見出し画像

1119「サムギョプサル」

移動のために韓国、ソウルにいる。世界一周チケットのトランジットだ。午後に打ち合わせをあまり入れていなかったので、ようやく少し休めるかと思いきや、やはり後手に回っている作業が溜まってしまっていて、やるしかなくなってしまう。この数週間、まともに休めていないので、いい加減生産効率も落ちてくるし、慢性的に嫌な感じに包まれている。

ソウルから仁川空港に向かう地下鉄の中で今日の日記を書いていて、気づいたらものすごくストレスフルで後ろ向きでネガティブな文章になっていることに気づいて、さすがにアレだなと思ったので、珍しく書き直す。

何にも考えずに韓国に来ているが、そういえば数日前に日本の吊り広告とかYahoo!ニュースとかで「日韓関係、修復不可能」みたいなニュースの見出しを結構目にしていた。日本のニュースを見ていると、もうそんなんばっかりだ。で、Yahoo! ニュースなんかを見ていると、日韓関係が悪化しているというか、そっちにバイアスをかけようとしている記事には大量のコメントがついていて「もう戦争しかない」とか「二度と来ないでください」みたいな嫌韓な人たちの大きな声で満ちている。

恐らく日本にいると本当にそういうことを考えてしまったりすることもあるのかもしれないが、実際問題ニューヨークという人種の坩堝でコリアンの友人と接していても、そんなような話になったことは一度も無いし、こうやって韓国の首都に来て、現地の人と並んでサムギョプサル食ってても、店員さんはとても日本人に親切だし、忙しすぎるので仕方なく韓国サウナ(チムジルバン)に仕事を持ち込んで作業をしていても、韓国人だとか日本人だとかそういうことは考えずに普通に仲良く隣でゴロゴロしているわけだし、「日韓関係、修復不可能」という実感が1ミリもなかったりする。

私は周囲のコリアンの方々と接していても、いろんな問題が報道されている中であっても、日韓関係が悪いと感じたことというのは一度もないし、そもそも韓国という国は、エンターテインメント領域においても、技術開発領域においても、独自の文化においても、本当に素晴らしい国だと思う。

それなのに、報道のせいで、たとえばうちの親なんかは恐らく、今の韓国に旅行に行こうとか言っても心配するだろうし、実際韓国行きの航空券は乗る人いなくて激安になっていたと聞く。しかし実際に来てみると、危険を感じることも、日本人だからといってゴニョゴニョ言われることも1ミリも無い。親切体験で言ったら日本人に親切な国として有名な台湾にいるときとそんなに変わらなかったりする。そこに修復が必要な何かがあるように思えない。

これは本当にどうにかならんかなと思う。民間レベルで言ったらたぶん、日本人と韓国人って、結構仲良くなりがちな人たちだと思うのに、なんでこう、困った二重構造になってしまうのか。

何はともあれ、せっかく韓国にいるのでいろんなところに行きたかったのだが、それはまあ、この状況だと来世まで無理だな、と思いつつ、次の目的地に向かう。聖地までもうすぐだ。

19
BASSDRUM / Tech Director - http://bassdrum.org - http://qanta.jp 日記と過去記事が掲載されるはずです。