PT Syama

海外の論文要約を軸に、生活や投資など幅広いテーマの記事を気が向き次第執筆しています。読…

PT Syama

海外の論文要約を軸に、生活や投資など幅広いテーマの記事を気が向き次第執筆しています。読者の知的好奇心を刺激し、実用的な情報をわかりやすく提供します。知識の探求と発信を通じて、皆さまの豊かな人生に貢献したいと願っています。

マガジン

  • PubMed文献紹介

    このマガジンはPubMedからの気になった文献を紹介しています。

記事一覧

固定された記事

自己紹介

こんにちは!私は日本在住の理学療法士であり、投資家でもあるSyamaと申します。このnoteでは、海外の論文要約を軸に、健康や投資など幅広いテーマの記事を執筆しています…

PT Syama
1か月前
43

臨床現場の最前線:CRT・ICD患者のための心臓リハビリテーション

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 心臓リハビリテーション:CRT・ICD患…

PT Syama
1か月前
13

臨床現場の最前線:ADHD治療の新たな突破口を探るメンデルランダム化解析

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 ADHDの新規治療標的候補を同定するメ…

PT Syama
1か月前
9

臨床現場の最前線:心腎連関疾患に対するサクビトリル/バルサルタンの新たな治療選択肢

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 サクビトリル/バルサルタンの心不全…

PT Syama
1か月前
6

臨床現場の最前線:大気汚染から心肺を守る食事サプリメントの可能性

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 大気汚染から心肺を守る食事サプリメ…

PT Syama
1か月前
5

臨床現場の最前線:気候変動と心血管健康のリスクと対策

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 気候変動と心血管健康:日本人医療者…

PT Syama
1か月前

臨床現場の最前線:アルツハイマー病治療の最新動向と今後の展望

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 アルツハイマー病の最新治療 - 日本…

PT Syama
1か月前
7

臨床現場の最前線:COPDの新しい治療戦略とバイオマーカー

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 免疫細胞、血漿代謝物、およびCOPDの…

PT Syama
1か月前
1

臨床現場の最前線:ボツリヌス毒素Aによるレイノー症候群治療の新展開

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 ボツリヌス毒素Aがレイノー症候群に…

PT Syama
1か月前

臨床現場の最前線:ビタミンDと脳卒中リスク管理

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 低ビタミンDと脳卒中リスクおよび予…

PT Syama
1か月前
1

臨床現場の最前線:力発揮速度の変化と筋線維速度の関係

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 小さな力発揮速度の変化が筋肉の線維…

PT Syama
1か月前
3

臨床現場の最前線:セボフルランとプロポフォールの比較研究

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 セボフルランとプロポフォールの比較…

PT Syama
1か月前
1

大切な愛車を守るために:長文です

伝統的な窃盗技術1.1 物理的な侵入 1.1.1 ピッキング ピッキングとは、鍵を使わずに錠を解錠する技術です。一般的には、専用のピッキングツールを使用して、鍵穴の内部…

PT Syama
1か月前
10

短期(半年)で購入を検討できる日本株式・ETF

推奨銘柄リスト個別株式 極洋 (1301) ニッスイ (1332) マルハニチロ (1333) ホクト (1379) インペックス (1605) 成長株式 リクルートホールディングス (6098) キ…

1,500
PT Syama
1か月前
2

日常生活でふと気になった疑問を投げかけていただければ幸いです!!

可能な限りエビデンスを元にわかりやすく解説します!

記事の内容でおかしな点があれば教えてください!その都度訂正と修正を加えさせて頂きます!!!

