見出し画像

プロジェクトリーダーが語るPeople Tech構想①事業編|17ポジション採用強化中

People Tech事業を展開するアトラエで採用を担当している加賀です。

「アトラエさんは、なぜ今、採用を強化してるんですか?」と質問いただくことが増えてきました。そこで本日は、アトラエの採用強化の背景や今後の構想を出来る限り言語化していきたいと思います。

今回は、取締役CTO 兼 Yenta(イェンタ)プロジェクトリーダー岡と、Wevox(ウィボックス)プロジェクトリーダー森山に根掘り葉掘り質問し、2人の視点で捉えていることを記事にしました。想像以上に盛り上がり濃厚な内容になったので、①事業編(前編)と、②組織編(後編)に分けてご紹介します。

②組織編(後編)はこちら

岡利幸:2007年に東京工業大学を卒業後、新卒1期生として株式会社アトラエに入社。求人メディア「Green」の立ち上げ、2つの支社の立ち上げを経験後、2009年にエンジニアに転向し、2012年より同社取締役、2016年に取締役CTOに就任。その後、ビジネス版マッチングアプリ「Yenta」の企画・運営に従事し、機械学習などの技術領域から、組織作り、事業開発など幅広く従事している。

森山雄貴:1990年大阪府生まれ。2012年新卒でアトラエに入社。「Wevox」生みの親。主力事業の転職メディア「Green」のエンジニアとして、企画から実装まで幅広く経験。その後、2017年5月に自身の発案で新規事業として「Wevox」を立ち上げ、プロジェクトリーダーとして事業を牽引。現在は、Wevoxアカデミー「Engagement Run!」のセミナー講師を担当。チームを率いる一方、サービス企画から開発、顧客折衝、イベント立案/運営など広範囲で活躍。

アトラエ史上最大数、17ポジションを募集開始

ずばり、なぜ今採用を強化しているのでしょうか?

画像6

岡:まずは純粋に人が足りていないから(笑)。5月に新規事業 Inow(イノウ) を立ち上げ、現在アトラエでは4つの事業を展開している。さらに100%子会社である株式会社アルティーリも設立し、プロバスケットボールクラブの運営など、世界に向けて挑戦できる武器が増えてきた。事業の数が増える分、組織も拡大するので人員の強化が必要になった、というのが1つ目の理由かな。

組織が大きくなると、社内のメンバーに対する発信の仕方や物事の進め方について考えないといけない(これまでとは変えなければいけない)ことが増えるので、そこをケアできる人を増やしたい。一言で「人員の強化」と言っても「新しい人員の採用」と「今いる人たちの成長」その両面の必要性を感じてるってことがここの回答かな。


森山:岡さんの人員不足という観点に加えて、アトラエが世界に向けて挑戦するフェーズが変わってきたことも挙げられますよね。このフェーズ感や、事業と組織の成長スピードに合わせた働き方にシフトする必要性を感じたことが2つ目の背景にあるかなと僕は思っています。

というのも、アトラエのビジョンである「世界中の人々を魅了する」ためのドライブ(原動力)が、"人や組織の強さ"だと個人的に認識していて。だからこそ、一人ひとりが自分たちの創造性を活かし、”自分が信じる価値”についてしっかり考え、挑戦できる環境が重要だと思うんです。

組織の中に、多彩なポジションがあって、それぞれの立場で自由に挑戦できる、それが僕の理想。その結果、一人ひとりの活躍の幅が広がり、いいシナジーが生まれ、アトラエの非連続的な成長につながっていくんだと思います。


一人ひとりが長期的な視点で物事を考える余力を作りたい

働き方をシフトする必要性があると感じたのは、何かきっかけがあったんですか?

