適性は随一だったがその中で圧倒出来ないのは単純

                  スキ
                  4
                  • 2022 函館記念 予想

                    【個別分析】 ①ハヤヤッコ LS   OP よくある体力主体の差しタイプ。日経賞の挙動は悪くないが2000だと流石に短い。自力で跳ねるタイプでもないので展開利を拾っても掲示板までのイメージ。 ②ジェネラーレウーノ S OP リズム的には厳しいが挙動が完全に終わっている訳ではないので斤量減の楽逃げで激変はあっても良い。ただこれを評価するのは本当にくじ引き。 ③フェアリーポルカ LM   OP〜G3 体力主体だがかなり丸く、重くなってしまっている。現状では道悪を利して

                    スキ
                    2
                    • 2022 プロキオンS 回顧

                      【評価】 ◎エクレアスパークル 1着:ゲンパチルシファー LC CL 体力質のレースなら底力をフルに発揮出来る。上がりのスピードよりもバテないタフさというタイプで地方が合いそう。こういうタフな展開になるとスピード要求≪体力要求となるので教科書通りの短縮優位。良馬場に近いレベルまで馬場が回復した事も味方したが、能力はそこそこある。 2着:ヒストリーメイカー LS/SL 体力系の短縮外差しの展開がハマっているが、だとしても近2走のだらしない負け方を見るとこの激走は個人的に見え

                      スキ
                      4
                      • 2022 プロキオンS 予想

                        【個別分析】 ①エアアルマス LS 淡白なスピードタイプで、チャンピオンズCよりフェブラリーの方が内容が良いのは底力系ではない事を示している。2走前の1200の3着は格で雪崩れ込んだようなイメージで個体評価につなげる必要はない。現状、本質を問われる条件ではほとんど味は出ないと見て良い。ただこれまでの短い所での経験を活かしてスッと位置を取って揉まれない単調な形を取れば可能性はあり、休み明けも相まってL主導の馬としてタイミングはほぼココしかない。ただ3〜4コーナーで動きが激し

                        スキ
                        3
                        • 2022 ラジオNIKKEI賞 回顧

                          【評価】 ◎ショウナンマグマ ◯クロスマジェスティ 1着:フェーングロッテン SL この馬なりの連チャン、好調期で、そういう高揚感のあるタイミングなら多少の苦は超えられるという挙動。研ぎ澄まされた要素はないし、Sの強さもセカンドクラス止まりではあるがやはりパンチは効いている。好不調の波が激しいタイプ。 2着:ショウナンマグマ SL この解放のタイミングで勝ち切れないのは能力的な問題。特別な強さを持っていない開放感、リズム主導の先行馬。 3着:サトノヘリオス LM

                          スキ
                          1
                          • 2022 宝塚記念 回顧

                            【評価】 ◎ディープボンド ◯エフフォーリア △アフリカンゴールド △キングオブコージ 1着:タイトルホルダー S+C(L) G1 本質的に中距離型の強いSC系なので宝塚記念単体をこういう内容で勝つこと自体は別におかしくない。それでも流石に春天を楽に逃げ切った後の短縮だと一定の苦はある、強い馬なので耐える事は出来るが勝ち切るまでは、というMの常識に囚われて評価し切れなかった。恐らく前走からの流れの中で今回耐えたとかそういう次元ではなく、単純に自身の本質に1番近い舞台、レース

                            スキ
                            3
                            • 2022 宝塚記念 予想

                              【個別分析】 ①オーソリティ M(CL) G2 荒々しさのない綺麗な優等生タイプで、精神力も体力も中途半端で結果的にまとまっている。 近2走は日本馬が走りやすいまとまり寄りのレース質で心身のタフさとか本当の意味での強さは問われていない。JCもそういうレースだった。今回はほぼスローにはならないし少なくともこの馬がここ1年で経験して来た中で最もタフで本質を問われる場面になる。有馬や春天で既に本質は露呈してしまっている。 ②アフリカンゴールド CL   G2 Sの駆動では

                              スキ
                              2
                              • 2022 ユニコーンS 回顧

                                【評価】 ◎タイセイディバイン ◯コンバスチョン ▲リメイク 1着:ペイシャエス LC/CL 豊富な体力と精神力。体力系の馬が短縮だった前走でペースアップを無理に先行してしまいバテ負け。そして今回同距離の格上げ、更なるペースアップのタイミングで軽く位置を下げてという事で、体力的なキツさを与えないベストな形。好位からの差し競馬に応える精神構造(C質)を馬が持っていたという事。精神力を感じるキャンペーンだったので休み明けは疑ってみたい。 2着:セキフウ LS+ 精神力の補完も

                                スキ
                                1
                                • 2022 ユニコーンS 予想

                                  【個別分析】 ①ハセドン L量 体力が豊富でかなり量的。体力レベルで言ったらメンバー中トップのレベルで良いが、スピード的なキツさには決して強いとは言えないタイプ。本質を求められてどういう挙動が出てくるかという場面。 ②セキフウ L 常にパフォーマンスがダラっとしていて大きく変わらない。その中で苦→楽、中央→地方のようなL向きの条件で着順を拾っているような印象。兵庫ジュニア→全日本2歳優駿でアッサリ負けたあたりがこの馬の質の限界。サウジダービーも特別な強さは見せていないし、あ

                                  スキ
                                  2
                                  • 2022 エプソムC 回顧

                                    【評価】 ◎ジャスティンカフェ ▲ヤマニンサンパ 1着:ノースブリッジ LS   OP〜G3 前走の逃げ切りが今回の内容に楽→苦的な悪い影響は与えていない印象。3ヶ月半の休み明けで完全にリセットされているとは思わないが、ある程度フレッシュな気持ちで走れていたという事だろう。この辺りの記憶の期間的な話は徐々に自分の中にストックしていきます。今回は重馬場と先行脚質を活かしての内容で特別な力強さは感じない。 2着:ガロアクリーク LM量 OP〜G3 3歳時にLS→SLの一時的な

                                    スキ
                                    4