見出し画像

【vol.1】韓国でスタンダードになりつつある "売らない店舗"たち

韓国視察レポート第一弾は、今回一番感銘を受けた韓国の実店舗事情をご紹介。

実店舗は世界的に見てもAmazonとアリババが殴り合いを繰り広げ、『ニューリテール』を合言葉に2社の取り組みに続けとばかりに各社しのぎを削っている分野でもあります。

アリババのスーパー・フーマーの例を見ていても、やはり中国がもっとも進んでいると思っていたのですが、韓国は別の意味で世界最先端をいっている!と今回の視察を通して確信しました。

アメリカと中国という大国の影でひっそりと独自の進化を遂げる韓国のリアル店舗戦略は私たちが取り入れられそうな要素に溢れていて、米中よりも韓国の事例を研究した方がいいのでは?と思ったほど。

ということで、1記事目は韓国のリアル店舗事情についてまとめました!

今回は2日間で15店舗以上(!)回ったのですが、その中でも特に面白かった店舗3つをピックアップしてご紹介します。

まず、一番面白かったのは年間売上100億円に迫る勢いで韓国アパレルの象徴ともいえる

この続きをみるには

この続き:4,045文字/画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
こちらの記事は単体で800円でも購入できますが、3本以上読むならマガジン購入がお得です!今のところ全7本の予定ですが、もしかしたらもっと増えるかも…? なお、このマガジンの売上は次の視察旅行に使いたいと思います。

最所が2018年9月1〜2日の2日間にめぐった韓国のショップや現地で聞いたお話をもとに、私の視点で切り取った韓国の「今」を、私たちが学...

または、記事単体で購入する

【vol.1】韓国でスタンダードになりつつある "売らない店舗"たち

最所あさみ

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

大吉!今日はとっても素敵な1日になるはず!
40
Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。