見出し画像

お寺での不思議体験 その1

閲覧注意‼️

今回は、軽めながら今まで経験した不思議なお話を書いてみました。
夜中に読むと、怖くて眠れなくなるかもしれないので、明るくなってから読むことをお勧めします。

それでは。

子供の頃から、見えないものが見えたり、聞こえたりしていました。

冬でもないのに、水の中に浸かっているみたいに体が冷えて、寒くて寒くていられない事があったり、

今でも覚えているのは、お盆でお墓参りに行った時、喉が乾いてどうしようもなくなって、いくら水を飲んでも収まらない事がありました。

今にして思えば、お盆の時期、地獄の釜の蓋が開いて、娑婆に出てきた無縁の方々が、御供養を受けられず彷徨っている時に、自分に頼ってきて、助けを求められたのだと思うのですが、

何しろその当時は、理由も全く分からなかったので、両親に理解がなかったら、精神科に入院させられていたかもしれない感じでした。

幸いにして、病院で診察してもらうことはなかったのですが、

それでも、日常的に変わった事はいろいろあって、困ることも多かったです。

普通に楽しく生きていきたいと思いながらも、生きにくさを感じていた自分は、幸いにして、仏様の教えにご縁を頂き、大学3年の時に出家させて頂くことが出来たことが、今の自分につながっているのですが、

お寺の生活の中でも、様々に不思議な事がありました。

お寺では二日おきに宿直があって、誰もいない広く大きなお寺の中、当然一人で泊まるのですが、

夕方5時に、勤めている同僚(といっても自分を含めて二人しかいなかったのですが)が帰ると、そこから1人になるので、
まずはだだっ広い本堂で、一人で夕方のお勤めをしていました。

皆さん、どこかお寺にお参りに行った時など、「ここはなんか明るくて、雰囲気がいいところ、居やすい所だなぁ」なんて感じた事はないでしょうか?。

反対に、「なんかここは暗くて、雰囲気が悪いから、早く帰りたい」と思うような経験はないですか?。

残念ながら、自分のいたお寺は後者で、
何故雰囲気が悪く、暗く寂しい感じかするかというと、
簡単に言えば、「お経があがってない」。つまり、お経を真剣にあげるお坊さんがいないから、そこに集まる亡くなられた人に供養が行き届いてないので、雰囲気が悪くなっているのです。

師匠となって下さった方は、そのお寺の住職ではありましたが、このお寺のすぐ目の前のお寺が自宅なので、毎日通ってきていたのでした。

高齢でもあったので、毎日通ってきてはいても、しっかりお勤めが出来るほどのお元気はなかったので、せめて自分が宿直の時は、しっかり御供養をしようと思い、おつとめをしてはいたのですが、

泊まりのたびに、誰もいないはずなのに、なんとなく人の気配がして、廊下を着物の裾を引きずるような音が聞こえたり、
甲冑を着た人が歩くような、「カチャッ、カチャッ、」という音がしている中、

内心、

「ヒィーーーーーーーーー‼️」

となりながらも、出来るだけ大声で、お経を真剣に唱えていました。

見えないものが見えたり、そこにいないものを感じたりする事は、本来は誰にもある事だそうです。

味に敏感で、スパイスや使っている野菜が何かすぐわかる人がいたり、匂いに敏感で、なんの匂いかすぐ分かったり、遠くの方までくっきり見える人がいたり、

それと同じように、見えないものを感じたり、聞こえたりする力に優れている人も、当然いるわけです。

当時は、怖かったり、面倒くさかったり、出来れば普通に、当たり前に生きたいと思いながらも、仏門に入ることにより、目に見えない世界が、さらに身近になった事で、自分の気持ちも次第に変わり始めました。

目に見えなくても、その場にいなくても、苦しかったり辛かったりして、いわば成仏出来ていない方々がいかに多いか、という現実を知って、

ならばお坊さんが真剣に御供養すればいい事なのですが、いかんせん、お坊さん自体、感じられる人と全く感じない人がいて、しかもお寺に生まれているから、葬式や御法事は、経済活動の一つと考えていて、心を込めてお見送りをしようと思い、お勤めをする人は、ごく少数でした。

そんな現実に触れていく中で、自分はせっかく見えたり聞こえたりするのだから、目に見えなくても頼ってきた人を一人でも多く、救う事が出来るようになりたいと考えるようになりました。

それから早いもので、出家して30年以上が経ち、やっとなんとか、喜んで頂けるようになってきたかな?といった感じですが、修行に終わりはなく、常にレベルアップを念頭においていかないと、頭打ちになってしまう事も経験しました。

次回は、頭打ちになった時の事をお話ししたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お読み頂き、ありがとうございます!。
21
平たく言うと、坊さんです。葬式ばかりではなく、生きているからこそ、悩んでしまう毎日に、少しでも気持ちが楽になったり、「あー、楽しいなぁ‼️」と思えるようなきっかけを、お伝え出来たら、とてもし・あ・わ・せ です。
コメント (18)
ロータスさん>

ありますよね。お昼でも寒気がする場所あります💦

以前に、東京都の深川不動尊に行った時のお話ですが、
私はお坊さん方の周りに数十人の人が
色々な願いを持ちながら、祈祷?みたいなことをしてくださる模様を少し離れて
拝見する事がありました。


しかし、私は見学でしたが、段々と天井に黒い雲が増えていき、悲しくて耐えられずに
一人で泣いてしまいました。
他に泣いている人はいませんでした。

頭がおかしかったのでしょうか。

あれは一体なんだったのか?と・・・。

憑依されると、手の震えも止まりません😱
猫うどんの杜さん

以前は、1人で泣いていた事、私もよくありました。

今も、たまぁにあります。

決して頭がおかしくなったわけじゃありませんので、ご安心下さい。

コメントを頂いて、襟を正しました。
改めてお坊さんとして真剣に修行を積み重ねないといけないことを、再認識しました。

このコメントのお返事は、ちょっと長くなりますので、改めて文章化して、お答えしたいと思います。

憑依された時の対処法も、簡単なものをお知らせしたいと思います。

貴重な体験を教えて頂き、ありがとうございます。

少々お待ち下さいね。
ロータスさん、

なんか逆に変なコメントしてしまったかもしれません(・・;)

ごめんなさい🙇‍♀️

天井が黒い雲(渦)のようになっていましたのは、願う方のオーラ?思いの塊がたまたまそうなった?のかもしれません。

決してお坊さたちを責めているわけではないのです。

誤解されていたらすみません💦

ただ、頭がおかしかったのではないという事を聞いて、ホッとしました😢

本当は・・・憑依しない方がいいのだと思います💦
苦しいですからね・・・


改めてお礼を申し上げますっ。

ありがとうございます♪
m(._.)m
猫うどんの杜さん

大丈夫です。誤解はしてませんよ😊。
願う方のオーラ、思い、欲?、自分の思いや願いが叶うことに真剣になるのは誰も当たり前です。

そこに対して、どんな働きかけが出来るかも、お坊さんの腕の見せ所でもあると思いますので。

ますます頑張ろうと思いました❗️。

こちらこそ、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。