ジャケット_傷寒論講義_

弁脈法第一 01

問曰.脈有陰陽.何謂也.答曰.凡脈大浮数.動滑.此名陽也.脈沈渋弱弦微.此名陰也.凡陰病見陽脈者生.陽病見陰脈者死.

〈ポイント〉

・身体の変化が脈に現れる
・脈は陰陽に二分される
・脈の陰陽と病症の陰陽の組み合わせによって予後が分かる

続きをみるには

残り 2,295字
この記事のみ ¥ 100

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。