見出し画像

【バイオ銘柄・株式投資】2019年に資産を10倍にする参考書【保存版】

【更新履歴】
◆ 2019年1月28日(初版) ※10部限定:
 【1.儲けるための基本知識】【2.大きく勝つ方法論】【3.大局視点の重要性①②】までを執筆
◆ 2019年2月8日(第2版) ※10部限定:
 【3.大局視点の重要性】を追記
◆ 2019年2月9日(第3版) ※10部限定:
 【4.銘柄のリサーチ方法】を追記
◆ 2019年2月11日(第4版)
 【コラム+α】を追記。2019年に大きく儲けるバイオ銘柄2つを紹介
◆ 2019年2月24日(第5版) ※20部限定:
 【コラム+β】を追記。投資歴10年の中でも失敗理由を公開
 【コラム+γ《サイエンス付録》】を追記。大手製薬の思考から逆算
◆ 2019年3月2日(第6版)
 【コラム+Δ】を追記。現時点の僕の株式保有状況を公開・解説
◆ 2019年3月10日(第7版)
 【コラム+ε】を追記。これまでを整理。株式投資の本質を少しシェア
■ 2019年4月13日(第8番)
 【お元気ですか~?】を追記。

                               以上。

始めまして、ぷっちょ@サラリーマン(会社員)から不労所得構築まで。
です。

こちらのnoteの記事では、、、
株式投資で『負けない』に特化し、大切なお金(現金)を減らさず、勝てる確率の高いところのみで勝負して、2019年に資産を10倍にする参考書です。

2018年末から2019年初日、オンコリスバイオファーマ(オンコリス)1つの銘柄で、利益を100万円出した僕が書いています。
下のキャプチャをご覧頂くと、実際に100万円の利益を得ているのが分かりますが、見て欲しいのは、100万円ではなく、約+20%の上昇を捉えた、という事実です。それも、実質数日でこの利率を得ました。日本の銀行口座では1年預けて0.00数%を考えると、その差は歴然だと思います。
※プロフィール詳細はTwitterをご覧ください。

✔想定読者
◆株式投資初心者の方で、株式投資でお金を稼ぎたいと思っている方
◆株式投資を始めて長いが、なかなか株式投資で勝てない
バイオ銘柄を決めあぐねている方、どれが2019年上がるか分からない方。下のようなバイオ銘柄を売買されているが、自信がない
(GNI、アンジェス、オンコセラピー・サイエンス、そーせい、ナノキャリア、カルナバイオ、キャンバス、DWTI、ラクオリア、シンバイオ、カイオム、GTS、メドレックス、ペプチドリーム、オンコリス、リボミック、サンバイオ、ヘリオス、ブライトパス、窪田製薬、メディシノバ、リプロセル、3Dマトリックス ※銘柄コード順)
→本書では、このバイオ銘柄の中でも2019年6月までの前半で大きく稼げる銘柄を2つ取り上げています。その内の1つはDeep diveをして様々な角度から検証しています。

※対象は、サラリーマン(会社員)、主婦、学生などの投資家
(大切な現金を、うまく増やせず、機会損失を繰り返している方)
⇒既に株式投資で成功している方は、想定読者とはしていません

◆これまで現金を銀行口座に預けっぱなしで、増やす機会をみすみす失い続けてきた方で、もっと効率的に資産運用したい、、、という方向けです。
◆また、これまで投資を続けてきたが、いつも相場に飲まれて、損切もしくは含み損を抱えて胸が苦しい思いをし続けてきた、、、、という方向けです。

2019年初頭から、サンバイオやオンコリスバイオファーマ、アンジェス、シンバイオなどのバイオベンチャー銘柄が、マザーズ市場を賑わせています。

◇ 私もこの波に乗って、上の通りオンコリスバイオファーマでは実質1日で100万円の利益を出しました。
◇ また、サンバイオショックでは、その前日に保有していた株を利益確定して、見事にショック後の50万円程度の反発利益を得ました。
⇒2019年に入り1か月と少しで、トータルで約150万円の利益を出しました

