新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「少数ならではの密なコミュケーションが魅力。裁量権を持てるから頑張れる」 首都圏採用推進部 次長 星谷真吾 - インタビュー #003

星谷真吾さんが思う大企業にはない、ノーツならではのワンアンドオンリーな魅力とは何か。星谷さんの発言の中で印象に残ったのが、お客様に真摯に向き合い、プラスになるアイディアを提案していく同社の経営手法だ。将来の展望を交え、大いに語っていただいた。

大企業にはないメリットとは

――星谷さんはどういった経緯でノーツに入社されたのでしょうか?

前職は大手人材総合サービス企業で求人広告の営業や企画を担当していました。創業者の徳永は、このときの上司だったのです。そうした縁があって、2017年に入社しました。

――職務内容で前職と大きく変わった点はありますか?

前職は規模が大きかっただけに意思決定に時間を要し、動き出すまでに時間がかかると感じることがありました。現在は少数精鋭なので、物事の決定と実行にスピード感があるのが魅力ですね。また、様々な媒体をご提案出来るので、お客さんに複数のソリューションを提供できます。そして、徳永の性格が影響しているのかもしれませんが、当社の雰囲気はとてもフランク。社長に直接相談ができるし、上司と部下といった上下関係の壁もありません。大企業にはない親密なコミュニケーションこそが、最大の魅力ではないでしょうか。

画像1

――星谷さんの仕事内容やスケジュールを教えてください。

採用推進部では、主にサービス業に携わるお客様を担当させていただいております。私の1日のスケジュールですが、昼前後に出社し、社内で戦略立案や諸々の進捗状況の確認をします。また、先々の展望をデータベースを駆使して予測し、今後の社内の制度設計する業務などにも関わっています。それぞれの媒体の版元と打ち合わせをすることもありますね。退社はだいたい20時~21時くらいですね。

――仕事の内容が多岐に渡っていますね。そんななか、大変だなと思うことはありますか?

当社の仕事は、かなり景気に左右されます。特に、現在流行しているコロナウイルスのように、飲食店の営業時間が短くなるだけで売り上げに影響してきますね。また、1人で200社を担当している部下がいるように、多くのお客様とコミュニケーションをとるのは大変でもあり、やりがいでもあると思っています。

お客様のことを常に想う

――今の仕事で面白いと感じるところを教えてください。

景気の動向がどうあれ、サービス業は人材の確保が重要です。そこで、当社は先方の提案をそのまま採用するだけでなく、こちらから経営に踏み込んだ具体的な提案をすることも少なくありません。例えば、飲食店から「女性のキャストを採用したい」と相談があったとします。しかし、営業マンは現場に行ってお店を視察すると、裏方のホールスタッフも足りないと気づきました。そこで、「ホールスタッフを採用すれば効率が上がりますよ」と、提案するのです。お店側が気づいていない潜在的なニーズに気づいてアドバイスできるのは、この仕事の醍醐味ですね。

――こうした提案型の営業は、御社の最大の特徴ですね。

そうですね。求人の応募効果が悪かった場合は、すぐに「次はこういう原稿にしてみませんか?」と提案します。他社が制作した求人情報と比較しながら、原稿、写真、コピーまで、よりよい提案ができる体制があるのも当社の強みです。こうしたスキルを磨くためには、様々な現場を見て歩いた経験が欠かせません。現在、わたしの担当する部署には営業担当が10名います。長い社員は創業当時から、若い社員は1年半くらいの若手ですが、全員が精鋭と言っても過言ではありませんよ。

画像2

――仕事でいつも気をつけていることはなんですか?

多角的に物事を判断することでしょうか。A社の売上が伸びているとしましょう。その背景には何があるのか。時期の問題なのか、サービスの中身なのかなど、しっかりと検証しています。後は、営業担当の基本ですが、時間を守ることが大事です。お客様との約束に遅れないのは当たり前のことなのですが、徹底しようと思うとなかなかできないことです。そうした小さな努力を積み重ねていくことが大切だと思いますね。

――余暇の過ごし方を教えていただけますか?

私には現在6歳の子どもがいるのですが、一緒に公園に行くのが趣味でもあります。東京の主な公園はほとんど行ったかな。ほかには映画を見ることも多いですし、お酒を飲むのも好きなので金曜日は友人と飲みに行きます。当社は幸いにもオン・オフの切り替えがしやすいので、子育てにも良い環境が整っていると思います。出勤時間も昼頃なので、朝のうちに子どもを学校に送迎したり、洗濯物を干したりといった、妻の手伝いができる余裕があるのはありがたいですね。また、若手も有給休暇が計画的に取りやすい環境になっています。ゴールデンウィーク・夏季・年末年始はお休みも充実していますので、長期の旅行に出かけてリフレッシュすることもできるんですよ。

この業界にはまだ伸びしろがある

――どんなタイプ、性格の人ならノーツで活躍できそうだと考えていますか。性格や適性はありますか?

私は特殊な技能よりも性格重視ですね。人の喜びを、自分の喜びとして感じられる人がいいと思います。

――特別なスキルがなくても大丈夫でしょうか。

心配はいりません。まったくの未経験でも問題なく、むしろ、お客様のことを想う気持ちがあれば大丈夫です。リーダーの下に1名ないし2名のメンバーがついているのが、当社の特徴。経験値の高いリーダーが伴走してくれるので、困った時はお客様の元に一緒に話し合いに行ける体制ができあがっています。新人は2カ月で独り立ちしますが、丸投げをすることはありません。何をするのか、どこにいくのか、結果はどうだったのかといったポイントを、リーダーを交えながら毎日振り返るようにしています。社内のサポートが手厚く、営業のエキスパートを育成できるのは当社の強みですね。

画像3

――独り立ちまでの期間が短い点は、大きなメリットでもありますね。

他社は半年ほど研修させるようですが、新人はバイタリティがありますから、早めに独り立ちできるのは魅力的だと思います。一人で責任ある仕事を動かしたり、お客様を取材して原稿を作るのは楽しいですよ。

――最後に今後の展望を教えて下さい。

この業界にはまだまだ伸びしろがあると思います。当社は原稿作成やヒアリングなどに長けた人材が揃っているので、求人や採用のお手伝いをさせていただけるお客様は、全国にたくさんいると思います。これから会社に入ってくる新人さんとは、とにかく楽しく一緒に仕事をしていきたい。業界の未来を一緒に切り拓いていけるような、意欲のある方のご応募をお待ちしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
株式会社リクルーティング・ノーツ・コミュニケーションズの公式noteです。インタビューや社内の様子を更新していく予定です。 採用情報ページはこちら https://r-notes.com/recruit/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。