画像6

岡:森山が言うように挑戦するフェーズが変わってきたことは大きいよね。

新規事業を増やしたり、既存事業が成長して課題の種類が増えたり、会社として選べる武器(戦略や戦術)が増えたり、組織の人数が増えたことによるコラボレーションの可能性が増えたりすると純粋に変数が増えるので、その複雑化に伴なって組織の中にいる人たちが健全に成長していかないといけない。

これまでのような、会社として駆け出しで変数が少なかった状態から、会社の成長と共にフェーズが変わってきたので、抽象度が高い価値に対してアプローチできる人や、長期視点でのリーダーシップを発揮できる人を少しずつ増やさなければならないという課題感を強く感じている。

そのために、社内メンバー一人ひとりが成長するための余力をつくっておかないといけない、そんな感じかな。


森山:そうそう、分かります。これまでは木造住宅を愚直に建築することに集中していたというか(笑)。

とにかく動くタイプの仲間を集めて”均一性のある状態”で組織を運営してきた。その方が、単一事業の発展に対しては効率がいい。均一性の高い組織だったからこそ、相互理解が容易で、組織運営という文脈では大きな課題が出ることなく成り立っていました。ただ、現在は、事業数だけでなくその種類や関わる人員も増え、事業成長の仕方、人の活かし方など、あらゆる掛け算の仕方がめちゃめちゃ増えている。

だからこそ、長期的な視点で物事を考える難易度が本当に上がっていて、どうすれば最大の掛け算を作れるのか、全員がここにフォーカスできる余力を作りたいと思っています。


事業を堅実に成長させることと、一人ひとりの衝動に向き合うことの葛藤

余力を作るとは、具体的にはどういうイメージですか?

画像6

岡:基本的には遠心力を活かしたいと思っていて。何かをぶん回していくと遠心力が強くなって、いたるところで「このままいったらヤバい!」と何かしらの緊張感や、大きな問題が起こるの前の”小さな課題”が発生すると思っているんだよね。

そうすると「カルチャーをもっと強化しなきゃ」とか「共通言語を作らなきゃ」とか「セキュリティを強化しなきゃ」「事業を増やさなきゃ」などなど、様々なところで様々な声が上がってきて、事業・組織それぞれを横断した新しい取り組みが生まれてくる。特にアトラエではそう。いや、もしかすると、これはアトラエだからこそかもしれない。

で、そういった声は、攻めでも守りでも、より良くなるものであれば何でも良くて。全てのポジションがめちゃめちゃ刺激を受けて、新たな取り組みがどんどん生まれるイメージ。

アトラエ社員って「刺激が欲しい」「普通は嫌だ」って性質が強いと思ってて(笑)。上司やまわりの誰かに指示されたから動くのではなくて、そういった個人の衝動がドライブとなって影響力を拡大していくことが、アトラエらしい働き方なのかなと。


森山:僕も「もっとこうしたい」「こうなったらもっと良くなるはず」という個々人が感じる衝動から、信じられる価値に挑戦する会社でありたいと思いますね。

例えば、最近だとこんな衝動がありましたね。新規事業であるシニア向けのジョブ型マッチングサービス Inow(イノウ) をリリースした後、 Wevox (ウィボックス) でカスタマーサクセスを担当していたアトラエ最年長メンバーが、「アトラエでは自分しか Inow のユーザーになれない」と声を上げてWevoxチームではその人のカスタマーサクセス業務を少しずつ減らしていこうとしているんです。


岡:能動的にメンバー側から新しい役割の提案があるって確かにアトラエらしい事例だね。


森山:そうですね。ただ、とはいっても、常に矛盾とは戦わないといけないというか。プロジェクトリーダーという立場もあって「未来も作らないといけないけど、目の前の事業も確実に伸ばさないといけない」「事業の成長も追いたいけれど、それぞれメンバーの衝動も育みたい」というような矛盾と、僕個人は常に葛藤し続けてます。

一方で、事業や組織をもっと良くしたいという個人の気持ちが、今回のような能動的な貢献に繋がるなど、衝動に基づいた意思決定がどんどん出てくる働き方を良しとするほうが、アトラエの強みが活きて、結果的に良いものが生まれるのではないかと考えています。

だからこそ「採用を強化しよう」と意見したといいますか。誰かの衝動がきっかけで起こる“瞬間的な役割分担の変更”にも耐えられるように、一人ひとりの余力を大切にしていたいですね。


