見出し画像

きっと誰かがみている。

ときどき、本当に作品を見てくれてる人がいるのか不安になることがある。

作品を発表してるから、やっぱり誰かには見てもらいたいと思っているし見て欲しいから作品たちを送り出すのだけれど。

だから作品を楽しんでもらえたのが分かった時は嬉しいし、作品を気に入って手元に置きたいと思ってもらえるのはもっと嬉しい。

ときどき不安になるけれど、それでも作品を描くことをやめたりはしないし、自分の感覚を具現化することがやっぱり楽しいんだ。


作品がまた一つ完成したので、新しい作品を描きはじめる。まだラフ、下書きの段階だけれどいい感じに距離感がだせそう。
最近は前にも増して絵の中の「空間」を意識している。
絵はあちらとこちらを繋ぐ窓で、絵と対面した時にだけ繋がれる…そんなイメージでいる。
だから自分で描いた絵だけど、繋がれた時は嬉しいんだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございました。 こちらからのサポートは、黒木リンの作品制作のために使わせていただきます。

黒木です!ありがとうございます!
6
画家|つけペンと墨を使い、和紙に描くペン画を制作しています。|展示会✒︎ 2020年12月 第10回 創作表現者展(DORADO GALLERY/東京) 個展✒︎2022年1月|web site→ http://blackxgiraffe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。