見出し画像

16年ぶりにタイムカプセルを掘り起こしたら、悲惨な事態が待っていた…。

2018年8月13日。

小学校を卒業する際に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。

本当なら成人式で開けるはずだったのだが、気づけば28歳の年になっていた。約16年ぶりの掘り起こしになる。

平成2年生まれの僕たちが「平成最後の夏」にタイムカプセルを掘り起こす。ちょっとエモいよね。

-・-・-・-・-・-・-

埋めたのは学校の裏庭。卒業制作で作った時計台の付近だった、はず。

3日前に有志が集まって、ある程度までは掘ってくれていました。半分姿を見せているタイムカプセルを、汗だくになりながら掘り起こしていきます。

しかし……、待っていたのは悲惨な光景でした。

-・-・-・-・-・-・-

中身が全部水没していた

画像を見てもらったらわかるんですが、タイムカプセルの中は半分以上が水に浸かっていました。しかも、水自体が腐っていてめちゃ臭い……。

入っていた水を捨てて、なんとか救出した思い出の品たちがこちら。

(顔と名前にはモザイク加工を施しています)

-・-・-・-・-・-・-

おもひでぽろぽろ

小学生の頃の思い出の品は、何ひとつ確認することができませんでした。普通に残念すぎる結末に、全員少しテンション下がり気味でした。(ブロガー的にはオイシイ展開でしたがw)

思い出たちが水と一緒にボロボロになっている様子は、切なくなる光景でもあります。しかし、思い出は心の中に残っている。タイムカプセルの中身は水没していても、心の中は水没しないから大事にしまっておけば良い。(ほとんど忘れたけど)

(僕の卒業した小学校の様子)

-・-・-・-・-・-・-

タイムカプセルを水没させない方法

まあ、失敗を失敗で終わらせてはダメだなと思うので、これからタイムカプセルを埋める人のために「水没させないための方法」をブログにまとめておきました

>> タイムカプセルの理想の容器は?失敗しない3つのコツも伝授しよう!|りょうかんのつぶやき

ぜひ参考にしてみてください。


あー、暑かった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
りょうかん

サポートしていただいたお金は、文化的な投資に使わせていただきます。

では、またあした〜!
7
1990年生まれ。 ブロガー / 元カフェ経営者 / ㈱machimori CMO / 定額泊まり放題サービス『HafH』利用中 / クラウドファンディングCAMPFIREのキュレーションパートナーもやってます / ブログ ▶︎ https://ryokan1123.com/