見出し画像

XTechに新卒デザイナー第1号として入社します。


この度、XTech株式会社に20卒デザイナーとして入社することになりました。

つまり、あと2ヶ月で入社というこのタイミングで就活を終えました(笑)


なぜこのような遅いタイミングで就活をしていたのか、なぜXTechに入社するに至ったかなどを書き記していきたいと思います。


19卒ビジネス職で就活をしていた

私は去年、ビジネス職で就活をしていて、人材ベンチャーに営業として入社する予定でした。
それを辞退してしまったのが、ちょうど去年の今頃です。

早稲田大学にもう一年伸ばして在学する決断をし、デザインの勉強を独学で始めました。
(詳しい内容は下記のnoteをご覧ください・・・!)


なぜこんなに就活するタイミング遅い?


私は、もともと「デザインが好き!」とか、「アートが好き!」とかではなく、下記の2つをキッカケにデザインの沼にはまっていったんですよね。

大学卒業前(2018年12月)に始めたyoutubeの運営をきっかけに、Adobeに初めて触れ、サムネイル作りや動画編集の勉強を始めたこと

同時期に、「社会人になる前にちょっとパワポとか特訓しとこ〜」という軽い気持ちで、『社内プレゼンの資料作成術』『PowerPointスライドデザイン』『伝わるデザインの基本RULE』などの本を読んだこと


そんな経緯なので、それが自分の中での”一時的な興味”なのか、なかなか分かりませんでした・・・
とりあえず、その時は楽しくて、ただ、がむしゃらに勉強していました。

そして、LUUP🛴でデザイナーインターンをさせてもらったり、個人的にお仕事を頂いたりと、実際にデザイナーとして働く中で、やっと自分の中でデザイナーの道に進んでいく決意が固まったのが秋頃でした。


デザイナー就活どうだった?


私大ということもあり、周りにデザイナー就活している友達がなかなかいない!!!
何をどう初めて良いかすら分かりませんでした(笑)

そこで、デザイナーの先輩方や社会人の方に連絡しまくり・・・
Cocoda!のココディーさんクックパッドのちょねださんTRIVE GROUPの原田さんなどは実際にお会いして相談に乗っていただき、グッドパッチの佐宗さんCocoda!のヒロキ君なども、オンラインで相談に乗ってもらいました・・・
ガイアックスの流さんアトラエの三上くん、他にも沢山の方のお力をお借りしました・・・この場を借りてありがとうの気持ちを伝えさせてください😭)

そして合計20社くらいの企業に話を聞き、6社のインターンに参加しました。

デザイナー就活の詳細、インターンの体験記などについてはまた後日振り返りと共にnoteにまとめようと思います。


XTechとの出会い


デザイナー就活を始める時に、bosyuを活用してこんなツイートをしました。


このbosyuからツイッターで連絡をくださったのが、XTechの人事のいずみさんです。

そして、facebookにも同じ投稿をしたところ、XTech代表取締役CEOの西條さんが連絡してくださいました。

なんと、西條さんとは、Skyland Venturesの木下さんが2018年に企画してくださった早稲田起業家養成講座の飲み会の時にお話したことがありました。

なんと、すごい偶然・・・😳😳😳😳

そして、何度かお話したり、Radiotalkのメンバーの方々とランチに行ったり、インターンをさせていただいたりする中で、XTechに入社したいという気持ちが高まり、入社を決意しました。


XTechってどんな会社?


Wantedlyの文章を抜粋すると、

既存産業×テクノロジーで、多発的・非連続的にスタートアップを創出し続けるスタートアップスタジオ” 

です。西條さんが去年設立した会社で、エキサイトを買収して経営を再建したり、Radiotalk株式会社やクロスマート株式会社、イークラウド株式会社などの子会社を設立したり、『3ヶ月に1社』のペースで新規事業を創っている会社です。


なぜXTechに入社するのか


理由は沢山ありますが、箇条書きで簡単にまとめると以下になります。

既存サービスの改善、新規サービスの立ち上げの双方に携われること
デザイナーの枠を超えて、他の職種や領域も経験できること
ビジュアライズだけでなく、上流からデザインに携われること
幅広い事業に携われること
ロールモデルとなるようなデザイナーさんの元で働けること
(Radiotalkのデザイナーさんで、スキル面だけでなく、思考性も自分が目指しているデザイナー像と合致していた)

他にも・・・
Radiotalkへの魅力
(熱狂的なファンコミュニティを形成している点や、ポッドキャスト市場の伸び)
人や社風への魅力(熱量が高く優秀な方々と働ける点)


私が目指しているデザイナー像は、

”数値に結び付くようなデザインのできるマーケ視点、経営視点のあるデザイナー”
”ヒトの想いなど抽象的な概念をカタチにできるデザイナー”

で、将来的にはリードデザイナーを担えるようになりたいなぁと考えています。
その為には、実際に自分がデザイナーの域を超えて、広い視点から俯瞰してデザインができるようになる必要があります。

猛烈なスピード感で新しいプロダクトを創っては壊す、その中でデザイナーの枠に留まらず、幅広いことにチャレンジさせていただける環境は私にとって、とっても魅力的でした。

デザイナーとして、既存プロダクトや新規プロダクトに携わりつつ、ビジネのことも勉強していきたい所存です・・・

内定承諾した後に、人事のいずみさんがこんなツイートをしてくださっていて嬉しかったです・・・!

友達などに報告すると、
『りおらしい選択!』『面白そうな会社だね〜!』など言ってくれてそれもまた嬉しかった・・・


そして、人間としては、

"ロジックとエモーショナルが共存している"

人の痛みとか想い、感情に寄り添えて、人としての温かさを持ちつつも、発言には全て筋が通っていて、納得感や信頼感のある

そんな人間になりたいです。


最後に


4月から入社ということで、なかなか成果に結びつかないことも、失敗してしまうことも、期待に応えられないことも、沢山ご迷惑をお掛けしてしまうこともあるかと思いますが、「採用してよかった」と思ってもらえるように、死ぬ物狂いで頑張りますので、関係者の方々、何卒宜しくお願いいたします・・・🙇‍♂️

また、いつも仲良くしてくれている方や、お世話になっている方々、こんな私ですが今後とも宜しくお願いします・・・!

そうじゃない方も、気軽にランチやお茶でもいきましょう〜!
平日は東京駅で働いています!



新規事業創りやXTechに少しでも興味を持っていただいた方は、形態や職種問わず、wantedlyから気軽にご連絡ください!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぜひ、お茶やランチでもしましょう・・・!

うれしいです!仲良くしてください・・・❤︎
58
早稲田大学5年生 / UI.UX designer / 心理学 / 日々考えていることや過去、想いの自己開示 / デザイン関連の学びのアウトプット
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。