◇ そして、2019年2月も順調で、当月だけで300万円の含み益を出しました。含み益なので、保有銘柄の2月中の利益確定はしていません。
引き続き、保有中です、、、順調です^^

これまでの私のバイオベンチャー投資歴10年のノウハウを全てこちらのnoteに詰め込みました。そこでは、なぜ乱高下する相場で利益を得られるのかも含めて、丁寧にお伝えしてゆきたいと思います。

なお、本書はタイトルの通り、題材はバイオベンチャーをメインに書いています。ですので、基本的にはマザーズ市場に特化して書いています。
そして、『負けない』ことを考えると、売買期間も日・週・月単位で考えています。このため、一旦株式を購入して年単位で保有し続ける方には向かない、かもですm( _ _ )m

というよりも、バイオ銘柄で大きく儲けるためには、年単位での保有はあまりオススメしません。
大きなイベントがあって、大きく上げて高値で売りぬく、というスタンスでないと、往々にして、【含み益が含み損に】なってしまいます。賢くバイオ銘柄を歩き渡ってゆくことが、時間軸を伴った資産増加に寄与します。

ぜひ、こちらの記事にて、確実に利益を上げてゆくバイオ銘柄投資手法を学んでいって頂ければと思います。

✔本書が提供できる価値
勝てるタイミングでピットインできる『市場全体の読み』と『勢いのある個別銘柄の選定』、更にそれらを裏付ける『誰でもできる簡単なテクニカル分析』のノウハウ

※私の株式投資歴10年の知見・経験を盛り込みました。10年分のノウハウをこの本書で、しかも1時間で学べます
※なお、今回は全体の80%のノウハウを詰め込んだ第7版になります。ですので、価格を下げて2,980円にて販売しています
※たぶん、2019年3月後半のどこかで価格を正常価格に戻します。

株式投資で勝ち続ける人は5%にも満たないと言われています。

ですので、何の知識や情報も持たずに、素人が投資し続けると、大切なお金を減らすだけでなく、精神的にも削られてゆきます。
投資に失敗すると、金利が0.00数%でも、銀行口座にお金を預けていた方が、やっぱり良かった、ということにもなりかねません。

ただ、100%ではないですが、勝ち方(ノウハウ)が確実に存在することは確かです。

世の中には、それっぽい投資手法を語る、多くの書籍や情報が氾濫していますが、本書では『負けない』という部分にフォーカスしています。

株式投資で一番大切な、『負けない』ことを習得しながら、確度の高いタイミングで、資産を増やし、2019年の1年間で10倍になることを目標に、本書を書いています。

✔ご購入前の注意点
実際に株式投資をするのはあなたです。
当たり前ですが、こちらのNoteをご購入頂いても資産は10倍にはなりません。お伝えするノウハウを考慮せず、市場の動揺にあなた自身も動揺し、正気(勝機)を失った投資をし続ける限り、資産は目減りし続けることを、事前に重々ご理解頂ければと思います。
また、こちらに記載している銘柄で必ず儲かることを保証するものでもありません。特にバイオ銘柄は値動きが激しく、さらに臨床試験を含めたサイエンスの結果は誰にも分かりません。誰にもです。ですので、先のサンバイオ・ショックのように突如として株価暴落のリスクもあることを十分に想定頂ければと思います。
株式投資の売買は、ご購入者ご自身の責任においてお願いします。

あくまで、私の10年の経験に基づく、『負けない』ノウハウをお伝えしているだけです。勝ち続けられない、一般の95%の投資家の思考とは、逆の事をお伝えしています。ですので、あなたが、こちらのノウハウの真意をご理解し、実際の投資に応用出来ないと、上手く行かないと思います。

もし、「株式投資で絶対稼ぐぞ!」と、意気込んでおられる場合は、焦りを産んでいますので、本書はオススメではない、かもです。株式投資に熱くなりすぎると、私がお伝えするノウハウの実践が難しくなるからです。常に冷静にいられる自信のある方にオススメします。

