見出し画像

⑥すでにHPVに感染している人がワクチンを接種すると病変が悪化する?

子宮頸がんワクチンの接種率が上がっていることを問題視し、市議会で質疑が行われた茨城県つくば市での市民公開講座の方、無事終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

画像1

会場には次のノーベル賞受賞が有力視さていれる筑波大学の柳沢正史先生も駆けつけてくだったほか、懇親会では、子宮頸がんワクチンを開発した功績でノーベル賞受賞のツア・ハウゼン医師に師事した吉川裕之先生から、ノーベル賞受賞に至るまでの数々の秘話も聞くことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

科学に正面から向き合う、本物の科学者たちの物語というのは本当に熱く、刺激的です。

講演には質疑を行った小森谷議員と生活ネットの関係者の皆さんも参加されたとのこと、大変うれしく思っています。ありがとうございました。

今日は「子宮頸がんワクチンは不要だという政治家の皆さんへの回答」の6回目です。

今日の質疑はこちら。

Q. すでに感染している人がワクチンを接種すると病変が悪化するという報告がある。16・18型だけを防ぐと他のがんになりやすい型のHPVが増えるという報告もある。(だからワクチンは要らない)

A. 

この続きをみるには

この続き:1,306文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
興味ある質疑について単体でご購読していただくこともできますが、疑問や不安をすっきりまるごと解消したいという方には、マガジンがお勧めかつお得です。

「定期接種なのに接種率0.3%」という子宮頸がんワクチンについて、最近では、政治家もアクションを取るようになってきました。副反応だと言...

または、記事単体で購入する

⑥すでにHPVに感染している人がワクチンを接種すると病変が悪化する?

村中璃子 Riko Muranaka

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

実質無料の記事もありますが、正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです。

スキありがとうございます。
10
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。