ジャケット_傷寒論講義_2_1

傷寒例第三 18

其不両感於寒.更不伝経.不加異気者.至七日太陽病衰.頭痛少癒也.八日陽明病衰.身熱少歇也.九日少陽病衰.耳聾微聞也.
十日太陰病衰.腹減如故.則思飲食.十一日少陰病衰.渇止舌乾.已而嚔也.十二日厥陰病衰.嚢縱.少腹微下.大気皆去.病人精神爽慧也.
若過十三日以上不間.寸尺陷者.大危.
若更感異気.変為他病者.当依旧壞病証而治之.

〈ポイント〉

・伝経と病の衰え

この続きをみるには

この続き: 1,412文字

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。