好きなゲームについて話す【STARLIKE】
見出し画像

好きなゲームについて話す【STARLIKE】

たちかぜさん
最近、ゲームに向かう時間が減っている。
理由は自分でもわからない。やりたいソフトは大量にあるのだが、いざやろうとすると熱量が一気に減り、プレイしてもすぐ止めてしまう。理由はわからない。ただ、その時間をほかのこと――読書や睡眠――に当てることができているので、時間の無駄にはなっていない。むしろ有意義なのかもしれない。
だが、俺はゲームをやりたい。世界観に浸りたい。ならどうするか、熱量を高めるしかない。俺はそう感じた。

 こんにちは、俺です。ということで、僕の好きなPCゲームについて語る記事を加工と思いました。アウトプットの練習にもなると思うしね。あと過度なネタバレはなしで書いていきます。
※この記事は、筆者がひたすら好きなところを語るというか好きと言うだけの記事です。詳しい紹介とかレビューは他にあるしね。

 今回好きだというゲームは鉄鋼団さんのSTARLIKEです。いえーい。
このゲームは絶賛連載中?で、この1月末に新話が来るそうです。うう、早くやりたい!

 いわゆる、PC用フリーゲームです。(フリーゲームという言葉について思うところがある方がいらっしゃるかもしれませんが、ここでは便宜上フリーゲームと呼びます)フリー版と追加要素が入ったシェアウェア版があります。僕はもちろん買っています。

 鉄鋼団さんのHPはこちら。こちらからゲームをDLできます。

 一応物語の簡単な説明を書きます。

 舞台は戦後の日本、そこではハムスタア(※ハムスターとは別物です)同士を殺し合わせる賭け事が流行っていました。この物語の主人公であるハムスタアとその飼主の女の子せっちゃんは、親父の理不尽によって、ハムスタア同士の殺し合いの螺旋に取り込まれることになってしまいました。

 説明終わり。あらすじを語りたいわけではないのでここはサクッと。詳しくは公式サイトをご参照ください。あとぜひゲームをプレイしてください。

好きなところ!

・ところどころ挟まれるギャグシーンが超面白い!全部笑う!日常ほのぼのシーンもよく、シリアスシーンが高まってたまらない!すごい相乗効果! 友情、努力、勝利!黄金の方程式!
・登場人物が(ハムスタア含む)個性豊かで最高!変人同士の掛け合いもたまらない!
・絵柄も好き!とにかく好き!
・独特なバトルシステムが面白い!飽きない!ややこしくない!
・挿入曲がたまらない!なんと、鉄鋼団さんのオリジナル!超熱い!
・ハムスタアの育成が面白い!君の最強のハムスタアを作ろう!
・戦後のバイタリティあふれる空気が好き!闇市!靴洗い!

・ところどころ挟まれるギャグシーンが超面白い!全部笑う!日常ほのぼのシーンもよく、シリアスシーンが高まってたまらない!すごい相乗効果! 友情、努力、勝利!黄金の方程式!

 何を語るにせよまずはギャグシーンについてでしょう。いやもう本当に面白い。これは鉄鋼団さんの他の作品もそう。KinokoとかKinoko2とかkinoko3とか。いや、ギャグだけで言ったらKinoko3がもう異次元レベルで面白い。終始腹が捩れっぱなし。

 ちなみにkinoko3もシェアウェア版があり僕はもちろん買ってます。別に買ったから偉いとか買ってないからファンと言えないとかそういうことを言うつもりではなく、フリー版をクリアまでやっててもシェアウェア版を買うぐらいオモシロイと思っているということです。

 いやもう本当に半端ない。「ギャグ?ふーんどうせ内輪ネタとか流行りネタで騒いでるだけでしょ?」みたいに思った人にもぜひやってほしい。そういうネタが無いわけでもないけれど、そんな事はどうでもよくなるぐらい面白いから!俺はマジで何回か呼吸困難になった。kinoko123で笑ったらSTARLIKE、STARLIKEで笑ったらkinoko123をやる。これが完璧。

 もちろんギャグが面白いわけじゃないんですよ。主人公のせっちゃん(後述)は学生なので、学校のほのぼの日常シーンがあって、それもいい味を出していて好き。さっちゃんの周りには悪ガキやいい友人がいる。子供だから喧嘩もするけど、子供だからまっすぐぶつかって仲良くなる。友情の話が。好き。それぞれに悩みがあってドラマがある。みんなが成長していくさまも好き。こう、おとなになって、親戚の子の成長を見守るような感じ。温かみを感じる!

 そして、物語の核をなすシリアスシーン。これがもうマジでたまらない。熱い。とにかく熱い。女の子のペットのハムスタアが、他のハムスタアと殺し合うだけでしょ?と思うでしょ?んな訳がない!!!!!!!!!!!!
いや、多くは語るまい。とにかく、自分でプレイしてみてほしい。胸がグッっときて「頑張れ、せっちゃんッ…!頑張れ、公太郎(ハムスタアの名前は自由に決められます)ッ…!」と何度拳を握りしめたか。

 そして最後に得るのは勝利 victory......

 日常シーンでほんわかし、ギャグシーンで笑い、シリアスシーンでマジになり、ラストで熱く締める。最高。

・登場人物が(ハムスタア含む)個性豊かで最高!変人同士の掛け合いもたまらない!

