見出し画像

今月の #あさみのまなび ベストセレクション

コミュニティマガジン『店舗メディアの作り方』では、Slackでそれぞれの『まなびチャンネル』を作って、自分が学んだことを自由につぶやける場所を作っています。

Twitterで言うほどでもないけど個人的に面白かったことや思考のメモなどを淡々とポストしつつ、たまにメンバーが絡んでくれてさらに学びが深まったり、個人的にもはじめてよかったなと思っていることのひとつです。

私も自分のまなびちゃんねるを持って日々淡々と思ったことを投稿してるのですが、だいぶストックが溜まってきたので自分の思考の整理のためにも、ときどき一部抜粋してまとめていこうかなと。

ちなみに、実際はこの5倍くらいの量をつぶやいています。笑

※あくまでコミュニティマガジン内のコンテンツなので『余談的小売文化論』には格納しません。あしからず!

この続きをみるには

この続き: 2,472文字
記事を購入する

今月の #あさみのまなび ベストセレクション

最所あさみ

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
26
Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

こちらでもピックアップされています

消費文化総研
消費文化総研
  • ¥2,500 / 月
  • 初月無料

「消費によって文化を創造し受け継いでゆくこと」を考えるコミュニティマガジンです。 有料マガジンの内容に加え、購読者限定Slackで議論を深めることができます。 ※購読していただいたあと、個別にフォームをお送りしますのでご確認ください。 アカウントが「ゲスト」になっている場合、フォームをお送りできないため必ずnoteのアカウント本登録をお願いします。 【コミュニティマガジンでできること】 ①Slack限定コンテンツの閲覧 →Twitterやnoteに書いていない日々のまなびや時事問題への考察をはじめ、インプットとアウトプットの間にある「考える」を促進するためのチャンネルを作っています。 ②イベントの参加 毎月1回の定例に加えて、店舗見学ツアーを定期開催しています。