見出し画像

今は言ったもの勝ち?ロシアなど世界の新型コロナワクチン開発者たちの言い分

ファイザーとビオンテックが開発中の新型コロナワクチンは「90%超の効果」と発表したのを受け、今までは企業秘密として不透明な部分の多かった他のグループの新型コロナワクチンの開発状況も次々に明らかになっています。ロシアで緊急承認された「スプートニク」、ファイザー・ビオンテックと同じくmRNAワクチンを開発中の独キュアバックや米モデルナなどの動向についてまとめました。

11月9日(先週月曜)、米製薬大手ファイザーと独バイオベンチャー「ビオンテック」の新型コロナワクチンの中間解析で「90%超に有効」との結果が得られたと発表とされたのを受け、各国の新型コロナワクチン開発グループはこの1週間で競うようにリリースを出している。

一番乗りはロシアだった。11日、8月にロシアで緊急承認され、プーチン大統領が娘にも接種したと発表した新型コロナワクチン「スプートニク」について、「92%の予防効果が確認された」と発表。筆者は、ランセット誌の編集長リチャード・ホートン氏のツイッターでそのことを知ったが、リリースを読んでみると、解析の対象となった感染者はたった20人だった。

この続きをみるには

この続き: 1,537文字
記事を購入する

今は言ったもの勝ち?ロシアなど世界の新型コロナワクチン開発者たちの言い分

村中璃子 Riko Muranaka

498円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
6
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。