 まず最初にはっきりさせときます。俺は全キャラ好きです!できれば一人一人の良さを書いていきたいぐらいだ。

 さて、まずはせっちゃんですね。彼女はこの物語の登場人物の中では珍しい常識人なんですよね。しかも最初の頃はただの女の子。飲んだくれの親父(後述)の世話を焼きつつ、駅前にいって靴磨きをしては悪ガキ(後述)にいじめられたりしている健気な子だ。序盤は弱々しくちょっとしたことで落ち込んだりしちゃって見ているこっちも悲しくなっていた。だが、彼女の人生は公太朗(ハムスタアの名前は自由に決められます)の存在が親父にバレたその時から急激に加速していくんですよ。ただ状況に翻弄されるだけじゃないところがせっちゃんの強いところ!どんどん精神的に成長していき、別に意味でハラハラさせられる様になる。最高。

 次に、公太郎(ハムスタア略)ですね。彼は初めはただの野良ハムスタアでせっちゃんと仲良しこよしをしていただけなんですよ。で、せっちゃんの親父にバレて、連れ去られたんですよ、コロシアムに。で、なんと突然他のハムスタアとコロシアイをさせられるんですよ。でもね、彼も状況にながされるだけじゃないんですよ。必死、努力、勝利!好き。

 親父は最初はただの飲んだくれのクズなんだけど、タフになったせっちゃんに目を覚まさせられて、頼れる親父になるところがいい。家族愛。

 悪ガキはカンちゃんというんですけど、これがヒッジョーに生意気なクソガキなんですよ。それもあまり頭の良くないタイプの。どの小学校にも一人はいるタイプのガキ大将みたいな。これがね、ヒッジョーに生意気なんですよ(二回目)。何かとせっちゃんに突っかかるし。アホなことばっかりやるし。でもなぜか憎めないんですよ。アホだからでしょうかね。そんなカンちゃんなんですが、彼もまたセッチャンと関わっていくうちに成長していくんですよね。ココらへんが超最高。カンちゃんは裏の主人公ですよ。とくに、第拾壱話なんて……おおっと、これ以上は過度なネタバレだ。ただ、カンちゃんの物語は第拾壱話で最高潮に達しているとだけ言っておきます。いやもう最高だよ。

 他にも、サイコパス女医助手?や性欲神犬やネコや他にも色々最高なキャラクターたちがいて全部好き!

・絵柄も好き!とにかく好き!BGMもあっている!

 これはもう特段語ることはないですね。絵柄が好き。以上!
 いや、もうちょっと言うと、絵柄もそうなんですが、デザインが好きなんですよ。

画像1

 基本的にこのゲームの存在がADVシーンは縦書き方眼紙で話が進むんですけど、これがもう最高だと思うんですよね。思いませんか?ラブ!
 BGMもシーンにピッチリあっていて最高です。

・独特なバトルシステムが面白い!飽きない!ややこしくない!

 トランプを使った独特なシステムなんですが、全然ややこしくなくて、かなり面白いんですよ。実際やってみるとわかると思うんですけれど「ああ、俺読みあいしてる!」と感じていいです。さらに、バトルによっては途中にイベントが入りそれがより一層物語とバトルを熱く面白くさせてます。最高。

 一応ADVだけモードっていうのもあるんですが(親切!)、簡単なモードでもいいんで絶対バトルはやってもらいたいです。

・挿入曲がたまらない!なんと、鉄鋼団さんのオリジナル!超熱い!

 さらに、バトル中には挿入曲が入ります。ボーカル付きの。これがもう最高に熱くて熱いんですよね。シナリオの展開との相乗効果がもう青天井ですよこれは。

・ハムスタアの育成が面白い!君の最強のハムスタアを作ろう!ついでにせっちゃんも育成だ!

 育成ゲームが好き?だったらこれをやらないっていう法はないね。君は他のハムスタアを千切っては投げる筋肉スタアにしてもいいし、ニンジャのように避ける回避スタアにしてもいい。タフなハードボイスタアでもいいぞ。

 ここらへんバージョンアップでミニゲームじゃなくなったので割と地味なんですが、上がる能力値を見ているとああちゃんと成長してるんだなとしっかり感じるので良いですね。ミニゲームもアクセントとなって飽きさせません。あるので武器も何種類から選べて、必殺技なんてものもある!ADVをすっ飛ばした育成集中モードなんてものもあるのがかゆいところに手が届くってやつですね。好き。

・戦後のバイタリティあふれる空気が好き!闇市!靴洗い!

 もちろん、実際に戦後の日本なんて見たことないんですが、このゲームからいい塩梅でその空気が感じ取れるのが最高です。ここも、絵柄とBGMとの相乗効果ですよ。麻雀放浪記やドサ健ばくち地獄の世界ですよ。こう、活気があるというかなんというか、つまりバイタリティ!

まとめ

 以上、STARLIKEの好きなところを右脳直行宜しく的な感じで書いてみました。もう少し、画像をはさもうかと考えもしたんですが、あまりはさみすぎるとただの紹介になってしまいそうだったので止めときました(そもそも、ゲーム内画像を使用すると致命的なネタバレの危険性もあるよねって)。読みづらさは……どうだろ。反応とかあればそれを見つつおいおい考えます。

 あとそうですね、実際にこうやって書いていると、やはり自分でもやりたくなってきました。ゲーム熱を高める方法としては適しているかもしれません。

 とにかくこのゲームは、シナリオ、キャラ、会話、BGM、絵、どれをとっても個人的には最高!なゲームなので一人でも多くの人にプレイしてもらいたいと思います。

 次回は未定ですが、モナーRPGのLittle,Bigかクレアンティクスゼロリヴァイヴァルを好き好きするつもりです。どちらもいわゆるフリーゲームで、若かりし時の俺に多大な影響を与えたゲームです。

 以上。ありがとうございました。

この記事が参加している募集

自己紹介をゲームで語る

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たちかぜさん

お願いします!ありがとうございます!今年もよろしくおねがいします!

(∩・ω・)∩
たちかぜさん
言葉遊びと奇妙な話を好物としている自称物書き