岡:そうだね。余力は大事。そして俺自身もその矛盾とは今後も戦い続けるだろうね。

別視点だけど、俺が常に意識していることは「セルフィッシュ(利己的)になるな」ということ。会社としての当事者意識を一人ひとりが持ち、かけるリソースや進め方を考えているのであれば、各々の衝動を信じて勝手にやろう!と思っている。アトラエらしい働き方をアップデートしていくためにも、当事者意識を強く持つカルチャーは本当に大切だと思う。


「自分たちなりの正解をどう作っていくのか?」を考えるキッカケを届けることがPeople Techの本質

改めてなんですが、People Techとはどんな構想なんですか?

画像6

森山:People Techとは、テクノロジーによって人の可能性を拡げるような事業を展開していきたいというアトラエの想いを込めた造語です。この想いを軸に人をエンパワーメントするような事業をさらに展開していきたいと僕らは考えています。

Green、Yenta、Wevox、そして新規事業のInowもすべて、アトラエがユーザーの背中を押してエンパワーメントするようなキッカケをつくりたいと思って運営しているし、今後もより多くの方に価値を感じてもらえるよう事業に挑戦したいと思っています。


岡:個人的には、最近はアトラエをテーマパークに例えて考えている。People Techは、アトラエというテーマパークの中にあるアトラクションというか。アトラエに遊びに来た人が、ここで自分自身の可能性を拡げられたという体験を提供したいなってイメージかな。


森山:なるほど、面白いですね!僕が最近People Techについて考えていることは、「エンパワーメントする」という考えからもう一歩、二歩、三歩踏み込んだ価値を提供できないか?ということです。サービスを利用したクライアントやユーザーが「自己実現」や「在りたいように在る」こと、そのものを追求できる世界観を提供したいなと思っている。


岡:それはどういうこと?


森山:Wevoxを展開してきて感じることは、解は一つではないということ。そもそもエンゲージメントを高めること自体が良いのかどうかという解も組織によって異なるし、スコアの高め方も、理想的な在り方もやり方も全て異なる。だからこそ、解そのものを導くサポートではなく、それぞれの組織が自分たちなりに活き活きと働けるよう、そこを支援したいなと思うんですよね。

「エンパワーメントしたい」というアトラエの想いを押し付けるよりは、「自分たちなりの正解をどう作っていくのか?」と考えるキッカケを届けることがPeople Techの本質なのかなと考えるようになってきましたね。


岡:なるほどなぁ、それは確かに分かる。People Techの本質って何?って考えると、俺は個人的に「かっこいい大人を増やしたい」という想いが根底にあるかな。

Yentaもそういった想いが根底にあるんだけど、お金や地位といった誰かが作った基準ではなく、「自分が自分自身のことを好きでいる、自分自身の生き方を悪くない」と思っていることが「かっこいい」んだと思っていて。

自分のことを最低限好きでいられる大人が増えると、その子どもへもいい影響がきっとあるし、その先の教育にもつながるとも思っているので、そういったポジティブな流れを促進できるようなPeople Tech企業でありたいなと思う。


テクノロジーはあくまでも「キッカケづくり」

People Tech の Tech の部分ってどんなことなんですか?

画像6

岡:語弊を恐れずに言うと、テクノロジーにもの凄くこだわっているわけではないんだよね。

でも世の中には、幸せである人とそうでない人や、いい出会いを作れている人とそうでない人がいて、その原因となる変数がめちゃめちゃ多い。

だからこそ、心理学を始めとしたアカデミックな領域や、膨大なデータから何かを理解するような研究開発、そこに必要なテクノロジーやサイエンス領域のメカニズムの理解を深めていく必要がある。

また、そういったメカニズムの理解だけで留まるのではなく、それをどのように社会に応用してより良い方向に進めていけるか。これはかなり重要だと思っていて、アトラエの掲げるPeople Techにはそういった想いが込められている。

