190804_少女は花を飾るように_タイトルロゴ

少女は花を飾るように。

深緑、幾千の時降りつむ常盤の森。神域、屋久島の白谷雲水峡に行った。友人が選んでくれた、緑と橙の髪どめを正装がわりにつけて。

光の帯漂う清流。竜の通り道のような苔の大空間。踏みしめるたび感じた。神はいるのだ、と。

慈悲深い自然に包まれ《ありがとう》と声をかけながらの行軍。

(御守が欲しいな)

──小石をひとついただけないだろうか?

神に問う。

こういうのは神域から無断で持ち帰ってはダメだ。“呼びあう石”を探した。最後までわたしを呼ぶ小石はなく、太鼓岩までの険しいルートから、霧に包まれての下山。やっと現世に戻ってきた。


「あれっ?髪どめは?」いつの間にか消えていた。

──何故だか髪の長い少女が髪どめをつけ、嬉しそうな幻影が視えた。

「多分…」落としたのではなく、これは…。
わたしのブーツのソールには、小石がひとつ、きらり。

《すてきだったから》

永遠の森が手を振る。小さな神がいたずらっこみたいに笑った気がした。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートの収益金は画材や取材費などの必要経費にあてさせていただいております。全力で作品でお返ししますので、どうぞよろしくお願いします。

*末吉*釣った川魚に「俺には妻も稚魚もいるんです」という顔をされた
29
noteでは仕事以外の文章や交流がメイン活動になっています、ご理解の上フォローを。*Thank you for not reposting without permission! *自己紹介と仕事受付窓口→https://note.mu/rk666/n/nee97e3f536da

こちらでもピックアップされています

星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
  • 32本

地球町《あおやねちょう》の道端で拾った、ちょっと不思議な掌篇を収録。短編や読み切りばかり載ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。