さいりえのオンラインレッスンサロン

固定された記事

オンラインレッスンサロン もくじ(随時更新)

更新情報:#104 を更新しました!(2021.4.26) こんにちは、さいりえです。 いつもありがとうございます! オンラインレッスンサロンのnoteが増えてきたので、こちらに「もくじ」を作りたいと思います。 (noteの一覧が見にくい、記事を探しにくい…というお声もありましたので、改善できればと思…

#21 音の遠近感や複数の音模様を、どうイメージして演奏するか

こんにちは、さいりえです。 今日の note は、 ・音の遠近感や ・種類のちがう音 について。 楽譜上では平面的に見える音符たちも、遠近感や立体感をもってイメージして音を配置していくことで、広がりや奥行きが出ます。 そのポイントの一部を、動画で紹介します。 ・ラフマニノフ 音の絵 Op…

#20 響きをイメージして音づくりするためのステップ

※この記事は2019年12月10日(火)23:59まで無料で公開しています。→終了しました。 こんにちは、さいりえです。 オンラインレッスンサロン #20 の note は、ピアノを弾く上でとても大切な、 響きをイメージして、その中で(その上で)音をつくっていく ということについて。 具体的に、どのよ…

#19 いくつかの音を1つのかたまりにとらえて弾く

こんにちは、さいりえです。今日のnoteも、 ポイント動画です。 今日のテーマは、 いくつかの音を、ひとつのまとまり(かたまり)にとらえて弾く ということ。 ・音楽が進まない、流れない ・音が硬くなる ・和声感が出ない とお悩みの方に、ヒントになりましたら幸いです。 頭の中で整理する…

#18 ちゃんと弾いているのに、歌えない。指や音がこわばっていないか?確認・練習するミ…

今日の note では、あるパッセージを弾くときに、 「指がこわばっていると、音も硬くなってしまい、歌えない例」 について動画でしゃべっています。 この場合、きちんと弾いているつもりだけど、歌えません。 たとえば「ドレミファソ〜」と弾いているとき、全部もしくは一部が硬くなります。(3の…

#17 腕の重みが乗っている音・乗っていない音。どう違う?何を意識すれば良い?

※このnoteは、2019年12月10日(火)23:59まで無料で公開しています。→終了しました。 こんにちは、さいりえです。 このオンラインレッスンサロン note は、ピアノ練習や演奏に関する「その日のワンポイント」をテキストや短めの動画でお届けしています。 今回のテーマは、 腕の重みがのった音っ…

#16 右手メロディ、左手がハーモニー伴奏のときのバランスの考え方(ショパンのワルツを…

こんにちは。さいりえのオンラインレッスンサロン第16回 note です。 これまで月3〜4回の更新でしたが、もう少し更新頻度を上げていこうと思います。 今日はショパンのワルツ第10番を取り上げ、 ・右手がメロディ ・左手がハーモニー&ワルツのリズムによる伴奏 のとき、 ・どのようなバランスが…

#15 オクターブのメロディやレガートのお悩み・弾き方

こんにちは!さいりえのオンラインレッスンサロン第15回です。 このnoteでは、 ・オクターブのメロディやレガートがうまく弾けない! ・隣の音をさわってしまう ・硬くなってしまう というお悩みに、いくつかの練習方法や弾き方のポイントを、 5本の実演・実例動画(トークは入っていません)を…

200

#14 【練習動画】 プロコフィエフ「つかの間の幻影」Op.22のNo.6を初見で楽譜を読んで弾…

こんにちは、さいりえです。 今回の note では、プロコフィエフの「つかの間の幻影」Op.22 より、第6番の『Con eleganza』を初見で練習していく動画をご紹介します。 初見にもいろんなスタイルがある 初見にもいろいろあり、 ・予見のあとパッと弾く、ソルフェージュ試験的スタイル。 ・とにかく…