スクリーンショット_2019-08-19_10

解説:オーロラパズル #Ingress

解説としているが、詳しい解き方は最後に説明しているように載せていない。

概要

日本時間の2019年8月18日の0時からAuroraExpというメディアがポータルをハックして入手できるようになった。

画像1

Ingress PrimeでのAuroraExp

画像2

Scanner[REDACTED]でのAuroraExp

メディアを開くと、

画像3

https://www.januslaboratorium.com/707572706c65
ネメシスのロゴとネメシスルーンと呼ばれる特徴的な文字、"Welcome to my centered square. Begin wherever you may."という文が並ぶ「Let's Play」というページに移動する。
"Welcome to my centered square. Begin wherever you may."「どこからでも始められる。」とあるが、実際には最初に「May」のページに移動する。
「May」のページに移動するには上のネメシスルーンのいずれかを選び、次のパスワード入力画面で「May」を入力する。Mayというパスワードは上のネメシスルーンをマウスでドラッグした時に「key: May」と浮かび上がる。パスワード入力はアルファベットの大文字と小文字を区別している。

画像4

パスワードの入力画面。ネメシスルーンで「GUEST AREA」と書いてある。

ネメシスルーンの読み方は以下の通り。

画像5

画像出典:Aurora Puzzles Final Outcome at r/OperationEssex posted by u/IshiraTsubasa on Reddit:
https://www.reddit.com/r/OperationEssex/comments/cs6r0o/aurora_puzzles_final_outcome

パスワードと手がかり

画像6

ページ名:May
パスワード:May
https://www.januslaboratorium.com/may

ヒントとして写っているネメシスルーンは、フォントとして認識されていて、Microsoft Wordやメモ帳といったテキスト入力スペースにコピーアンドペーストができる。

画像7

ページ名:January
パスワード:January
https://www.januslaboratorium.com/01

Januaryのページ以降は右のパズルを解いていく。時には左のネメシスルーンが右のパズルを解くヒントになっている。解いた回答が次のページでのパスワードに繋がっている。それと共に、各ページにある中央の紙片を組み合わせて完成させる。

画像8

ページ名:February
パスワード:Février
https://www.januslaboratorium.com/february

画像9

ページ名:March
パスワード:Yayoi
https://www.januslaboratorium.com/003

画像10

ページ名:04
パスワード:Deutziacrenata
https://www.januslaboratorium.com/04

画像11

ページ名:June
パスワード:06211554
https://www.januslaboratorium.com/june

画像12

ページ名:Quintilis
パスワード:Julian
https://www.januslaboratorium.com/quintilis

画像13

ページ名:ifc
パスワード:sol
https://www.januslaboratorium.com/eight

画像14

ページ名:Sextilis
パスワード:amphora
https://www.januslaboratorium.com/sextilis

Sextilisのページ以降は、ページ中央の下にネメシスルーンがあるが、次のページへのリンクに繋がっている。

画像15

ページ名:10
パスワード:कन्या
https://www.januslaboratorium.com/jiu

画像16

ページ名:11
パスワード:ตุลาคม
https://www.januslaboratorium.com/weigh

画像17

ページ名:Noviemble
パスワード:DíadeMuertos
https://www.januslaboratorium.com/noviembre

画像18

ページ名:13
パスワード:DEATH
https://www.januslaboratorium.com/mortem

そして、これらの茶色い紙片を組み合わせると以下の1枚の画像が完成する。

画像19

ここにもネメシスルーンが書かれているが、何の組み合わせなのかは不明。

ちなみに、「13」と「DEATH」というのは「死」を意味するタロットカードに準えているものだというのが分かる。

コミュニティでの様子

Ingress調査コミュニティ「オペレーション・エセックス」のRedditでは、オーロラパズルの一連の様子がまとめられた投稿が上がっている(英語)。

いくつか自分でも解けないかと取り組んでいたが、結局自分で解けたものはなく、オペレーション・エセックスで他のエージェントから上がってくる解読結果のキーワードを入力する事に集中していた。
「xxxxx」「no」「zzzzz」「yyyyy」「sssss」「no, no, no」……という会話が交わされた。
まあ、結果として先述のようにパスワードが分かったが、アルファベット以外を入力するとは思わなかった。
このRedditの投稿には、パズルを解く際の手がかりを分かりやすくしたスプレッドシートへのリンク[Aurora Media Puzzle spreadsheet.]が載っているので分からない時には見てみよう。
解読する際の手助けとなるデコードツールを設けたサイトがある。きっと使う場面があるかもしれない。

謎の3Dモデル

先に説明したスプレッドシートには、3Dモデルのデータが掲載されたページがあり(現在は404エラー)、そこに埋め込まれた3Dモデルのデータから、3D・VR・ARコンテンツを公開・共有・売買するためのプラットフォーム「Sketchfab」のjanuslaboratoriumというアカウントのページにたどり着いた。

8月19日時点で10個の3Dモデルを閲覧できる。閲覧に必要なブラウザとトラブルシューティングが英語でここに書いてある。
それぞれの3Dモデルはマウスをドラッグしたり拡大・縮小して360度見る事ができる。

2019年8月24日追記:3Dモデルは消失しました。

ダルサナレンズ

【関連資料】

オシリスストーン

【関連資料】オシリスストーンを巡って競われたオペレーション・コーランに登場した。

ウンディーネ

【関連資料】なし。今回が初出と見られる。

ダガー(短剣)

【関連資料】アズマティがP.A.シャポーに対してシミュラクラかどうかを判断する際に使われた短剣。

アナズクテック

【関連資料】なし。今回が初出と見られる。

プトレマイオス

【関連資料】タイのラン島で今年の4月に行われた特殊なイベント、オペレーション・コーランで参加者に得点代わりに渡されたコイン。

キャスケット

【関連資料】なし。今回が初出と見られる。

オブシディアン

【関連資料】

証人

【関連資料】ただし、証人ストーンとは別物と見られる。

リザレクションコイン

【関連資料】以下でリカージョン・アーティファクトと呼ばれているコインの事。

オーロラパズルの解き方

残念ながら詳しい解き方を載せる事はできない。当初は有料部分を設けて解き方を載せようか考えたが、元々が無償のコンテンツである事や後からパズルに取り組む人の事を鑑みて載せない事にした。
Ingress調査コミュニティ「オペレーション・エセックス」のReddit投稿にあるスプレッドシートへのリンク[Aurora Media Puzzle spreadsheet.]を見て解き方を探ってみよう。 

-end-

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

WindowsノートPCを買い替えたい頃です。

ありがとうございます!
4
Ingress/Resistance PokemonGO/Instinct Amazon.co.jpアソシエイトメンバー Work at IBM Japan. Posts are my own. 卒業論文:https://bit.ly/ruindthesis

こちらでもピックアップされています

Ingress notes by RuinDig
Ingress notes by RuinDig
  • 47本

位置情報ゲーム「Ingress」に関するRuinDigのnote メイン:https://ruindig.hatenablog.jp/archive/category/Ingress

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。