PT Syama
1か月前
4

「対話の極意」- AIとの効果的なコミュニケーション術

AIシステムとコミュニケーションを取る際、効果的な質問をすることが重要です。適切な質問をすれば、AIからより有益な回答が得られます。では、どのような質問方法があり、…

1,000
PT Syama
1か月前
6
固定された記事

自己紹介

こんにちは!私は日本在住の理学療法士であり、投資家でもあるSyamaと申します。このnoteでは、海外の論文要約を軸に、健康や投資など幅広いテーマの記事を執筆しています。 私のバックグラウンド 私は理学療法士として働く傍ら、日々の生活の中で感じたことや経験したことを大切にしながら、皆さんに役立つ情報を発信していきたいと思っています。理学療法士や投資家としての経験を通じて得た知識をもとに、健康と投資のバランスを追求し、豊かな人生を送るためのヒントを提供できればと考えています

臨床現場の最前線:CRT・ICD患者のための心臓リハビリテーション

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 心臓リハビリテーション:CRT・ICD患者におけるQOL改善と予後向上の可能性はじめに心臓再同期療法(CRT)や植込み型除細動器(ICD)は、重症心不全患者の治療に用いられる先進的なデバイスです。これらのデバイスを持つ患者は、心理的ストレスや運動制限、生活の質(QOL)の低下などの問題に直面することが多いです。本記事では、心臓リハビリテーション(C

臨床現場の最前線:ADHD治療の新たな突破口を探るメンデルランダム化解析

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 ADHDの新規治療標的候補を同定するメンデルランダム化解析はじめに注意欠如・多動性障害(ADHD)は、不注意、多動性、衝動性を主症状とする神経発達障害であり、多くの子供や大人に影響を与えています。既存の治療法では効果が限定的であるため、新たな治療法の開発が求められています。今回、脳、脳脊髄液、血漿のプロテオームを対象としたメンデルランダム化(MR)

臨床現場の最前線:心腎連関疾患に対するサクビトリル/バルサルタンの新たな治療選択肢

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 サクビトリル/バルサルタンの心不全を伴う腎機能異常患者に対する役割心腎連関疾患に対する新たな治療選択肢はじめに慢性腎臓病(CKD)と心不全は密接に関連し、互いに悪影響を及ぼし合う病態として知られています。この心腎連関(しんじんれんかん)の病態に対して、近年注目されているのがサクビトリル/バルサルタンです。本稿では、CKD合併心不全患者におけるサクビ

臨床現場の最前線:大気汚染から心肺を守る食事サプリメントの可能性

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 大気汚染から心肺を守る食事サプリメント:最新の臨床試験からはじめに大気汚染は、世界中で深刻な健康問題となっており、特に心臓や肺への影響が懸念されています。大気汚染への曝露を減らすことが最優先ですが、避けられない曝露による健康影響を最小限に抑えるための対策も重要です。そこで注目されているのが、食事サプリメントです。今回は、最新の臨床試験のシステマティ

臨床現場の最前線:気候変動と心血管健康のリスクと対策

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 気候変動と心血管健康:日本人医療者への有用なガイドはじめに気候変動は、地球全体に深刻な影響を及ぼしつつあります。その中で、医療の現場でも無視できない課題が浮かび上がっています。特に心血管系の健康に対する影響は深刻であり、医療従事者としてその知識を深め、対策を考えることが求められています。今回は、最新のシステマティックレビューを基に、気候変動が心血管

臨床現場の最前線:アルツハイマー病治療の最新動向と今後の展望

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 アルツハイマー病の最新治療 - 日本の医療者への提言と一般理解はじめにアルツハイマー病(AD)は、高齢化が進む日本においても深刻な問題となっています。本記事では、最新の研究結果に基づき、専門医や医療者向けに有用な情報を提供します。また、一般の方々にも理解しやすいように、一部の専門用語には読み仮名や例えを加えて説明します。 研究の概要本記事は、20

臨床現場の最前線:COPDの新しい治療戦略とバイオマーカー

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 免疫細胞、血漿代謝物、およびCOPDの因果関係の解明:専門医向け解説はじめに慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease, COPD)は、主に喫煙や大気汚染によって引き起こされる進行性の呼吸器疾患であり、世界中で主要な死因の一つです。COPDの発症には、免疫系や代謝異常が関与していることが示唆されてい

臨床現場の最前線:ボツリヌス毒素Aによるレイノー症候群治療の新展開

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 ボツリヌス毒素Aがレイノー症候群に与えるメカニズム:日本人医療者への有用な情報はじめにレイノー現象(Raynaud's phenomenon, RP)は、寒冷やストレスによって引き起こされる末梢血管の過剰な収縮による症状です。特に手や足の指先が白や青紫色に変わり、痛みや痺れを伴うことがあります。従来の治療法には限界があり、新しい治療法としてボツリヌ

臨床現場の最前線:ビタミンDと脳卒中リスク管理

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 低ビタミンDと脳卒中リスクおよび予後の関係:最新の研究レビューはじめにビタミンDは骨の健康を保つために重要ですが、心血管疾患や脳卒中(ストローク)との関係も注目されています。最近のシステマティックレビューとメタ分析は、低ビタミンDレベルが脳卒中のリスクと予後にどのように影響するかを探っています。本記事では、この研究の結果を日本人医療者向けに解説し、

臨床現場の最前線:力発揮速度の変化と筋線維速度の関係

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 小さな力発揮速度の変化が筋肉の線維速度と運動単位放電行動に与える影響はじめに筋力発揮速度(Rate of Force Development, RFD)は、筋力トレーニングやリハビリテーションの効果を評価する上で重要な指標です。特に、筋力発揮速度が筋肉の機能やパフォーマンスにどのように影響を与えるかを理解することは、臨床やスポーツ科学において重要で

臨床現場の最前線:セボフルランとプロポフォールの比較研究

これは医療従事者向けです。 ※意訳に誤謬がありましたら指摘していただければ幸いです。 ※一部私個人の見解や意見が入っています。 セボフルランとプロポフォールの比較:脳血管反応性と手術中の認知機能への影響はじめに手術中の麻酔薬選択は、患者の安全と術後回復に大きな影響を与えます。特に脳血管反応性(CVR-CO₂)は、脳の健康を保つ上で重要な指標です。CVR-CO₂は脳血管の予備能力を反映し、脳血管疾患やアルツハイマー病などの脳疾患において重要です。また、CVR-CO₂は認知機能

大切な愛車を守るために:長文です

伝統的な窃盗技術1.1 物理的な侵入 1.1.1 ピッキング ピッキングとは、鍵を使わずに錠を解錠する技術です。一般的には、専用のピッキングツールを使用して、鍵穴の内部を操作し、錠の内部のピンを正しい位置に動かします。この技術は、特に古い車や簡単なロックシステムを備えた車に対して効果的です。 対策: 高性能なロックシステムの使用 防犯性の高い鍵の導入(ディスクデッドボルトやスマートキーなど) ピッキング防止機能を備えたドアロックの採用 1.1.2 窓ガラスの破

短期(半年)で購入を検討できる日本株式・ETF

推奨銘柄リスト個別株式 極洋 (1301) ニッスイ (1332) マルハニチロ (1333) ホクト (1379) インペックス (1605) 成長株式 リクルートホールディングス (6098) キーエンス (6861) ソフトバンクグループ (9984) ファーストリテイリング (9983) メルカリ (4385) ETF iシェアーズ・コア MSCI日本IMI ETF (JPXN) TOPIX ETF (1308) NEXT FUNDS

¥1,500

日常生活でふと気になった疑問を投げかけていただければ幸いです!! 可能な限りエビデンスを元にわかりやすく解説します! 記事の内容でおかしな点があれば教えてください!その都度訂正と修正を加えさせて頂きます!!!

「対話の極意」- AIとの効果的なコミュニケーション術

AIシステムとコミュニケーションを取る際、効果的な質問をすることが重要です。適切な質問をすれば、AIからより有益な回答が得られます。では、どのような質問方法があり、それらをどのように組み合わせれば良いでしょうか。

¥1,000