✔お値段:2,980円 ※今回の第7版は、20名限定にします。
飲み会を1回削って、バイオベンチャー投資の学習に時間を投下しましょう('ω')ノ。その飲み会1回分のお金が、あなたの資産を築く(もしくはムダに目減りさせない)きっかけになると思います。

※随時アップデートしてゆきます。今回は全体の80%の内容ですので、暫定的に2,980円にしています。今後は、記事価格を上げて販売させていただきます。
※今回限定20名ですが、1回ご購入いただくと、その後のアップデートされた記事は無料でお読みいただけます。1回のお支払いだけで大丈夫です。

かなり余談ですが、僕は今、断食にハマっています。極度の断食(絶食?)は決しておすすめしませんが、プチ断食はおすすめです。例えば夕食を早めの17時に食べ、翌朝7時に朝食を食べると、14時間のプチ断食といった具合です。断食は免疫機能を高めるデータも出ているようで、私の場合は胃もたれがなくなり、しかも空腹で目覚めるので、寝起きの良くない僕にはピッタリです^ ^



✔本書の目次

1.バイオベンチャー(マザーズ)投資初心者が知っておくべきこと
【儲けるための基本知識】

  ① 日本株への投資をする前に、あなたが決意しないといけないこと
  ② 投資信託・FX・金投資ではなく、個別銘柄に投資する意味とは
  ③ サラリーマン(会社員)や主婦、学生における株式投資の重要性
  ④ 私が、マザーズ市場を狙う意味とは
  ⑤ 専門の私が、バイオベンチャーを解説します

2.オンコリスバイオファーマへの投資で、2019年初日に100万円の利益を上げた方法
【大きく勝つ方法論】

  ① 見るべきポイントは株価ではなく、時価総額
  ② バイオベンチャー時価総額を上げる『本当の』材料を見極める必要
  ③ 勝てる時は、大きく投資する、が鉄則
  ④ 利益が出れば、売り切ってしまう能力
  ⑤ 根底では、サイエンスに自信を持つ

3.マクロな視点でマザーズ市場を”感じ”、全体を俯瞰する方法
【大局視点の重要性】

  ① マザーズ指数は、毎年、月ごとの特徴がある
  ② 個別銘柄とマザーズ指数の値動きは連動し、高値底値を付けてゆく
  ③ マザーズ指数が、値を上げるタイミングは、テクニカルで探る
  ④ テクニカルでは追えない要素もしっかりとチェックしておく

4.勢いのある個別銘柄を選定出来る投資家になるために
【銘柄のリサーチ方法】

  ① 勢いのある銘柄と、動きのない銘柄
  ② 勢いのある銘柄の下値を見定める方法
  ③ 株価上昇率が高い、まだ評価されていない銘柄の選定方法

【コラム+α】
→2019年
6月までの前半で、大きく値を上げるバイオ銘柄と向き合い方《私見》
  ① ズバリ!このバイオ銘柄に注目している
  ② 注目している5つの具体的な理由
      1)○○社長のGRIT力
      2)○○という精密テクノロジーの進化
      3)サイエンスデータが示すfact
      4)ほどよい、暴落risk
      5)○○dealの思惑
       ※○○はご購入後ご覧いただけます
  ③ では、どのように株式を売買すれば良さそうか
  ④ 一方で、こんなリスクが潜んでいる
  ⑤ 《結論》2019年6月までの前半はこうやって過ごしてゆこう
(バイオ銘柄投資10年歴の私が、今このタイミングで熱いと考えているバイオ銘柄を取り上げ、バイオ専門でもある私の考えをお伝えします。あくまでご参考までですが、万一、今あなたが私がお伝えするバイオ銘柄とは異なる銘柄に投資している場合は、もう一度再考される良い機会かもしれません)

