書評 noteではじめる 新しいアウトプットの教室 コグレマサト、まつゆう


著者の両名ともに、インターネットでの情報発信をその草創期から続けている。ソーシャルメディアのいわば草分けとしての役割を担ってきた2人が、この「note」を使って、楽しく長く続ける情報発信の方法を、紹介している。14年にスタートしたこのサービス。自分が始めたのは3年前だが、著名人がやり始めるようになって、新たなクリエイターが出てきたりしたのは、ここ1~2年のような実感がある。

「note」がこれまでのブログやSNSのサービスに見られなかった最大の魅力は、有料サービスの機能が付加されていることで、多くのクリエイター、あるいは一般の人たちの情報や表現が、容易にマネタイズできる仕組みは備わっている点である。同書では、実際に「note」を通じて、実績を残した人たちのインタビュー記事も載せている。

文章の書き方、さまざまな機能など、実は小生も利用しながら、まだ無知だった点が多々あった。今後の情報発信に活かしていこうと感じた次第。

#書評 #note  #ソーシャルメディア #情報発信


ありがとうございます!うれしく励みになります。
8
42歳でnoteを始めて、ここ数年で本格的に発信。情報を見つけてはアウトプット。 最近は、情報発信研究所というサイトも立ち上げました。 https://www.ziyouhouhattushinken.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。