見出し画像

新型コロナワクチン、「安心」を最優先して失敗したフランスの経験から学ぶこと

新型コロナワクチン、日本挽回のチャンスを潰す「練馬モデル」の背景」の続きで完結編です。

欧州でも特に自然志向で、反ワクチン傾向が強いことで知られるフランスの新型コロナワクチン接種状況を見てみよう。

下のグラフは、1月14日現在の「今週新型コロナワクチンが接種できるのであれば接種しますか?」という質問に答えた人の割合を示した国別グラフだ。

Our World in Data より
「今週新型コロナワクチンが接種できるなら、あなたは接種しますか?」

画像2


「はい」と答えた人の割合は、日本で36.7%、フランスで29.8%。

フランスは、日本とは比較にならないほど深刻な新型コロナの流行を経験しているにもかかわらず、「反子宮頸がんワクチン国家」の誉れ高い日本よりもさらにワクチンの受容度が低いことが分かる。

そこでフランス政府がとったのは、国民に「安心」を保証する、ある政策だった。

接種者は

この続きをみるには

この続き: 1,844文字 / 画像2枚
記事を購入する

新型コロナワクチン、「安心」を最優先して失敗したフランスの経験から学ぶこと

村中璃子 Riko Muranaka

498円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
19
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました