鉄道の歴史Ⅱ(戦後編)⑧ ディスカバー・ジャパンと最後のSL
見出し画像

鉄道の歴史Ⅱ(戦後編)⑧ ディスカバー・ジャパンと最後のSL

龍泉寺怪童, An Educator

 昭和45(1970)年3月、大阪・千里丘陵で「人類の進歩と調和」をテーマに万国博覧会が開催されました。まだまだ海外旅行が夢だった時代、世界の国のパビリオンを見学できるということで、大勢の人が日本中から大阪を訪れ、旅行ブームが巻き起こりました。この旅行ブームは、がむしゃらに働き続けてきた戦後の日本人が、旅行の楽しみを知ったきっかけであったとも言えるでしょう。
 赤字に苦しむ国鉄は、このチャンスを逃すまじと、万博が閉幕した1カ月後の10 月14日(この日は、日本で最初の鉄道が開通したことを記念する、鉄道の日にあたります)から、「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンを始めました。サブタイトルは、ノーベル賞作家・川端康成による記念講演のタイトル「美しい日本の私」が採用されましたが、それまでの観光PRと違って、観光地の名前などを打ち出さない、徹底したイメージ戦略が功を奏しました。また日立製作所とタイアップして、にぎやかに装飾されたSL列車「ポンパ」号が全国を走り、それまでの硬い国鉄のイメージを払拭しました。
 「ディスカバー・ジャパン」は、団体旅行が中心であった日本人の旅行の形態が、自由で気ままな個人旅行に転換していくきっかけともなりました。
日本テレビの人気番組「遠くへ行きたい」は、このキャンペーンと時を同じくして放映開始されましたが、1,200 回を超える長寿番組となっています。「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンは7年間続き、その後は山口百恵の歌う『いい日旅立ち』をテーマにしたキャンペーンに引き継がれていきます。
 さて、国民の旅行熱が年々高まる中、昭和50(1975)年12月14日、「貴婦人」という愛称を持つC57型機関車が牽引する列車が、多くの鉄道ファンに見送られ、室蘭駅をあとにしました。この225 列車は、わが国における最後のSLが牽引する定期旅客列車でした。
 昭和34年以来国鉄は、「動力近代化計画」を策定していました。具体的には、SLから電車や気動車などへの転換を意味していました。これは、旅客には「煙害」のない快適な旅とスピードアップを、国鉄には経営の合理化もたらしましたが、鉄道開通以来100 年余り活躍し続けたSLは、事実上の引退に追い込まれたのです。
 しかし近年、観光列車として復活したSL列車は大人気です。山口線の「やまぐち」号や北陸本線の「北びわこ」号(令和2年を最後に運転終了)などがそうです。SL は再び多くの旅客を載せた客車を牽引して、その迫力ある姿で多くの旅行客や鉄道ファンにノスタルジーを提供しています。

連載第145 回/平成13年4月11日掲載

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よろしければ、フォローお願いします。
龍泉寺怪童, An Educator
日本とアメリカで、小学校から短大まで、足掛け30年ぐらい教壇に立ってきた経験と歴史教育を中心とした研究の成果などを書き残したいと思っています。子供たちの世代の日本が、誇りを取り戻せますように! 趣味の写真なども小出しにします。皆様との交流を楽しみにしています。