ジャケット_傷寒論講義_2_1

傷寒例第三 12

是以春傷於風.夏必飡泄.
夏傷於暑.秋必病瘧.
秋傷於湿.冬必咳嗽.
冬傷於寒.春必病温.
此必然之道.可不審明之.

〈ポイント〉

・前の季節の不養生と病気

この続きをみるには

この続き: 707文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
『週刊にしずかラボ』連載中の『経絡治療からみた傷寒』の中から 『傷寒例第三』をまとめました。

Q.鍼灸師も『傷寒論』を読まなければ、とよくいわれます。 なぜ?どうして湯液の書物を読まなければいけないの? 『傷寒論』にも鍼灸の記述があ…

または、記事単体で購入する

傷寒例第三 12

NISHIZUKA LABO

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

嬉しいです!
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com

こちらでもピックアップされています

【経絡治療からみた傷寒論③】傷寒例第三
【経絡治療からみた傷寒論③】傷寒例第三
  • 34本
  • ¥500

Q.鍼灸師も『傷寒論』を読まなければ、とよくいわれます。 なぜ?どうして湯液の書物を読まなければいけないの? 『傷寒論』にも鍼灸の記述があるから? A.いえいえ、そんな理由ではありません。 『傷寒論』は急性熱病の治療書で、病の変遷が書かれています。 その理論の中核をなすのは、「三陽三陰」であり、病位です。 経絡経穴で治療する鍼灸師(特に経絡治療家)には、この考え方が不足しており、これを学ぶために『傷寒論』を学ぶ必要があるのです。 『傷寒論』を学び理解することで、病気が立体的にとらえられるようになります。 本連載では、経絡治療家がどの様に『傷寒論』を読めばいいかというテーマに挑戦したいと思います。【大上勝行】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。