Rue de Ryu

『下着で自分をリスペクト』 心と身体によりそう ランジェリーサロン リュー・ドゥ・リュ…

Rue de Ryu

『下着で自分をリスペクト』 心と身体によりそう ランジェリーサロン リュー・ドゥ・リューです。メジャーを使わないフィッティングで”ハダカより心地よい”毎日身に着けたくなる下着を開発・販売しています。 https://www.ruederyu.com/

マガジン

  • ランジェリータイムトラベル

    元PRスタッフを担当していた☆子が、時空を超えて下着専門店リュー・ドゥ・リューの下着道にまつわるあんな話やこんな話をお伝えします。

  • 龍流下着論~龍多美子が語る 日本女性へのラブレター~

    ランジェリーサロン『RuedeRyu』オーナー龍多美子のコラム。 16歳でガーターベルトとストッキングに目覚め下着の世界へ真っすぐに進み、24歳で起業。以降現在に至るまで40数年間、日本女性の体と意識の変容に寄り添い続け、その愛に満ちたフィッティングで全国にファンを持つ。

  • 「生きること・つくること」インタビュー集

    Rue de Ryuに関わる本物を「創造する」方々にスポットをあててご紹介するインタビュー集

    • ランジェリータイムトラベル

    • 龍流下着論~龍多美子が語る 日本女性へのラブレター~

    • 「生きること・つくること」インタビュー集

最近の記事

  • 固定された記事

サイズについて

私たちのサイズの選び方は、少し変わっています。 それは、メジャーを使わないのです。 では一体どうやってサイズを測るの? と、思いますよね。 サイズは「測る」ものではなく、「感じる」ものなんです。 私たちの身体は千差万別。 誰一人として同じ身体の人は居ません。 一人一人がそれぞれ違う身体を持っています。 胴体の形も、丸い人もいれば平たい人もいます。 肋骨も左右が違っていて当たり前。 バストの形も千差万別で、左右で大きさも違います。 そんな人間の身体を、測った2つの数字だけ

    • ブラジャーを着こなす

      『リュー・ドゥ・リュー』が、親身になってくれる良さの一つに、 ブラジャーの選び方のみではなくお客様自身が装着して 「あー、なるほどー。こういう着け方をすればラクなのね」 と満足感を得るため一緒にフィッティングを練習し、無理なく着けられるように寄り添うことです。 『体得』していくお手伝いとでも申しましょうか。 龍は言います。 「ブラも生活の道具で消耗品。だから、いつだってさっと取り出せて、パット使いこなしてほしい」 ためらいは禁物なのです。 あなたのところにやってきた、ピ

      • メジャー(巻き尺)を使わないお話・その2

        「アンダーベルトとカップの数字にとらわれないでほしい」 この、龍のコメントは大事な事です。 テストにでるよ!というくらい『ブラジャー選び』に大事なこと。 1990年代の初期、10~20歳代に『C65願望現象』がおきたことがあります。 「アンダーは細いけれど、バストボリュームはCカップ。イケてるボディです!」 少しは言わんとしていることがわかります。 『ボン・キュー・ボン』のカーヴィー=ナイスバディのことですよね。 みんなが憧れる『そうなりたいスタイル』 龍はみんながC65

        • メジャー(巻き尺)を使わないお話・その1

          龍が1982年に、ブラジャーを中心とした下着専門店 『リュー・ドゥ・リュー』をオープンしてから、 一度もメジャー(巻き尺)を手にお客さまの胴回りを計測したことは ありません。 「そんなの下着屋さんなのに嘘でしょう?」 「カップもアンダーベルトも数字というものがあるのに、どうするの?」 お客さまの洋服を着た状態で、お店の扉を開けた瞬間に〔目測できる〕のです。 「こんにちは。初めまして〇〇です」ご挨拶のとき、龍の頭の中には、なにが浮かぶのでしょうか。 背の高さ、肩幅や肩の傾

        • 固定された記事

        サイズについて

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ランジェリータイムトラベル
          Rue de Ryu
        • 龍流下着論~龍多美子が語る 日本女性へのラブレター~
          Rue de Ryu
        • 「生きること・つくること」インタビュー集
          Rue de Ryu

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2.しめつけない下着の世界へようこそ

          40年前の下着業界は、世情を反映したファッションに寄り添うように、身体の曲線を強調すべく補正が主流。締め付けや圧迫をマックス感じる下着が多かったのです。でも、私どもは、その矯正・補正の選択はしませんでした。 本当に受け入れられる下着じゃないと、長続きしないことを本能的に知っていたのです。もちろん、仕入先として、インポート下着を輸入代理販売する会社が増えていた幸運はありましたが、フランス製、イタリア製の瑞々しいランジェリーをお客さまにご紹介しフィッティングいただくよろこびを感

          2.しめつけない下着の世界へようこそ

          1.リュー・ドゥ・リューはこんな下着専門店です

          創業は1982年6月。 渋谷区の代官山・八幡通りに10坪でスタートしています。 この頃から21世紀になっても変わらない理念は、 ●女性であることを身体ごと愛しむこと ●下着は自分の心と身体を整える心地よりツールであることを体感し、持続していただくこと ●ご縁があった方、おひとりおひとりの人生を応援するために、下着でお手伝いをすること ●地球環境、自然、衛生面においても、やさしさに配慮した営業を心掛けること 現在、吉祥寺駅からほんの数分の距離、静かで居心地のよいビルの一室で開

