Printio

全国の工場を繋ぎ、1点からのオンデマンドプリントで在庫の無いGOODな社会を実現する「Printio(プリンティオ)」。 noteでは、わたしたちの考えていることや目指したいことを綴り、“GOOD”を目指す軌跡を記録していきます。

Printio

全国の工場を繋ぎ、1点からのオンデマンドプリントで在庫の無いGOODな社会を実現する「Printio(プリンティオ)」。 noteでは、わたしたちの考えていることや目指したいことを綴り、“GOOD”を目指す軌跡を記録していきます。

    マガジン

    • ReUse by Printing

      印刷でリユースを活性化するプロジェクト《ReUse by Printing》は、2022年7月に始動しました。普段は印刷しない古材や古着、余剰在庫や規格外資材などにプリントを施すことで、新たな生産経路と流通経路の開拓を目指します。

    • アディティブ・マニュファクチャリングについて

      9月29日にFabCafeNagoyaさんで行った「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」のイベントレポート。 前編ではアディティブ・マニュファクチャリングについて簡単に知ることが出来、後編ではその先の未来について弊社代表の堀江とエレファンテックの杉本さんのセッション・クロストークをたのしめます。

    • Printioとは

      Printoの考えていること、思っていること、自己紹介だと思って是非お読みください。

      • ReUse by Printing

      • アディティブ・マニュファクチャリングについて

      • Printioとは

    最近の記事

    固定された記事

    はじめまして、Printioです

    はじめまして、株式会社OpenFactoryが始めたサービスサイト「Printio(プリンティオ)」です。2020年9月21日にサービスサイトをリリース致しました。 Printioが大事にしているのは、本質的に持続可能なものづくりとビジネスによる“GOOD”。 「大量生産・大量消費」で進んできてしまっていたものづくりの世界。 Printioは、「大量生産・大量消費ではない世界」のために、インターネットとデジタルプリントでユーザーのみなさまと工場のみなさまの各ビジネスをそれ

    スキ
    10
      • コンタミボディが引き起こしている“隠れ繊維ロス”とは | ReUse by Printing 1-2

        こんにちは。〈Printio〉で広報を担当しているちばひなこです。 このnoteでは、〈Printio〉の行うサステナブルプロジェクト《ReUse by Printing(リユースバイプリンティング)》の第一弾として手掛ける「コンタミTシャツ(綿花の殻など、布繊維以外のものが混入している生地で出来たTシャツ)」へのデジタルプリントの背景としての“隠れ繊維ロス”について説明します。 ReUse by Printingって?《ReUse by Printing》をひとことで表す

        スキ
        3
        • プリントがGOODな社会のためにできること | ReUse by Printing 1-1

          こんにちは。〈Printio〉で広報を担当しているちばひなこです。 このnoteでは、〈Printio〉の行うサステナブルプロジェクト《ReUse by Printing(リユースバイプリンティング)》と私たちの考えるプリントの持つ力を説明します。 ReUse by Printingって?《ReUse by Printing》をひとことで表すなら、「印刷でリユースを活性化しよう」というプロジェクトです。 2022年7月に始動し、普段は印刷しない古材や古着、余剰在庫や規格外資

          • Printioの目指す“サービスとしての”印刷

             こんにちは。Printioです。  この記事では、Printioの目指す「サービスとしての印刷」が何を意味し、なぜサービスにしたいのかを綴ります。 印刷のハードルはもっと低くてよい 代表の堀江には娘さんがいます。以前、娘さんがすきなキャラクターの柄のTシャツに自分の名前を入れて注文したことがあるそう。  そして、娘さんは今もそのTシャツをお気に入りとして、大切に、そして、たのしく着ているとのことです。  この時、堅苦しい言い方をすれば、堀江の娘さんは印刷受注会社に対し

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ReUse by Printing
            Printio
          • アディティブ・マニュファクチャリングについて
            Printio
          • Printioとは
            Printio

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Printioのバックボーン

            こんにちは。Printio(プリンティオ)です。 Printioについては、下記の記事で自己紹介させていただきましたが、 この記事では代表の堀江がなんでPrintioを始めたのかを記します。 製造業・印刷業のビジネス自体のアップデートを行いたい代表の堀江の家業は、愛知県一宮市で「のぼり旗」などの布印刷を中心に扱う、堀江織物という工場。 「品質重視とものづくりを楽しむ文化を」をかかげ、昔ながらのおおきなシルクスクリーン印刷や昇華転写に加え、現在では、デジタルプリントも行っ

            スキ
            4

            “いま”だから出来る、デジタルの力を使ったものづくりビジネスの最前線 - 後編

            こんにちは。Printio(プリンティオ)です。 このnoteでは、9月29日にFabCafe Nagoyaさんで開催されたトークショー「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」のイベントレポートを綴ります。 イベントのテーマは「アディティブ・マニュファクチャリング」。オンデマンドプリントにも通ずる「製版無し」のものづくりのお話です。 後編では、実際にゲスト同士のセッションの内容やクロストーク

            スキ
            8

            “いま”だから出来る、デジタルの力を使ったものづくりビジネスの最前線 - 前編

            こんにちは。Printio(プリンティオ)です。 このnoteでは、9月29日にFabCafe Nagoyaさんで開催されたトークショー「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」のイベントレポートを綴ります。 イベントのテーマは「アディティブ・マニュファクチャリング」。オンデマンドプリントにも通ずる「製版無し」のものづくりのお話です。 前編ではアディティブ・マニュファクチャリングを知るために、

            スキ
            17

            Printioの目指すデジタル化とは

            ​こんにちは。「Printio(プリンティオ)」です。 今日はPrintioの目指すデジタル化についてとそれのどこが"GOOD"なのかを綴ります。 印刷工場の現状まずは、プリンターのいまの話から。 日本の工場ではデジタルプリンターはあまり広がっていません。紙プリントの3%、布プリントの7%だけがデジタル印刷で、残りは旧来の印刷で成り立っています。 そして、つぎは工場のいまの話。 工場の95%はWEBとつながっていません。 WEBとつながる、というのはBtoC向けに発注を

            スキ
            3