見出し画像

真夏の奈良旅(後編) #おうち旅行

えみさんのこちらの企画に参加させていただいています。

前編は、こちら
中編は、こちら

旅レポって難しいですね。(なんでも難しいんだけど)
この楽しさ、伝わっているのでしょうか……

いかんいかん、気を取り直して、後編いきます!

「次は、破石町(わりいしちょう)です」
バスのアナウンスが聞こえました。
「え、ここ? ここだっけ? あ、通り過ぎた……」
次の目的地は、新薬師寺。
奈良県庁前からバスに乗り、破石町(わりいしちょう)で降りるはずだったんですが、Mちゃんとのおしゃべりに気を取られ、あっという間に破石町を通過。
慌てて、次のバス停で降りました。

バスを降りて目の前にあったのは、奈良教育大学の門。

画像4


地元の徳島大学と雰囲気が似ていました。地方の国立大学感に親近感。
ちなみに、私が学生だったころ、徳島大学のそばにあったのは、お寺ではなく市立動物園でしたが。(今は空き地) 歴史の長さと文化の違いを感じます。

画像5


あやうく大学の構内に迷い込みそうになり、慌てて引き返し、Googleマップで経路を検索。
新薬師寺は、奈良教育大学のすぐ近くにありました。
むしろ、破石町でバスを降りるより、近そうです。

民家の間を、歩きます。
風があって涼しいので、歩きやすい。おしゃべりしながら、お散歩気分。
出発してから、ずっとしゃべっているのですが。

画像3

到着しました。
国宝の十二神将立像があるお寺「新薬師寺」です。

画像4

新薬師寺のHPによると、「新」と付いていますが、「新しい」という意味ではないそうです。

🌸西ノ京 薬師寺との違い
新薬師寺の建立は西ノ京の薬師寺よりも新しいのですが、新(新しい)薬師寺という意味ではありません。
新は、あらたかな、霊験あらたかな薬師寺という意味合いがあります。

画像5

入り口でパンフレットをいただいて、いざ参りましょう。

こちらのお寺は、名前のとおり薬師如来を祀っているお寺。薬師如来は、左右に日光菩薩と月光菩薩と、さらにそれらを守る十二神将を従えています。なんと十二神将1体につき7000人もの眷属(部下)を率いて、薬師如来の世界とそれを信仰する人えお守っているんだそう。かっこいい! 

本堂に入ります。
仏像の写真撮影は禁止でしたので、写真をお見せできなくて、残念です。


もちろん十二神将は、こちらのお寺だけじゃなく日本中にあるので、先ほどの興福寺の国宝館にもいらっしゃいましたが、こちらのお寺の十二神将像が日本最古だそうです。

本堂の中は、薄暗くて、ひんやり静かです。
先ほどまでいた興福寺のような賑わいはなく、しんとしていて、穏やかな時間が流れていました。
本堂の真ん中には、本尊薬師如来坐像、その周りを360度取り囲むように、十二神将がこちらに睨みを