ピルスト(文フリ東京)

どうも、ここは文学倉庫です。日の目を見ることのない創作物が、無造作に積み上げられています。地下室の文学ですが、地球で最も健全です。
固定されたノート

プールの主 短編小説

1.子どもたちA,B,C  父親は、休日は何も考えたくはなかったし、家から一歩も出たくなかった。ベットの上で食事をとり、あとはずっとNetflixで海外ドラマを見ていたかっ...

日曜通信 WORK1 について 文学フリマ東京

11.24文学フリマ東京まであと少しです。今回出品させていただく「WORK1」は、文芸誌のパロディという一風変わった形式をとっています。この場を借りて、目次と、その内...

高貴なる人 短編小説

1.ノブレス・オブリージュ  noblesse oblige   身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフ...

高貴なる人 第5話 完結

5.評価  彼にとって良かったことといえば、事故死したことで、世間から英雄視されたことである。加えて、そもそも実現させるつもりのなかった、幼稚な正義論が死後机か...

高貴なる人 第4話

4.魂を高める方法  経済的な不安はもはやなかった。加えて彼は女という性を征服したつもりになっていたので、性に対する不安もなかった。この時点で彼は、すべての不安...

高貴なる人 第3話

3.ミニマリズム  豊かさを誇示する最も効果的な方法を教えよう。それは、身の回りのものを、手当たり次第にすべて捨てることである。ゴミ箱に捨てられていくのは、まだ...