見出し画像

テレビ局のこと

記事の更新が少しゆっくりになっており、申し訳ありません。

深夜にWHOの会見を聞いて、朝にトランプ大統領やCDCの会見聞いて、論文読んで、ニュース読んで、打ち合わせてして、テレビに出て、取材して、取材を受けてとやっていると、睡眠時間をどんなに削っても、書きたいことは山のようにあるのにアウトプットの時間が足りません。

不安を反映しているのでしょう。
テレビ出演の機会が増えたため、色んな人の目に触れるからでしょう。

自説にあわないコメントをすると攻撃的になる人、話の一部だけ切り取って文脈を無視する人、何を言っても政権批判か政権擁護に取る人、ただ罵声を浴びせたいだけの人などがたくさんいて、精神的にも少し疲れてきました。

世界が戦いを挑まれている、人類未経験のウイルス。
その姿があらわになるにつれ、昨日までの常識は今日のデータに、毎日塗り替えられていきます。

パンデミック対策の基本は、命と生活の両方を守りながら、流行段階に応じてやることを変えていくことです。

どんなに優れた専門家が集まっても、昨日の常識を見直しながら、それを無駄なく実践していくのはとても難しい作業です。

パンデミックを終わらせるための満点解答は見つからなくてもベターな解答を、少なくともその時点でのベストの答えを、いま世界中が探しています。

この続きをみるには

この続き: 3,543文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
最近は新型コロナときどきワクチン、その他あれこれで、頻繁に記事を更新しています。これを機会に是非ご購読ください。

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
41
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。