見出し画像

2030年の日本に18歳として送り出す

10年後にむすめは学校を卒業する。そのことにリアルさがでてきた。「2030年あたりの日本に、18歳として、送り出すのか」とおもったら、なんだかショックだった。その時の日本に、18歳か。31%が高齢者で、同年代が圧倒的に少ない。空き家が大量にあって、人のいない地域が生まれる。ものすごい量の負債。絶望したって不思議じゃない。この日本に彼女を産み落としたことを、彼女に恨まれてもぜんぜん不思議じゃない。
  
わたしはこの生活のしかたでいいんだっけ。もっと、人口減少社会に基づく暮らしかたってあるんじゃないか。環境資源にリミットがあるって知ってる生き方になれてるかな。単身世帯が増えるなかでも、つながることができる機会にあふれてる社会だろうか。人が減ることを前提に生産して消費してるだろうか。いま、共助の機会が次々に生み出されていって、40年前に比べたら地方にパワーが集まっている。でも農村にあった共同体が解体されたのに、それに代わる共同体はまだない。NPOが果たす役割がどんどん大きくなっていく。一方で、数十年後にNPOや新しい公共だけではなしえないような課題にぶつかるときに、公助にしかできないようなことってもっとあるんじゃないかな。そのとき公助にコミットできる共助であれるだろうか。
 
小さな一つの組織でマネジャーをしてきて、「今は大変だけど、よくなるよ」ってビジョンと戦略を語れることが大事だと思った。ひとりひとりに無駄なことをさせないこと、優先度をはっきりさせることがだいじで。もちまわりで頑張れば、前に進んでるようにしたいと思い続けていた。ひとりのひとに無能感や絶望感があるなら、それはマネジメントのせいだ。日本を組織として考えたときに、その組織のビジョンをつくりたい。今は大変だけど、よくなるって思えるようにしたい。よくなるっていうのは、高度経済成長期の「よくなる感」じゃなくて、人口減少して人口定常社会になってくにあたってのよくなる感。負債が減ってくビジョンがあること。環境に配慮した共生ライフスタイルが構築されていること。「なんだ、そもそも日本って人多すぎたし、これはいいかも」くらいに思えたらいい。(空き家多すぎて申し訳ないけど、、空き家や謎の道路もなんとかなるビジョンもいるか…)世界的な高齢化を迎えるなかで、「たいへんそうだけど日本見てたら安心する」って世界からおもってもらえる実践例を出せるだろうか。
 
わたしは10年後42歳になる。「42歳になったら子育て終了かあー何やろうかな」とのんきに思ってたけど、ちょっとのんきではいられなくなってきた。勉強して、実践したいことが山ほどある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

高校生をサポートするNPO法人D×P(ディーピー)に寄付していただけたら何よりうれしいです! https://www.dreampossibility.com/supporter/

わたしもスキです!
76
D×P(ディーピー)というNPOでPRと資金調達を楽しくやってます入谷佐知です。noteではエモい系・組織と家族のあり方系・PR広報マーケティング系の3つの記事が混在しております。

こちらでもピックアップされています

日刊さっちん(ゆるめ)
日刊さっちん(ゆるめ)
  • 190本

さっちんこと入谷佐知が毎日のちょっとしたことや頭の中身を書いていくだけのマガジンです。ゆるめです。

コメント (2)
最近子どもが出来た者です。
すごく共感します。うちの子が18歳になる頃はもう2037年!

その頃がどうなっているのか、妻の妊娠中から本当モヤモヤしています。少しでも多くの人に会い、自分の価値観で生きていってほしい。
2歳の子どもの母です。「高度経済成長期の「よくなる感」じゃなくて、人口減少して人口定常社会になってくにあたってのよくなる感。」というところにすごく共感しました!
世界のどこでも住んでいけるように育てていかなきゃな、と思いつつも、「なんだかんだ言っても、自分は日本に生まれてよかったな」って子どもが思える社会になってほしいです。そうなるよう親世代も頑張りましょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。