Itasaka RUI

    • How looks
      How looks
      • 57本

      まなざしを丁寧に積み重ねる練習帳

    • What I saw
      What I saw
      • 9本

      意見をまとめる練習帳 見たもの、読んだもの、聴いたもの、

    • 半麦ハット日誌
      半麦ハット日誌
      • 32本

      20190123~ 半麦ハット@淡路 現場レポート+考察

  • 半麦ハットから

    半麦ハットから

    BOOK『半麦ハットから』 / 《半麦ハット》は、淡路島に建つ小さな建築です。子ども服を扱うお店とオーナーのための週末住居が一緒になっており、その佇まいは島の風景のなかに溶け込んでいるようでいて、なにか特殊なことが起きているようにも見えます。観光地でもあり近郊都市へアクセスしやすいベッドタウンでもある淡路島には、ちょっと変わった風景がたくさんあります。《半麦ハット》は、風景をかたちづくっている断片的な要素を調べ、集め、再構成してできています。 『半麦ハットから』は、2つの本からできています。一方には《半麦ハット》とまわりの風景を撮った栗田萌瑛の写真と設計者である板坂留五によるテキスト、もう一方には協働設計者である西澤徹夫と板坂の対談、そしてこの建築を訪れた人たちによる小説や批評が載っています。 本書では、ひとつの建築を通して、建築家、写真家、アーティスト、小説家が考えたことを記しています。それぞれが見た建築の姿を想像しながら読んでいただければ幸いです。 / 企画・編集:板坂留五、出原日向子(盆地Edition) グラフィックデザイン:Tanuki 写真:栗田萌瑛 対談:西澤徹夫 寄稿:青木淳、海乃凧、大村高広、奥泉理佐子、小黒由実、川村そら、木村俊介、白須寛規、立石遼太郎、谷繁玲央、田野宏昌、春口滉平(50音順) 発行:盆地Edition / size A4変型 <変更> カラー54ページ+モノクロ68ページ ↓ カラー48ページ+モノクロ69ページ ※内容は同じですが、レイアウトの変更によりカラーページ数が変わりました。 / 注意事項 ・発送開始予定日が変更になる場合は、事前にご連絡いたします。 ・書籍に関する問い合わせは、下記までご連絡ください。  hello@ruiitasaka.ooo / 関連書籍:半麦ハット「サンプル帳」S=1:2 はこちら https://bonchiedit.theshop.jp/items/35981274 制作日記 https://note.com/ruitoile
    3,300円
    SHOP
  • letters vol.1「外の声」

    letters vol.1「外の声」

    letters vol.1「外の声」 84円で送る小説と63円で送る花器のセット / What is "letters" ? 小説家・海乃凧と建築家・板坂留五による、 小説と道具を送るプロジェクト。 "letters"は、手紙をはじめ、文学という意味も持つ。 / 第一弾となる「外の声」では、 コロナ感染拡大防止のために外出自粛になった今、 つい意識が向いてしまう 窓の向こうの世界について考えてみました。 掌編小説「外の声」が書かれた 封筒がポストに届きます。 中にはハガキでできた花器が入っていて、 自分で使うこともできれば、 誰かに送ることもできます。 / size 102mm×152mm / contents 小説:A4ポスターサイズ 花器:定型ハガキサイズ / 注意事項 ・制作は全て自宅で手で行なっているため、  個体差があります。 ・本商品は小説が書かれた紙を折り込んだものを  そのまま封筒としております。  配達過程で多少の汚れがつく恐れがありますが、  その過程も楽しんでいただきたく思います。 ・万が一中身が大きく破損している場合は、  下記までご連絡ください。  hello@ruiitasaka.ooo / Written by Tako Umino Designed by Rui Itasaka
    500円
    SHOP

ただの2月の日記

2月が始まった。 2月って、一番自分の中で記憶がない。大学生の時は、春休みで予備校で入試を応援したり、のんびり旅行に出たり、脳みその休養って感じだった。社会人に…

空っぽでいられる間

高円寺で、友人の佐藤熊弥さんが展示をするというので、先日見に行ってきました。彼はタンネラウムの設計で協働したり、私の「絵と空間」に対する考え方にかなりの影響を与…

寄稿者それぞれ 2/3

前回の投稿からすっかり日が経ってしまいました。。校正、製本作業、出荷を終え一息ついていたところで、16日からのアートブックフェアの参加準備をしておりました。アート…

寄稿者それぞれ 1/3

予約販売から、2週間がすぎました。毎日届く通知に、喜びと緊張を感じています。今週で、著者校正が終わり、徐々に最終レイアウトに向かっています。 <木村俊介、白須寛…

1の建物から12のテキスト

今日は半年前くらいに書いた「はじめに」の文章を少し書き換える作業をしています。一度書いたことは、読み返すたびに恥ずかしくなって書き換えたくなるものですね。文章を…

対談というかたち

販売から4日目、販売予定部数の1/4の予約が入ってちょっと安心しています。。(初版を増やす。。。?兆し。。。?) https://ruiitasaka.theshop.jp/items/33227106 今日…