小さなやりたいを叶える場作り-2019.04.21 polca食堂@福島-
見出し画像

小さなやりたいを叶える場作り-2019.04.21 polca食堂@福島-

前田塁




前回の更新から随分経ってしまいました・・・。
4-6月、polca食堂は地方強化として月に2箇所くらいの都道府県に行っております。いえい!

初の東北開催福島

今回はbosyuというサービスを使って、
polca食堂とコラボしたいところを募集いたいました。

そこから、福島県いわき市でコミュニティ活動をしている
「プクラーチェ」さんからご依頼をいただき、地域おこし協力隊の方々と一緒にさせていただきました。

あざます!

polca食堂自体も初めてでしたが、
僕自身も初東北だったので、楽しみ。

場所はいわき市の山間部にある地域で
周りは自然でいっぱいでした。

会場は昔ながらの家屋を改装したほっこりする空間で
大人約10名、子供約20名にお集まりいただきました。


小さなやりたいを叶える場作り

福島に行く前に思っていたことが

・子供たちは外で元気に遊んでいる
・地方の方はゆったりしてる

どっちも違いまして・・・・、勘違い失礼しましたっ!!!

開催したエリアが山間部の地域(集落?)だったので、
家と家の距離があるので、送り迎えをしないといけないので
放課後に友達の家に行って遊ぶということが機会が少ないらしい。
共働きのご家庭も多いようで。

そして、地方の方はゆったりしてる方が多いと思ってました。
言い方を雑にいうと「あれをしたい、社会をこう変えたい」みたいな方が少ないと思ってました。
うちの地元ではあんまり見かけなかったので・・・。

それは違っていて、東京であろうと地方であろうと
「こういう夢を叶えたい」「社会をこう変えたい」という人はたくさんいました。

課題は、そういう人たちがマッチンづしづらいという状態です。
東京は人が多いし、人が集まる場所もイベントもありますが、地方はやっぱ少ない。
ネットが発達しててもリアルの場で集まる機会がやはり少ない。

ネットが発達してオンラインで繋がっても
やっぱリアルの場って重要

遊ぶことも、夢を叶えることも、社会を変えることも
一人でやるよりみんなでやる方が面白い

そういうやりたいことがある人が
気軽に集まれる場所にpolca食堂もなっていきたい。

夢というとすごく大きなことだけど
小さなやりたいことをみんなで叶える場でありたい。

polca食堂はまだまだ形が定まってません。
これでまだいいと思ってます。

今の所最適な形というのが見えてません、正直。

色々な人に刺激を受けながら形を変えて、
みんなの夢を応援できる場でありたい。

polca食堂の最新情報はこちら

polca食堂の運営メンバー募集はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
前田塁

サポートいただいた資金は、これからのpolca/polca食堂の活動の資金に活用させていただきます。これからも、いっぱい頑張ります!!!

前田塁
「株式会社サイバーエージェント/株式会社CyberZ」所属。200人を超える部員のCA料理部(部活)の部長。平日の夜/週末は主に料理活動。BASEPASTA公式アンバサダーなど。週末は恵比寿/六本木の飲食店運営。夢に向かって頑張ってる人を応援する"0円"食堂「polca食堂」運営