”藤崎 里菜”になるまで①

電通に契約社員として入社する以前、
グラビアアイドルとして活動していました。


でもこれが全く売れなかった!!


水着になることが嫌いで、
グラビア撮影は大嫌いでした。

嫌々やっているところや
振り切れていないところを見抜かれたのか…
本当に全く売れませんでした…。苦笑



遡ること、中学生。
私はドラマ・映画・CMのエキストラや、
ファッション雑誌の読者モデルなどをしていました。

スカウトされたことがきっかけで、こういうお仕事を始めたのですが、
元々引っ込み思案で人前に出るのが恥ずかしいタイプだったので、
芸能活動には興味がありつつも、「目立ちたくない」「学校の友達に知られたくない」という理由から、あえて目立たないエキストラの仕事ばっかりしていました。

芸能界という表に出る仕事をしているのにも関わらず、
誰にも知られたくない・目立ちたくないという。

超矛盾していました。笑



その後、高校生の時にとあるバラエティー番組のオーディションに受かり、
初めてちゃんとテレビに映り、喋り、
それが私の地上波デビューでした。


その後、グラビアのオファーがあり、
高校を卒業後、本格的に芸能活動を始めました。


その頃の私は芸能界に無知で、
グラビアがどんなものかも全くわかっていませんでした。

ただ漠然と、
「水着を着て砂浜を走るんだよね?」くらいのイメージでした。

当時バラエティーで活躍していたグラビアアイドルは
若槻千夏さん、小倉優子さん、南明奈さん、スザンヌさん、佐々木希さんなど。

みなさん可愛くて華やかで面白くて、
グラビアアイドルというものに嫌なイメージはありませんでした。


本当は、モーニング娘。さんやAKB48さんのような
歌って踊るアイドルグループに憧れていて、アイドルとしてデビューするのが夢だったのですが、
形は違えど、グラビアアイドルも”アイドル”

売れれば、自分がやりたいことができるようになるだろうし、
最初は自分の長所を活かしてグラビアで活動して、
売れたら、歌ったり踊ったりさせてもらおう!!
と思い、グラビアデビューを決意。


本当のグラビアの世界を知らずに、

そうして私はグラビアアイドルになりました。



②に続く




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!よければシェアもお願いします(*^-^*)
19
女優/タレント/グラビア ♦映画「どうしようもない恋の唄」主演ヒナ役 →映画予告編YouTubeにて1650万回再生 →ツタヤレンタルランキング2位 ♦写真集「first」「blossom」(講談社) ♦2019年度 講談社デジタル写真集 総売上1位 ♦ドラマ出演、雑誌多数掲載