【コラム+β】
→私の投資歴10年の中で、特に失敗した事例を公開【学びの宝庫】

【コラム+γ《サイエンス付録》】
→上でお伝えした私が注目しているバイオ銘柄について、大手製薬会社が興味を持つ理由をサイエンスの側面を2つ解説

【コラム+Δ】
→現時点での僕の株式保有状況を公開・解説

【コラム+ε】
→直近(2019年2-3月)で大変多くの方々にご購入頂きましたので、改めてこれまでの流れについて整理したいと思います。特に、注目している1銘柄について整理したいと思います。


※今回は2,980円でこちらのタイトルまでお読みいただけます
※2019年はバイオの年と言われています。サンバイオショック以降、成長性の高いバイオ銘柄は、値を上げる動きを見せています。こちらでは、バイオの中でも、2019年に大きく稼げると考えている銘柄を中心に、まずは2019年2-3月までに仕込むべきバイオ銘柄、また6月までの前半をどう向き合えば良いかの具体的な示唆を詰め込みました。
※とはいえ、今後もマザーズ市場にて利益を上げてゆく普遍的なノウハウも詰め込んでいますので、ご参考になると思います。
※ただし、こちらで取り上げている銘柄はあくまでご参考として捉えて頂ければと思います。決して利益を保証するものではなく、また先々の株価を予想するものでもありません。僕が株式投資10年の歴で身に付けてきた、「負けない」スタンスの一端をシェア出来ればと思っています。

今回の第7版は、【文字数:86,974文字(8万6974文字)】です。
投資で稼ぎ続けるためのノウハウが沢山詰まっています。これが限定で2,980円で読めます。
こちらの記事を読まずに、投資で1万、10万、100万円を損し続けるのであれば、2,980円で、損をしない投資法を身に付けられてから、実際の株式投資に臨まれた方が、良いと思っていますし、株式投資を始めた当初の私や、株式投資でなかなか収益が上がらずいつも含み損をしていた当時の私に対しては、この記事を早く読ませてあげたかった、と思ってます。
それくらい、納得して書き上げている記事です。文字数にある通り、時間もかけましたし、ただの画像ではなく、パワーポイントで加工しつつ、示唆に富んだ画像を掲載しています。

なお、先日(2019年2月9日)に大幅アップデートしたのですが、皆さまにぞくぞくと購入・評価いただいています。嬉しい限りです^^
↓↓↓

何やら、さっそく25名以上の方に購読いただいたというnoteからの通知がきました。有難いお話です。


こちらの続きを読むことで、こういった状況になれます。
↓↓↓

◆ 株式投資初心者でも、【負けない】投資方法が分かる
◆ これまで負け続けてきた理由が分かり、今後のアクションが変わる
◆ 投資で失敗する思考と、私の思考が180度逆であることが理解出来る
◆ 2019年は株式投資で稼ぎたい、と思われている方のご参考になる
◆ その中でも、大きく跳ねるバイオ銘柄への思考が深くなる
◆ まずは、2019年前半で稼げる銘柄を聞きたい《私見》
◆ 投資で1万、10万、100万の損失を出している理由が分かる
◆ 今後ずっと役に立つ、株式投資のノウハウ・思考法が身につく
◆ 【負けない】投資方法の実践により、心の安定を取り戻せる

一回こちらのnoteをご購入頂くと、その後はfreeでこちらの記事を読めます。随時、私がアップデートする内容も、freeでお読み頂けるので、今回の2,980円はとってもお得だと思っています。
2019年前半、上がりもしないバイオ銘柄に固執して、資金を寝かす、もしくは含み損を抱えるくらいなら、2,980円を払って、2019年2-3月に大きく儲けられる銘柄に乗り換えた方が、儲けられる可能性は増すと思います。
ご決断は早ければ早い方が、果実をとれます。しかも、株式投資では瞬時の判断が、損益を分けますので、ご英断は早めにお願いします、ね^^


この続きをみるには

この続き: 83,481文字 / 画像51枚
記事を購入する

【バイオ銘柄・株式投資】2019年に資産を10倍にする参考書【保存版】

バイオ投資家ぷっちょ@サラリーマンから不労所得の構築まで。

9,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
21
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。