Akio_FUJIMURA

鹿児島のローカル放送局所属。2019年3月~4年ぶりに東京から鹿児島へ戻る。今担当しているお仕事では、地域の市町村の皆さんとお話する機会が多かったり、テレビやラジオといった電波よりも企画系が多め。 check!→かごしま暮らしhttps://kagoshima.life/

Akio_FUJIMURA

鹿児島のローカル放送局所属。2019年3月~4年ぶりに東京から鹿児島へ戻る。今担当しているお仕事では、地域の市町村の皆さんとお話する機会が多かったり、テレビやラジオといった電波よりも企画系が多め。 check!→かごしま暮らしhttps://kagoshima.life/

    最近の記事

    いまこそのオンライン。かごしま暮らしを考えるきっかけの場を考えました。

    GWぐらいから考え始めて、若干時間がかかりすぎましたが、実施にこぎつけました。 会社で運営している鹿児島の移住・定住促進のためのウェブマガジン『かごしま暮らし』が主となって、鹿児島への移住についての情報提供を行う場としてオンラインの移住相談会イベントを開催します。 https://kagoshima.life/3679/ ちょっと長いですが、 移住というキーワードに携わって2年目、大小おもうところもわりとあるのでイベント実施にあたって少しだけ考えをご紹介します。 今年

      • 【思うこと】足元であわあわしている中で・・

        COVID-19拡大の中、 いまなにができるのかという目線でいろいろな領域で様々なことが行われている。足元でどうしよう、やばいね、どうなるんだろうと情報に振り回されつつあわあわとしている中で、もちろんまだまだ遅くないんだけど、できることの体現をいち早くしている人たちがしっかりいて、複雑な心境になってしまう。 在京で、実際にその情報を掴んで足を運んで初めて参加できるイベントの数々が、オンラインでいろいろ参加できる。地域と地方の境目がデジタルによってどんどん薄くなる。でも同時

        • 【鹿児島】ひおき旅暮らしモニターツアー 当たり前の豊かさ

          2020年2月、セカンドふるさと候補#1の鹿児島県日置(ひおき)市で、 「もうひとつのふるさと」という目線を大事に企画されたツアーを開催、Webで告知をして関東から3名の方々が2泊3日で「ひおき旅暮らしモニターツアー」を体験しました。 私は鹿児島県のテレビ・ラジオ局(MBC南日本放送)所属でセカンドふるさとプロジェクトにある山口さんや渡辺さんの旅の段階から携わりました(お二人には素晴らしい記事を書いていただいてありがとうございました!) 日頃は旅行ツアーの企画なんてテレビ

          • はじめるにあたって

            転勤で2015年から4年間東京に行っていて、2019年から鹿児島に戻りました。今の部署で割合忙殺ぎみだった1年を思い返してみると、仕事上でもあったけど知らなかった地元の姿を硬軟取り混ぜて見せつけられた1年だったなぁ、と。 有り体に言うと総じて鹿児島の豊かさに関係する体験を多くすることができたという話ですが、正確に言うと自分が関わった範囲で気持ちが、視覚が、味覚が豊かになったと感じた場所や体験が鹿児島だった、という方が正しいかもしれません。 キーワードは豊かさ。 せっかくな