見出し画像

「有効性95%」重症化も防ぐ米モデルナの新型コロナワクチン中間解析

先ほど発表された、モデルナの新型コロナワクチンの中間解析結果をまとめ、ファイザー・ビオンテックのワクチンと比較しました。治験が終わり、実際に接種されるまで分からないことはたくさんありますが、先日のファイザーとビオンテックのワクチンに続き、希望を感じさせるデータです。

「90%超に効果」独スタートアップ発ファイザーが開発する新型コロナワクチンの発表が意味すること
今は言ったもの勝ち?ロシアなど世界の新型コロナワクチン開発者たちの言い分

から続けてどうぞ!

11月16日、日本時間21時、米アレルギー・感染症研究所(NIAID)とともに新型コロナワクチンの開発を進める米モデルナが中間解析の結果を発表した。モデルナのワクチンは先日、「90%超の有効性」との中間解析を発表したファイザー・ビオンテックと同じ、mRNAワクチンという新しい種類のワクチンを開発中である。

先週11日には、「中間解析を出すのに十分なデータが出そろったので、今月中にも発表する予定」としていたところ、5日後の今日、さっそく中間解析が発表されたことに世界はまた驚かされた。

リリースによれば、3万人の参加者のうち95人でおきた新型コロナ陽性例に基づく解析の結果、同社が開発中のワクチンの有効性は 94.5% (p <0.0001)だった。ファイザーのデータ94人よりもわずか1人分だけ多いデータに基づき、90%超に対して94.5%とわずかながら高い効果を示したことになる。感染者が151人になり、2か月の経過観察が終わり次第、緊急承認申請(EUA)を行う予定だという。

モデルナの発表がファイザーの発表と大きく異なるのは、

この続きをみるには

この続き: 1,236文字
記事を購入する

「有効性95%」重症化も防ぐ米モデルナの新型コロナワクチン中間解析

村中璃子 Riko Muranaka

498円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
11
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。