見出し画像

コピーライトに挑戦

憧れる職業の一つ。コピーライター。

たった一言で、コトを引き立たせ、想像させ、魅了させます。

コピーライトは、得意なタイプだと思ってましたがそうでもなさそうで、勉強してみようと思っています。

では早速今日見つけたやつ!


画像1

ワードワークスさんのコンペで、キッコーマンの新しいトマトジュースのコピーを考えるというお題でした。

(リンク:http://wordworks.officeants.com/client/c_prize.html)

こういう時ってコピーをどういう順序で考えたらよいのか、まださっぱり分かりません。

恥を覚悟で、僕が考えたのは以下の通りです。

・甘いトマトジュースいかがですか?
・私の半分はフルーツなトマトジュースです。
・新しいトマトジュースは半分がフルーツです。

とにかく今回この商品で押したいポイントは「飲みやすさ」かなと思いました。従来のトマトジュースは、ちょっと苦い?野菜感が強くて苦手な人もいたかもしれません。今回は恐らくそれが「フルーツ」によって解消されたのでしょう。

なので、「フルーツ」を交えてコピーを考えたら方向性的にはあってる気がしました。なのでとにかく「フルーツ」を混ぜ込みました。笑

にしても表現が単調ですね、、。


賞に選ばれたものと比較してみました。

画像2

(リンク:http://wordworks.officeants.com/client/c_prize.html)

やっぱり賞に選ばれたものは、伝わってくるのが違います。笑

今回は時間もないので、金賞に選ばれたのが『なぜ良く伝わるのか』自分なりに考えてみました。

①恐らく「苦い」トマトジュースが苦手な人向けに、フルーツで「甘く」して対策した新商品がこのトマトジュースです。その「甘い」を→「優しさ」と表現を変えたことによって「飲みやすくなった」ことがすぐに伝わりやすくなっています。

②「トマトジュースを『変えた』のは...」と、従来のトマトジュースと違って、「変わった」ということが明記されているので、新しくなったトマトジュースはどんなんなんだろう?と気になりますね!

③「優しさ」という単語を使うことによって、感情に働きかけてきて、心が動く。コピーを考える時に、事実を書くだけではなく、心に響くことを意識して書けたら良いのではないかと思いました。


これを踏まえて僕のをもう一度みると、

・甘いトマトジュースいかがですか?
・私の半分はフルーツなトマトジュースです。
・新しいトマトジュースは半分がフルーツです。

事実だけが書かれていて「どのように変わったのか」も分からないし、「感情」に訴えかけてくるものもありませんでした。伝わってくるのはただ、「甘いトマトジュース」もしくは「フルーツが半分入ったトマトジュース」なんだな、ということ。


これを踏まえて考え直したらこんな感じのが出来ました。

新しいトマトジュースが飲みやすいのはフルーツのおかげです。

あ!飲みやすい。その甘さの秘訣はフルーツなのです。


最初に書いたのよりはマシになった気がします笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「スキ」が、プライスレス。あなたの記事も読みたいです!

感謝感激です!!
18
立教大経済学部卒→京都造形芸術大学 空間演出デザインコースに通学しつつインテリアデザイン事務所勤務|オフィスデザインが多め。

こちらでもピックアップされています

意味の図画と言葉の工作、このふたつで僕は文章をつくる
意味の図画と言葉の工作、このふたつで僕は文章をつくる
  • 768本

図画とはクリエイティブであり、工作とはエンジニアリングである。実用に資する公的に正しい文章は、伝達と行動を企図した徹底的な他者志向から生まれる。 文化人や知識人は世の言葉の乱れを嘆き「美しい日本語」を取り戻せというが、それは個人的主観にすぎない。ビジネスや社会活動に必要なのは「己の企図を正しい言葉遣いで淡々と一意的に表現する文章技術」だ。 誤字脱字や誤記誤用を排したまともな公文書や技術文書を書ける者と、その主旨を曲解することなく読み取って行動に移せる者だけが、人々の心を動かす本来の「美しい言葉」について語る資格がある。

コメント (1)
コピーの勉強、がんばってください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。