そういう意味で、社会を変えるためにはテクノロジーが必要だと信じられるし、めちゃめちゃ面白いなと思っている。


森山:その通りですね。また、僕は Wevox 内ではテクノロジーはあくまでも「キッカケづくり」とよく発信していますね。

というのもGreen、Yenta、Wevox、Inowの4つの事業も期せずして共通していることが「まずは対話をしてみよう」というキッカケづくりを提供していることだと思っていて。

求人メディアであるGreenは「すごいレコメンドを作ることよりも企業と候補者の対話を」、マッチングアプリであるYentaは「出会いまでをデザインしマッチング後に発生する対話を」、エンゲージメント解析ツールであるWevoxは「たとえデータが大量にあったとしても、あえて対話を」と、対話が大事という考えがどの事業の中心にあり、People Techの本質でもある「人と人が分かり合える」ためのキッカケをプロダクトがどうデザインできるのかという視点でテクノロジーを活用しているイメージですかね。

テクノロジーをどうするかとかはあまり僕もこだわっていないかな。

People Techについて伝えられることがもう一つあるとすると、ビジネスに展開することの難しさだと思う。YentaもWevoxも「もっとこうすれば売上があがるのに」と正直分かっているけれども、あえてそこまで売上に固執しないというか。

世の中の流れとして、今後People Techのようなことを掲げる会社は出てくると思うけど、関わる全ての人たちの幸せを追求する概念は、時には資本主義や株式会社そのものの概念とは逆行することもあって、なかなか普通の会社が真似できるものではないと思う。


岡:まさにその通りで、これは物心共に豊かな状態を目指すアトラエだからこそできるんだと思うな。四方よし(よんほうよし:社員・ユーザー・株主・社会、四方の幸せの追求)を最大限に狙っていくという意味でも。

一方で最大限、四方よしの状態を作るために、もっと影響力を高めていく意識をメンバー一人ひとりが強く持たないと、「一部の意識の高い社員やユーザーにとっては良いけど、世の中は変えられていないね」で、終わってしまう。

だからこそ最大限の四方よしを目指せるよう、このアトラエという仕組みの設計がかなり大事。例えば、People Techというアトラクションのあるテーマパークアトラエを運営するUXとは?という意味で文化づくりとかね。

スクリーンショット 2021-08-01 20.37.27

【次回】People Techを追求する「アトラエ」の組織文化とは?今後必要な要素とは?は、後編で追求します。

取材&編集:大滝智美・加賀れい


採用ピッチ資料と、採用中の全17ポジションをご紹介

[1] プレイングマネージャー

会社のフェーズの変化に伴い、管理監視ではないマネジメントの重要性が高まっています。広く浅くなタイプの人も狭く深くなタイプの人も全員がやりがいをもって生き生きと働けるようにし、それによりもちろん会社の生産性が上がり、アトラエを支えてくれている株主にも利益をもたらし、更には社会までもを良くしていく、そんなマネジメントがアトラエのマネジメントになります。

いわゆる2:6:2の法則の当てはまらない、全員が自走する組織におけるマネジメント経験というのは中々経験できることではなく、とても刺激的で、面白いです。アトラエらしいマネジメントを進めつつ、現状では同時に何らかの形で手を動かすことにもなるとは思いますが、興味のある方は是非!

[2] フロントエンドエンジニア

Green:大規模な求人サイトリニューアルに向けた設計と実装。レガシーな技術からモダンな技術への移行。技術選定、働いてみたいとユーザーが感じるための新機能の画面設計・実装。|Wevox:生き生きと働ける組織を増やすため、ユーザーが気付きを得られる情報設計。各会社のチーム単位で組織改善が出来るような、対話や思考が行われる機能の企画、画面設計・実装

[3] スマホアプリエンジニア

新規機能の企画、実装。Flutterを用いたAndroidアプリの開発。既存アプリのFlutterへの移行。Kotlin, Swiftでの開発。アトラエではYentaを筆頭に、iOSはSwift、AndroidはKotlinを用いて開発を行ってきました。最近ではGreenのAndroidアプリの新規開発に伴いFlutterを採用し、元々あったiOSアプリのFlutter移行も進めるなど、その幅を拡げています。

