よるべなき

短編小説・ショートショートをメインに執筆中。皮肉・ジョーク・ブラックユーモアを好みます。
固定された記事

事実は小説より奇なり

 今村(いまむら)が探偵になるための専門学校の存在を知ったのは、刺激を求めて転職を考え始めたころだった。  中小零細企業で事務職として働いていた彼は、日々の退屈…

うらはら

 子供の頃は、ルールに従っていた。  誰かが決めた「正しいこと」を守り、「正しくない」ことを淘汰した。  大人になって、空気の読み方を学んだ。  空気にはフリガナ…

おぼんぼんぼぼん

「故人の墓参りは、何のために?」 ふと、自分の中に疑問がわいた。 お墓には昔から、何かしらのタイミングで行っている。 「今日は誰々の命日だから」 と親に言われたタ…

エゴ

 君に何かしてあげたい。  そう伝えると、「あなたはあなたのためだけに生きていい」と君。  はなから自分のためだ。  君に何かをしてあげたい。君に何かをしてほしい…

ケンカするほど仲が良いというが、あれは。

 ケンカするほど仲が良いという言葉がある。  その言葉自体を信じるのは良い。少年誌の漫画とかで、主人公サイドにしょっちゅうケンカしているペアが現れたら、もれなく…

自分勝手

 あなたって、自分勝手ですよね。  だって、そうじゃないですか?  勝手に人のnoteを読みに来て、初めの数行でブラウザバックしたり、「いいな」と思ったら「スキ」を付…