ウェブライターに向いている人、やるべき8種のパターンと向いていない4種の状況
見出し画像

ウェブライターに向いている人、やるべき8種のパターンと向いていない4種の状況

・ウェブライターをやってみたいけれど、フリーで独立してやっていけるだろうか?
・ウェブライターをやっているけれど、このまま続けて良いか悩んでいる
・そもそも自分はウェブライターに向いているのだろうか?

最近では、ウェブライターも職業としてずいぶん認知されてきた感があります。

これからウェブライターになろうかな
ウェブライターになってみたもののどうなんだろう?

そう思っている方もおられるでしょう。

今回は、今までの私がいろいろなライターさんたちを見てきた結果や自分自身の経験から、ウェブライターに向いている人ややるべき状況、反対に向いていない人をご紹介していきたいと思います。

1.ウェブライターに向いている8種類の人、状況



いきなりずばり言いますが、以下のような8パターンの方はウェブライターに向いています。

・〇〇でしか仕事ができない人
・〇〇があるが、〇〇が低い人
・〇〇で働いている人
・〇〇に住んでいる人
・〇〇中の方
・〇〇できる方
・〇〇の高い方
・〇〇が不要な人

内容を見たい方は読み進めてみて下さい。

この続きをみるには

この続き: 2,302文字

ウェブライターに向いている人、やるべき8種のパターンと向いていない4種の状況

ぴりか

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぴりか

17歳で摂食障害に 必死で勉強して弁護士になりましたが 病気が悪化して瀕死になって退職 今は引きこもりの在宅ライターで命をつなぐ日々 それでも上を向いて生きたい 生きるため、闘病生活のサポートお願いいたします

ありがとうございます!嬉しいです!(^▽^)/
17歳で重度摂食障害になり、必死で勉強して弁護士に でも病気が悪化して退職しました 今は闘病しながら各種サイトや士業事務所で執筆監修がんばってます You Tubeチャンネルも運営 お問い合わせ puku3154127@gmail.com