[4] バックエンドエンジニア

Green:大規模な求人サイトリニューアルに向けた設計と実装。レガシーなコードのパフォーマンス改善。RubyからGoへの移行。リニューアルと並行した、より人と組織を元気にできるような新機能の設計・実装。|Wevox:急激な利用者増加に伴う、プロダクトのパフォーマンス改善。イキイキと働ける人を増やすための新機能の設計・実装。マイクロサービスを意識したアプリケーションの開発。

[5] オープンポジション:Web エンジニア

心から信頼できる仲間と共に、人類の可能性を拡げられるような大きな意義のある事業を通して社会に貢献する、そういったことを一度でも想ったことのあるエンジニアの方は是非一緒にお仕事をしましょう!

[6] Green UI・UXデザイナー

転職サイト「Green」のUI・UXを始め広告、営業資料など、運営に携わる全てのデザインを社内のデザイナーと協力しながら推進。ReactやMaterialUIを使用した実装にも携わっていただきます。

[7] Yenta UIデザイナー

エンジニアやプロジェクトリーダーと共創して、企画からプロトタイピング・時にはコーディングも担い、チームメンバーと密にコミュニケーションを取りながらサービスをデザインします。興味のあるメンバーは、ビジネスモデルや事業方針の議論にもどっぷりと参加することが可能です。

[8] Wevox UIデザイナー

エンジニアやカスタマーサクセスと共創して、企画からプロトタイピング・コーディングまで担い、サービス全体をデザインしていきます。7つの言語(日本語/英語/中国語/韓国語/タイ語/フランス語/ドイツ語)にも対応し、すでに韓国や中国の企業でも導入が進んでいます。国を越えて多くの人が使ってくれるサービスにするには、圧倒的に使いやすいUI・スピード、また安定して開発し続けられるデザインが必要です。また、データサイエンスにも注力しており、今後データから分かる事実を如何にユーザーに届けるかが肝。そんな世界レベルのプロダクトを一緒にデザインする仲間を大募集中。

[9] Wevox カスタマーサクセスリーダー / CSM

事業開発の為の組織開発 / 人材開発のプロジェクト設計支援、Wevoxの活用支援、プロダクトの改善フィードバック、大企業を中心とした営業活動、アップセルやクロスセルのためオプションプランなどの営業企画/提案、個人情報の取扱や利用規約へのリーガルチェックなど幅広く活躍いただけるようなイメージです。

[10] Wevox ビジネス企画

仕事内容の詳細は以下【1】〜【4】に詳細を記載していますが、いずれかのポジションだけを担うというより、ご本人の意志と適正を鑑みコミュニケーションを取りながらアレンジしていきたいと思っています。また事業や組織の状況に応じて業務の染み出しや兼務が発生することがあります。

【1】カスタマーサクセス
組織をより良くしたい顧客の伴走役です。「サポーター」というよりは「パートナー」です。従来の組織改善の形式で多い「医師と患者」のような、情報を与える側と与えられる側の立場ではなく、顧客自身が自走して組織改善サイクルを回せるような体制づくりの実現に挑戦します。状況に応じてオプション提案等をおこなう役割も担います。組織が持つ課題や理想は千差万別ですので、顧客の経営戦略や組織戦略にどのようにWevoxを活用すべきかを提案したり、プロダクト自体の不足箇所をプロダクトチームにフィードバックしたりなどチームのハブとなる重要なポジションです。

【2】エンゲージメントアカデミー企画・講師
エンゲージメント向上に必要な基礎知識から実践ノウハウまで幅広く学べるアカデミーを独自開発しています。2,000社を超える顧客と向き合う中で発見した知見を体系化し、受講者のレベルに合わせ多種多様な学習コンテンツを鋭意制作中です。カスタマーサクセスと連携して必要なコンテンツの企画・制作・講義を一気通貫でおこなっているメンバーもいますし、顧客と伴走するカスタマーサクセスと兼務して講師にチャレンジしているメンバーもいます。

