見出し画像

子宮頸がんワクチンの積極的接種勧奨停止から6年。守れる命を守る会、記者会見のお知らせ

今月14日で子宮頸がんワクチンの積極的接種勧奨の一時差し控えから6年。「一時的」と言われていたにもかかわらず、差し控えは6年にも及び、2016年には証明されない薬害に対して国が訴えられる事態にまで発展しています。勧奨停止から6年となる前日の13日、子宮頸がんワクチンの危険性を主張する医師から私に対して起こされた裁判をきっかけに発足した、科学的言論を守るための団体「守れる命を守る会」が厚労省記者クラブで会見を行います。


守れる命を守る会に公開された、会見の案内のリンクはこちらです。

この続きをみるには

この続き: 0文字
記事を購入する

子宮頸がんワクチンの積極的接種勧奨停止から6年。守れる命を守る会、記者会見のお知らせ

村中璃子 Riko Muranaka

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
11
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

こちらでもピックアップされています

村中璃子、ちょこっと読み。
村中璃子、ちょこっと読み。
  • ¥980 / 月

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。