見出し画像

売上は、「売らなければ増えない」という原点。

【ザ・プロフェッショナル】® ニュースレター - 2020年5月号

特集

業績アップには小さなチャンスをつかみ取るべし!
売る回数を増やす 4つの方法

売上が伸びない会社は「売っていないだけ」かもしれない


これまで、多種多様な会社の「セールス」や「マーケティング」の体制を見てきました。その中で、売上に課題を抱える会社の多くは、そもそも「売るべきチャンス」に売っていないという課題を持つ場合が多いです。売上は、「売らなければ増えない」という原点に立ち返るとみえてくるものがあります。つまり、売上アップの近道は、「売る回数を増やすこと」にあります。今回は「売る回数の増やし方」について一緒に考えてみましょう。

この続きをみるには

この続き: 3,755文字

売上は、「売らなければ増えない」という原点。

Kazutaka Victor Kaito

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
妻と、長女と、長男と、次男。家族5人。 子どもらにはひとつの楽器と、ひとつのスポーツと、 ひとつの「日本語以外の言語」を習得させたいと思いつつ、 全てを網羅するのはなかなか難しいと思考をぐるぐるさせているこの頃。 「かっこいい背中」の大人を量産することを目指して、日々切磋琢磨中。

こちらでもピックアップされています

月商150万円に売上アップしたい経営者さんに向けて
月商150万円に売上アップしたい経営者さんに向けて
  • 3本

著者は、源頼朝の側近として鎌倉幕府の創設に貢献した大江広元の子孫。曾祖父は、電力王と言われた松永安左ヱ門(やすざえもん)氏を支え、共に中部電力を立ち上げた人物。先祖代々「第一線のリーダー」を支え、時に一緒に戦い、より良い社会の実現を目指してきた家系に生まれ、自身もそれを体現している。世界をもっと魅力的にする「かっこいい背中」の大人を増やすために、経営参謀として、これまでに750 の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた中で見えてきたノウハウ集。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。