【3】グローバル立ち上げ
組織づくりは、国内以上に海外から注目を集めている分野です。現在は7つの言語(日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語・フランス語・ドイツ語)に対応しており、すでに韓国系や中国系企業でも導入が進んでいます。組織づくりの本質を海外企業に向けて開拓していきたい方はぜひ。

【4】事業開発
顧客にとってより良い組織改善のため、状況に応じてアップセルやクロスセルの提案をしたり、パートナー企業様の開拓やアライアンス締結を担います。未だに確立されていないような組織づくりに必要不可欠な要素の探究や専門家の方々とR&Dプロジェクトを推進することもあります。

[11] Wevox インサイドセールス&マーケ

ウェビナーの開催などにおけるマーケとの連携含め、商談機会創出までの全ての責任を担い、事業ビジョンの実現を目指します。インサイドセールスはMRR最大化の重要な一翼を担う戦略組織であり、事業全体が見渡せるコントロールタワー、管制塔です。顧客との接点だけでなく、組織内での連携量の多いポジションです。チームで出す成果を重視しているため、営業戦略だけにとどまらず、事業戦略やチーム、組織戦略など幅広い視点でリードできる方を求めています。

[12] Green デジタルマーケティングスペシャリスト

Green登録ユーザについての行動データ分析とUI/UX改善方針策定。Webマーケティングを中心とする、プロモーション施策の企画・実施。新規集客チャネルの企画・開拓。プロダクトとしてのブランディング方針の策定・社外パートナーへの伝達。外部運用パートナー企業との連携。これら以外にも必要な動きが出た場合にはその都度柔軟に業務内容を修正することも可能です。

[13] Green 新規営業・企画営業

B向けマーケ、インサイドセールス、営業戦略立案から提案営業に携わっていただきます。企画営業だけでなく、インサイドセールスから、戦略の方向性など様々な仕事に対して、全て自分の意志で関与することができます。またチームで出す成果を重視しているため、営業戦略だけにとどまらず、事業戦略やチーム、組織戦略など幅広い視点でリードできる意欲的な方を求めています。

[14] 経理・財務

私たちは管理部門ではありません。管理もサポートもしません。“Accelarate Atrae”をチームのテーマとし、事業・組織の成長を加速すべく、日々の業務に取り組んでいます。様々なバックグラウンドをもつ専門性をもったメンバーが集まっているチームで、経理・財務、IR、法務、人事領域を担当するチームです。定型的な業務のみに携わるポジションではなく、ビジネスの成長を加速させるため、素早い変化に対応し、考え抜き、自ら動き、常に挑戦できる環境です。

[15] 新卒採用:エンジニア

ポジションとしては、スマホアプリ、フロントエンド、バックエンド、インフラ、などがあります。具体的な仕事内容や配属先は、「ビジョンを実現するために解くべきイシュー、本人の強み、関心事」の3つが重なる部分で決まるので、ぜひ意思や希望をお聞かせいただいた上で相談させてください。

[16] 新卒採用:ビジネス

職種としては、マーケティング、セールス、カスタマーサクセスなどがあります。具体的な役割はご本人の意欲や強み、成果に応じて柔軟に調整します。事業リーダー、マーケター、セールス、カスタマーサクセス、デザイナー、エンジニア、データサイエンティストなどのチームと共創していただくことになります。

[17] 新卒採用:UIデザイナー

デザイナーは、プロダクト開発においてハブになる存在です。エンジニアやカスタマーサクセスと共創して、企画からプロトタイピング・コーディングまで担い、サービス全体をデザインしていきます。

スマートフォンアプリやWebサービスだけでなくチームワークやエンゲージメントを向上するようなカードゲーム・ボードゲームを制作したり、多くの方に参加いただくカンファレンス・展示会などを企画しグッズや雑誌の制作などをしたり、広くサービスを知っていただく為のCMの企画や撮影に関わったりしています。

少しでも興味を持っていただけました方、ご応募でも、カジュアル面談のような形でもご連絡お待ちしております!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!