見出し画像

春を呼ぶ🌸春の犬祭り🐶 犬と人が アイコンタクトを 主とした愛着行動と*オキシトシンの分泌が、愛犬と飼い主の間の親近感や信頼関係を促進させるそうです!

これはサイエンス誌に掲載
された研究結果です

赤ちゃんと親や、恋人同士でも
同じようなことが起こる事は
知られていますが、
赤ちゃんはすぐに大きく なるし
恋人同士でも3年位が限度と言われています

犬と人間のオキシトシンの分泌は
12年から18年位という
すごい期間と量の放出?!

ペットロスは
愛着行動とオキシトシン
放出ロスなのかも!

こんなおもしろい話
も載っています

Amazon.co.jp: 一歩先の 犬と一緒にしあわせに: 3つのしあわせポイント・大切なのは耳と歯!予防医療でしあわせに!・保護犬と一緒にしあわせに!・ペットロスを乗り越えてしあわせに! 知識として、これから迎してこれから迎えに行く犬の準備として、読み物として…犬への愛が止まらない!そんな皆さんに伝えたい、犬と一緒にしあわせになる本です (クリームBOOKS) 電子書籍: めぐー, 渡辺 理恵, ゆき: Kindleストア Amazon.co.jp: 一歩先の 犬と一緒にしあわせに: 3つのしあわせポイント・大切なのは耳と歯!予防医療でしあわせ www.amazon.co.jp

3月27日~4月3日まで「99円セール」開催中です!
(Kindle Unlimited会員の方は無料です😊)

Go Go!! ゴールデンレトリバー!の
スタンプも発売中です〜

※オキシトシンは一般に愛情ホルモンといわれている、哺乳類が共通に持つ神経伝達物質。


18年もこんなに愛を深め合うって凄すぎよねー

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?