          1.リュー・ドゥ・リューはこんな下着専門店です

          「心とカラダ大事なことは下着から教わった」~タミコラムのバトン~

          ☆☆☆イントロダクション☆☆☆ こんにちは。 みなさまお元気でいらっしゃいますか? 下着専門店「リュー・ドゥ・リュー」です。 創業から41年。代官山から出発し、現在は東京・吉祥寺でオリジナル製品のブラジャーを中心に製造・販売しています。 女性にとって大切な胸もと、ブラジャーにおける心身のケア、的確なフィッティングに信頼をいただいております。東京へお越しになれない方のために全国17か所で販売会もしています。そんな当店の明るく魅力の詰まったお話を記事にして発信していきます。こ

          「心とカラダ大事なことは下着から教わった」~タミコラムのバトン~

          リュー・ドゥ・リューとは

          今から40年ほど前に代官山でリュー・ドゥ・リューは誕生しました。 始めはヨーロッパを中心とした海外のランジェリーブランドをメインに取り扱っていましたが、ある時、「この先インポートの下着だけではやっていけない時代がやって来る」と感じ、2008年からオリジナルのブラジャーを作り始め、現在は90%を占めるまでに至っています。 目指していること 私たちが目指していることは、 「全ての女性が、自分の魂が描いたビジョン通りの身体に戻るお手伝いをする」という事です。 これは、「人間は、

          リュー・ドゥ・リューとは

          生きること。つくること。 ー竹越 夏子ー

          今回は 画家 竹越 夏子さん のインタビュー。 『自分の感覚を信じること』 を絵画を通して 多くの女性へ伝えています。 ― そもそも、最初に来店したのは? 竹越夏子(以下、竹越): 最初は18歳の頃、 バイトしてる時に、八幡通りにあったお店に行ったんです。 その時はラ・ペルラを買いました。 龍多美子(以下、龍): ということは、もう30年ですね。 竹越:はい!それで本を買って、 あのお店は龍さんのお店だったんだって知って 恵比寿のお店に行きました。 龍:なるほ

          生きること。つくること。 ー竹越 夏子ー

          生きること。つくること。 ー黒田 寿美ー

          今回は フリー美容師・ヘアメイク 黒田 寿美さん のインタビュー。 『なりたい私を自分でつくる』 をテーマに、 多くの女性の美を輝かせています。 ― そもそもの出会いは? 龍多美子(以下、龍): 黒田さんと出会ったのは確か… 私の新規セミナー(※リュー・ドゥ・リュー開催のご新規様セミナー) に来てくださって。 あの時は、どうして 参加しようと思ったんですか? 黒田寿美(以下、黒田): お客さまからご紹介いただきまして。 龍:今、メイクアップのお仕事をなさっている

          生きること。つくること。 ー黒田 寿美ー

          生きること。つくること。 ー 和田 尚美ー vol.2

          ― 「美しい私」に、気づいてほしい 龍:ちなみに先ほど手帳を開いてみてみたんですが、 最初にNAOさんがRdRに来てくれたのは 2017年の9月20日なんですね。 それ以来、 一日も他の洋服は着ておりません。 NAO:ありがとうございます。 このたび30枚超えを達成していただき おめでとうございます。笑 龍:気がついたらスカートが、30着を超えてました! 本当に究極ですよね。 究極的に女性の身体を本当に綺麗に、 女の人の本質的な色っぽいところがちゃんとでる感じ。

          生きること。つくること。 ー 和田 尚美ー vol.2

          生きること。つくること。 ー 和田 尚美ーvol.1

          第三回は 龍とも親交の深い ファッションデザイナーの NAO 和田尚美さん。 麻という素材で、 女性が美しく・麗しく・気品ある輝きを放つ そんな洋服づくりを探求しつづける NAOさん。 その、こだわりとヒストリーを 2回に渡ってお届けします。 ― 洋服をつくりはじめたきっかけは?龍多美子(以下、龍): まず、NAOさんが洋服をつくりはじめたきっかけ ってお伺いしてもいいですか? NAO:リカちゃん人形ですね。   きれいなハンカチをスカートにしたり、 毎日着替えを用

          生きること。つくること。 ー 和田 尚美ーvol.1

          生きること。つくること。 ー 松田ひろみー

          第二回目は 天然石の意志を受け取り 「石が在りたい姿」を実現する、 見えない存在と自分を繋ぐジュエリー を「創造」していらっしゃる 松田ひろみさんです。 ― ジュエリー制作をはじめたきっかけ 龍多美子(以下、龍):ひろみさんがジュエリーを作りはじめたきっかけって何ですか? 松田ひろみ(以下、松田):その時は、今後歳をとっていっても自分でできることを探していて、何か手に職をつけたいと思っていました。 それでたまたま「あ!これ!」と感じて。 特に目をひくお教室があった

          生きること。つくること。 ー 松田ひろみー

          生きること。つくること。 ー鷹美ー

          第一回目は キャンドルアーティストとして、 「本来の自分に還る灯り」 をテーマに「創造」していらっしゃる 鷹美さんです。 龍が一瞬で心を奪われたほど幻想的で、 エネルギーに満ちたキャンドルは 現在、Rue de Ryuの店舗でも澄んだ光を放っています。 そんなキャンドルがどのように生まれ、 人生にどのような影響を与えているのか。 その秘密を伺いました。 ― キャンドルアーティストの道を選んだきっかけ 龍多美子(以下、龍):まずは、鷹美さんにとって「なぜキャンドルだったの

          生きること。つくること。 ー鷹美ー